1966年の中日ドラゴンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1966年の中日ドラゴンズ
成績
セントラル・リーグ2位
76勝54敗2分 勝率.585[1]
本拠地
都市 愛知県名古屋市
球場
中日スタヂアム
球団組織
経営母体 中日新聞社
監督 西沢道夫
« 1965
1967 »

1966年の中日ドラゴンズでは、1966年シーズンの中日ドラゴンズの動向をまとめる。

この年の中日ドラゴンズは、西沢道夫監督の3年目(途中就任の1964年含む)のシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 中暁生
2 権藤博
3 高木守道
4 江藤慎一
5 スチブンス
6 ワード
7 伊藤竜彦
8 木俣達彦
9 山中巽
1966年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 中日 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 広島 0.5 中日 1.0 中日 1.0 中日 4.5 中日 6.5 中日 13.0
3位 サンケイ 1.0 広島 2.0 広島 7.0 広島 15.0 広島 21.0 阪神 25.0
4位 巨人 1.5 阪神 6.0 阪神 13.0 阪神 20.5 阪神 26.5 広島 32.0
5位 阪神 3.5 サンケイ 8.0 サンケイ 14.5 サンケイ 26.0 大洋 30.0 大洋 37.0
6位 大洋 5.5 大洋 10.0 大洋 18.5 大洋 27.0 サンケイ 33.0 サンケイ
1966年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 89 41 4 .685 -
2位 中日ドラゴンズ 76 54 2 .585 13.0
3位 阪神タイガース 64 66 5 .492 25.0
4位 広島カープ 57 73 6 .438 32.0
5位 大洋ホエールズ 52 78 0 .400 37.0
サンケイアトムズ 52 78 5 .400 37.0

[1]

オールスターゲーム1966[編集]

ファン投票 高木守道 江藤慎一
監督推薦 小川健太郎 山中巽 板東英二 中暁生

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
高木守道 二塁手 4年連続4度目
一枝修平 遊撃手 初受賞
江藤慎一 外野手 4年連続5度目
中暁生 2年連続3度目

ドラフト[編集]

順位 選手名 守備 所属 結果
第1次ドラフト
1位 大場隆広 投手 別府鶴見丘高 入団
2位 柴田昌邦 投手 西濃運輸 拒否
3位 内野哲朗 投手 福岡・明善高 拒否・早稲田大学進学
4位 榎本典久 外野手 荏原高 拒否
5位 辻正孝 外野手 修徳高 拒否
6位 大西譲治 投手 松山北高 拒否
7位 南山義広 投手 東レ愛知 拒否
8位 高井諭 投手 名古屋商科大学 在学中のため指名取消[3]
第2次ドラフト
1位 伊熊博一 外野手 中京商業高 入団
2位 伊藤久敏 投手 駒澤大学 入団
3位 井手峻 投手 東京大学 入団

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 年度別成績 1966年 セントラル・リーグ”. 2017年8月2日閲覧。
  2. ^ ベースボールマガジン2002夏季号, ベースボールマガジン社, (2002), p. 108 
  3. ^ B.B.MOOK156 スポーツ伝説シリーズ18「プロ野球ドラフト読本2000」51P、ドラフトミニ事件史、ベースボール・マガジン社、2001年、ISBN 978-4583611174