伊藤久敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伊藤 久敏
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県
生年月日 (1944-06-19) 1944年6月19日(73歳)
身長
体重
175 cm
69 kg
選手情報
投球・打席 左投右打
ポジション 投手
プロ入り 1966年 第二次ドラフト2位
初出場 1967年
最終出場 1975年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

伊藤 久敏(いとう ひさとし、1944年6月19日 - )は、福岡県久留米市[1]出身の元プロ野球選手投手)。左投右打。

経歴[編集]

久留米商ではエース、四番打者として活躍。1962年春季九州大会準々決勝に進むが、鹿児島玉龍高に惜敗。同年夏の甲子園に出場。4試合中3試合を完封して勝ち上がり決勝まで進む。決勝ではの優勝校・作新学院加藤斌投手と投げ合うが0-1で惜敗、準優勝にとどまる[2]。作新学院は甲子園初の春夏連覇。この大会の県予選南部地区2回戦では、福岡第一高を相手にノーヒットノーランを記録した。同年の岡山国体でも決勝まで進出したが、西条に0-2で敗れ準優勝。高校同期に、平尾邦彦投手(巨人)がいる。

高校卒業後は、駒澤大学へ進学。東都大学リーグでは在学中2度の優勝を経験。リーグ通算45試合に登板し、14勝7敗、防御率1.76、94奪三振。大学同期に土屋紘投手、大下剛史遊撃手後藤和昭三塁手がいる。社会人野球日本通運に入社が内定していたが、1967年中日ドラゴンズへ入団[1]

左の速球派として期待され、1年目から中継ぎとして28試合登板。1969年には先発陣に加わるが、わずか3勝と結果を残せなかった。しかし5年目の1971年に一躍12勝を挙げ素質が開花。同年のオールスターゲームにも初出場したが、翌年以降は故障もあり成績が低下[1]1974年限りで自由契約となり、1975年太平洋クラブライオンズへ移籍するが、僅か8試合の登板に終りこの年限りで引退[1]。球種はスライダー、カーブ、シュート。現在は、久留米大学でコーチを務め、久留米シニアベースボールクラブに所属している。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1967 中日 28 1 0 0 0 0 0 -- -- ---- 146 35.1 31 4 12 0 0 18 0 0 17 14 3.60 1.22
1968 22 2 0 0 0 1 0 -- -- 1.000 147 33.2 39 7 12 2 0 21 1 0 18 18 4.76 1.51
1969 47 14 3 2 0 3 9 -- -- .250 590 147.2 121 9 28 0 3 103 2 0 49 37 2.25 1.01
1970 39 14 2 1 0 4 8 -- -- .333 536 131.0 124 17 32 4 3 67 1 1 59 56 3.85 1.19
1971 44 28 8 2 0 12 8 -- -- .600 842 209.1 188 14 44 7 3 115 0 0 64 56 2.41 1.11
1972 25 11 1 0 1 5 4 -- -- .556 303 70.0 84 13 13 3 0 36 1 0 39 36 4.63 1.39
1973 29 9 1 0 0 1 1 -- -- .500 320 76.0 71 6 23 3 2 34 2 0 31 29 3.43 1.24
1974 9 2 0 0 0 0 1 0 -- .000 85 17.2 27 1 7 1 0 10 0 0 16 15 7.50 1.92
1975 太平洋 8 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 57 11.1 16 2 7 0 0 3 0 0 13 9 7.36 2.03
通算:9年 251 81 15 5 1 26 31 0 -- .456 3026 732.0 701 73 178 20 11 407 7 1 306 270 3.32 1.20

記録[編集]

背番号[編集]

  • 16 (1967年 - 1974年)
  • 18 (1975年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、55ページ
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目[編集]