高英傑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
高 英傑
Ying-Chieh Kuo
基本情報
国籍 中華民国の旗 中華民国台湾
出身地 台湾省嘉義県嘉義市
生年月日 (1955-10-24) 1955年10月24日(62歳)
身長
体重
185 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手外野手
初出場 1980年
最終出場 1983年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴
国際大会
代表チーム チャイニーズタイペイの旗台湾
五輪 1984年1992年

高 英傑(こう えいけつ、カオ・インチェ、Ying-Chieh Kuo, 1955年10月24日 - )は、台湾嘉義県嘉義市出身の元プロ野球選手投手外野手)。左投げ左打ち。

来歴・人物[編集]

台湾の東亜高工(現・東呉工家)、台北体専、空軍を経て、李来発と共に1980年に練習生として合作金庫銀行から南海ホークスに入団。

李ともども、台湾球界では幼少時より活躍し、当時左腕投手が欠乏(1980年には高を含め4名しか在籍していなかった)していた南海では貴重な左の速球投手で、主にカーブシュートフォークボールチェンジアップを武器としていた。打者としても台湾球界では「王貞治二世」の異名をとった強打者であった。日本入り当初は豪速球を投げる左腕と噂されたものの、制球力を向上させるためにノーワインドアップにフォームを改造したところ、持ち味の荒々しさがなくなってしまった。当時は外国人枠が一軍登録2名以内と現在よりも厳しく、なかなか一軍昇格の機会は訪れなかったが、7月に王天上が退団・帰国すると、代わって支配下登録され、早速一軍入りを果たした。

同年は6試合に登板し(うち先発登板は3試合)、3勝1敗の成績を挙げた。なお、その年南海の左腕投手があげたのは合計5勝のみであった。

1981年には1試合に登板したが、シーズン途中で肩を故障し、打者に転向。早速一軍でも30試合に出場し、打率.180ながら日本での唯一の本塁打を記録。1982年は31試合に出場し、打率.243、3打点。1983年ジム・ライトル、李と3人で2枠の外国人枠を争う形となったが、この年9試合で打率.083に終わり、オフに李共々退団し、帰国した。なお、この年ウエスタンリーグの打点王となる。

帰国後は指導者として活躍。ナショナルチームのコーチを務め、郭李建夫を指導し、李が監督を務めたバルセロナオリンピックでの銀メダル獲得に貢献。その後もコーチとして活躍を続け、王建民を育てた。その後は台北市立体育学院の監督を務めた。

2014年5月29日、中華職業棒球大聯盟(CPBL)の中信兄弟エレファンツ最高顧問に就任。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1980 南海 6 3 1 0 0 3 1 0 -- .750 108 26.2 25 8 5 0 1 10 0 0 15 13 4.39 1.13
1981 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 5 1.0 0 0 2 0 0 3 1 0 0 0 0.00 2.00
通算:2年 7 3 1 0 0 3 1 0 -- .750 113 27.2 25 8 7 0 1 13 1 0 15 13 4.23 1.16

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1980 南海 7 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1981 30 64 61 3 11 1 1 1 17 5 1 0 0 0 3 0 0 16 0 .180 .219 .279 .497
1982 31 78 74 4 18 3 0 0 21 3 1 4 0 1 3 0 0 11 3 .243 .269 .284 .553
1983 9 12 12 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 2 1 .083 .083 .083 .167
通算:4年 77 154 147 7 30 4 1 1 39 8 2 4 0 1 6 0 0 29 4 .204 .234 .265 .499

背番号[編集]

  • 30 (1980年 - 1983年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]