高岡英司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高岡 英司
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県
生年月日 (1939-03-10) 1939年3月10日(78歳)
身長
体重
172 cm
67 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1965年 ドラフト6位
初出場 1966年
最終出場 1967年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

高岡 英司(たかおか えいじ、1939年3月10日 - )は、福岡県出身の元プロ野球選手投手)。[1]

来歴・人物[編集]

東筑高校から社会人野球富士製鐵広畑へ入社。1964年秋の産別、1965年の都市対抗(松下電器の補強)でそれぞれ優秀選手に選ばれる。外角をたくみにつくシュート、それにときおり打者の気を抜くように投げるスローボール、スローカーブが武器。1965年プロ野球ドラフト会議中日ドラゴンズへ6位指名で入団。

速球投手として、2年目に1軍初勝利を記録するが、翌年は1軍での登板は無く同年退団した。1969年から1970年まで、読売ジャイアンツに所属したが、支配下選手として登録されることなく、打撃投手に転じた。しかし、打撃練習中の打者の折れたバットが目を直撃して失明してしまい、それが元で球団を退団した。

その後は、兵庫県で飲食店を経営している。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1966 中日 3 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 11 2.1 3 0 1 0 0 3 0 0 2 2 9.00 1.71
1967 7 1 0 0 0 1 1 -- -- .500 71 16.1 21 2 0 0 0 8 0 0 12 10 5.63 1.29
通算:2年 10 1 0 0 0 1 1 -- -- .500 82 18.2 24 2 1 0 0 11 0 0 14 12 5.68 1.34

打撃成績[編集]

  • 11試合4打席4打数4安打2打点(2塁打1、塁打数5)、打率1.000、長打率1.250[2]、(1968年に一塁手で1試合出場、打席機会なし以外は全て1967年の打撃成績)

タイトル[編集]

  • ウエスタンリーグ最優秀防御率 (1967年)

背番号[編集]

  • 11 (1966年 - 1967年)
  • 28 (1968年)

出典[編集]

  1. ^ B・B・MOOK350スポーツシリーズNo.234「中日ドラゴンズ70年」139P、ベースボール・マガジン社、2005年、ISBN 978-4583613246
  2. ^ B・B・MOOK350スポーツシリーズNo.234「中日ドラゴンズ70年」144P、ベースボール・マガジン社、2005年、ISBN 978-4583613246

関連項目[編集]