1982年の南海ホークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1982年の南海ホークス
成績
パシフィック・リーグ6位
年間6位:53勝71敗6分 勝率.427
後期6位:26勝37敗2分 勝率.413
前期5位:27勝34敗4分 勝率.443
本拠地
都市 大阪府大阪市浪速区
球場
大阪球場
Osaka Stadium 1989.jpg
球団組織
オーナー 川勝傳
経営母体 南海電気鉄道
監督 ドン・ブレイザー
« 1981
1983 »

1982年の南海ホークス(1982ねんのなんかいホークス)では、1982年の南海ホークスにおける動向をまとめる。

このシーズンの南海ホークスは、ドン・ブレイザー監督の2年目のシーズンである。

概要[編集]

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 新井宏昌
2 藤原満
3 タイロン
4 門田博光
5 岡本圭右[注 1]
6 ダットサン
7 河埜敬幸
8 定岡智秋
9 香川伸行
投手 山内新一
1982年パシフィック・リーグ順位変動
前期
順位 4月終了時 5月終了時 前期最終
1位 西武 -- 西武 -- 西武 --
2位 近鉄 1.0 阪急 3.0 阪急 2.0
3位 日本ハム 3.5 近鉄 4.0 近鉄 3.0
4位 南海 4.5 日本ハム 5.5 日本ハム 3.0
5位 阪急 4.5 南海 6.0 南海 8.0
6位 ロッテ ロッテ 11.5 ロッテ 11.0
後期
順位 7月終了時 8月終了時 後期最終
1位 日本ハム -- 日本ハム -- 日本ハム --
2位 阪急 3.5 阪急 6.5 近鉄 4.5
3位 ロッテ 3.5 西武 7.5 西武 5.5
4位 南海 5.0 近鉄 8.0 ロッテ 7.0
5位 西武 5.5 ロッテ 9.5 阪急 7.5
6位 近鉄 6.5 南海 10.5 南海 11.5
前期成績
順位 球団 勝率
優勝 西武ライオンズ 36 27 2 .571 -
2位 阪急ブレーブス 33 28 4 .541 2.0
3位 近鉄バファローズ 30 27 8 .526 3.0
4位 日本ハムファイターズ 32 29 4 .525 3.0
5位 南海ホークス 27 34 4 .443 8.0
6位 ロッテオリオンズ 23 36 6 .390 11.0
後期成績
順位 球団 勝率
優勝 日本ハムファイターズ 35 23 7 .603 -
2位 近鉄バファローズ 33 30 2 .524 4.5
3位 西武ライオンズ 32 31 2 .508 5.5
4位 ロッテオリオンズ 31 33 1 .484 7.0
5位 阪急ブレーブス 29 32 4 .475 7.5
6位 南海ホークス 26 37 2 .413 11.5
1982年パシフィック・リーグ年間成績
順位 球団 勝率
優勝 西武ライオンズ 68 58 4 .540
2位 日本ハムファイターズ 67 52 11 .563
3位 近鉄バファローズ 63 57 10 .525
4位 阪急ブレーブス 62 60 8 .508
5位 ロッテオリオンズ 54 69 7 .439
6位 南海ホークス 53 71 6 .427

*優勝はプレーオフで決定。2位以下はプレーオフの結果に関係なく勝率順で決定


オールスターゲーム1982[編集]

  • 選出選手及びスタッフ
ファン投票 監督推薦
選出なし 藤田学
河埜敬幸
藤原満
門田博光

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
新井宏昌 外野手 3年ぶり2度目
ダイヤモンドグラブ賞
選出なし

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 畠山準 投手 徳島・池田高 入団
2位 大久保学 投手 静岡高 入団
3位 青井要 投手 尽誠学園高 入団
4位 山川周一 投手 崇徳高 入団
5位 藤本修二 投手 今治西高 入団
6位 森田芳彦 内野手 鹿児島鉄道管理局 拒否

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 偵察メンバーの山内和宏と交代。

出典[編集]