大場隆広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大場 隆広
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大分県
生年月日 (1948-06-23) 1948年6月23日
没年月日 (2016-07-16) 2016年7月16日(68歳没)
身長
体重
180 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1966年 第1次ドラフト1位
初出場 1967年
最終出場 1974年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 南海ホークス (1977 - 1979, 1981 - 1985)

大場 隆広(おおば たかひろ、1948年6月23日 - 2016年7月16日[1])は、大分県[2]出身の元プロ野球選手。ポジションは投手。息子は元読売ジャイアンツ大場豊千

来歴・人物[編集]

別府鶴見丘高校では、1966年、エースとして夏の甲子園予選中九州大会準決勝に進出。しかし熊本一工田尻茂敏と投げ合い敗退、甲子園出場はならなかった。予選では1試合平均11の三振を奪う。荒削りだが速球に魅力があり、ドロップを武器とした。

1966年第1次ドラフト会議中日ドラゴンズから1位指名を受け入団[2]1967年にはジュニアオールスターに選出される。貴重な本格派左腕として期待されたが一軍では結果を出せず、1970年オフに自由契約となり、近鉄バファローズへ移籍する[2]1975年オフに再度自由契約となり、南海ホークスへ移籍する[2]1977年限りをもって現役を引退[2]。現役時代には1軍で勝利を挙げられなかった。故にドラフト1位でプロ入りした投手が11年間未勝利という記録が残り、笠原栄一ロッテオリオンズ)に抜かれるまでプロ野球記録であった。

その後、南海で投手コーチ、トレーニングコーチをなどを務めた後[1]、退団して大阪市西区川口でお好み焼き店を経営していた。

2016年7月16日急性骨髄性白血病により死去[1]。68歳没。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1967 中日 4 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 17 3.1 2 0 6 0 0 1 1 1 2 1 3.00 2.40
1969 2 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 8 0.2 4 0 2 0 0 0 0 0 1 1 13.50 9.00
1972 近鉄 8 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 37 7.2 12 0 5 0 1 3 1 0 7 6 6.75 2.22
1973 12 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 47 8.2 15 0 9 0 0 2 2 0 13 10 10.00 2.77
1974 11 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 68 15.1 13 1 10 0 0 7 1 1 6 6 3.60 1.50
通算:5年 37 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 177 35.2 46 1 32 0 1 13 5 2 29 24 6.00 2.19

背番号[編集]

  • 34 (1967年 - 1970年)
  • 69 (1971年)
  • 40 (1972年 - 1975年)
  • 59 (1976年 - 1977年)
  • 71 (1978年)
  • 87 (1979年)
  • 88 (1981年 - 1985年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c “大場隆広さん死去 中日、近鉄、南海でプレー”. 日刊スポーツ. (2016年7月17日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1680104.html 2016年7月17日閲覧。 
  2. ^ a b c d e プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、110ページ