本多逸郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本多 逸郎
Itsuro Honda 1956 Scan10001.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県犬山市
生年月日 1931年5月3日
没年月日 (2005-01-02) 2005年1月2日(73歳没)
身長
体重
175 cm
67 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手 投手
プロ入り 1950年
初出場 1950年
最終出場 1965年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 中日ドラゴンズ (1966 - 1972)

本多 逸郎(ほんだ いつろう、1931年(昭和6年)5月3日 - 2005年(平成17年)1月2日)は、愛知県犬山市出身のプロ野球選手投手外野手)・監督。ニックネームはパラさん(由来はチームの練習をさぼって犬山市で開催されたイベント「犬山パラダイス」[1]に遊びに行っていたというエピソードから)。中日ドラゴンズきっての美男選手であったことで知られる。球界の長谷川一夫と言われたほどで女性にはモテたという[2]

来歴・人物[編集]

犬山高校卒業後の1950年(昭和25年)、中日に投手として入団。後に外野手に転向し、1番・中堅手として活躍。1954年(昭和39年)のチーム初優勝・日本一に貢献した。1955年(昭和30年)に盗塁王1965年(昭和40年)に現役引退後は2軍監督・コーチ・スカウトなどを務め、1968年(昭和43年)にはシーズン途中(6月末)で休養した杉下茂監督に代わり代理監督を務めた。スカウト時代は木俣達彦大島康徳を担当した[2]。このシーズン中に中日は日本プロ野球史上初となるノースリーブのユニフォームを使用している(本多代理監督もこのユニフォームも同年限りだった)。面倒見のいい人情家で後輩からの人望も厚かった[2]

2005年(平成17年)1月2日、肝硬変のため愛知県一宮市内の病院で死去。73歳没。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1950 中日
名古屋
中日
4 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 0 -- 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1951 24 25 24 4 6 0 0 0 6 1 0 0 0 -- 1 -- 0 0 0 .250 .280 .250 .530
1952 19 37 36 0 4 0 0 0 4 0 3 2 0 -- 1 -- 0 1 1 .111 .135 .111 .246
1953 112 378 349 42 85 9 1 3 105 18 15 5 7 -- 21 -- 1 43 1 .244 .288 .301 .589
1954 118 480 451 66 134 16 8 1 169 25 20 10 6 3 20 -- 0 34 2 .297 .327 .375 .702
1955 130 500 461 46 117 16 5 3 152 26 42 22 8 0 28 0 3 41 2 .254 .301 .330 .631
1956 115 353 327 31 66 6 4 0 80 18 15 9 6 0 19 0 1 30 4 .202 .248 .245 .492
1957 112 457 420 48 94 13 3 2 119 25 25 12 7 3 25 1 2 34 2 .224 .271 .283 .554
1958 112 408 364 33 95 14 3 1 118 21 22 16 10 3 30 0 1 29 3 .261 .319 .324 .643
1959 121 443 416 44 108 18 7 1 143 37 19 10 4 1 21 1 1 21 5 .260 .297 .344 .641
1960 91 271 261 20 49 4 3 4 71 26 8 5 1 1 8 0 0 18 1 .188 .212 .272 .484
1961 52 37 31 5 3 2 0 0 5 1 1 3 1 0 5 0 0 4 0 .097 .222 .161 .384
1964 19 18 18 0 3 0 0 0 3 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .167 .167 .167 .333
1965 24 23 18 0 2 0 0 0 2 2 0 0 0 0 5 0 0 2 1 .111 .304 .111 .415
通算:14年 1053 3432 3178 339 766 98 34 15 977 201 170 94 50 11 184 2 9 257 22 .241 .284 .307 .592
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 中日(中日ドラゴンズ)は、1951年に名古屋(名古屋ドラゴンズ)に、1954年に中日(中日ドラゴンズ)に球団名を変更

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1950 中日
名古屋
中日
4 1 0 0 0 0 0 -- -- ---- 31 8.2 5 0 3 -- 0 4 0 0 2 0 0.00 0.92
1951 17 1 0 0 0 0 0 -- -- ---- 193 42.1 57 6 19 -- 0 16 1 0 36 34 7.12 1.80
1956 1 1 0 0 0 0 0 -- -- ---- 18 4.0 2 0 5 0 0 2 0 0 2 2 4.50 1.75
通算:3年 22 3 0 0 0 0 0 -- -- ---- 242 55.0 64 6 27 0 0 22 1 0 40 36 5.89 1.65
  • 中日(中日ドラゴンズ)は、1951年に名古屋(名古屋ドラゴンズ)に、1954年に中日(中日ドラゴンズ)に球団名を変更

通算監督成績[編集]

  • 75試合 29勝 43敗 3分 勝率.403

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

  • 通算1000試合出場 1961年9月17日(64人目)

背番号[編集]

  • 36 (1950年 - 1951年)
  • 41 (1952年)
  • 9 (1952年途中 - 1958年)
  • 1 (1959年 - 1960年)
  • 31 (1961年 - 1962年)
  • 70 (1964年)
  • 35 (1965年)
  • 66 (1966年)
  • 68 (1967年)
  • 62 (1968年 - 1972年)

脚注[編集]

  1. ^ 1950年名鉄犬山橋駅が前年に「犬山遊園駅」に改名したことを記念し、犬山遊園地(現在は名鉄犬山ホテルの敷地)や桃太郎神社界隈で開催された。
  2. ^ a b c 木俣達彦著、『ザ・捕手:私が出会った監督・選手たち』、中日新聞社、2011年、p130-p131

関連項目[編集]