1976年の中日ドラゴンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1976年の中日ドラゴンズ
成績
セントラル・リーグ4位
54勝66敗10分 勝率.450[1]
本拠地
都市 愛知県名古屋市
球場
ナゴヤ球場
Gthumb.svg
球団組織
オーナー 小山武夫
経営母体 中日新聞社
監督 与那嶺要
« 1975
1977 »

1976年の中日ドラゴンズ(1976ねんのちゅうにちドラゴンズ)では、1976年の中日ドラゴンズの動向をまとめる。

この年の中日ドラゴンズは、与那嶺要監督の5年目のシーズンである。

概要[編集]

前年は広島の初優勝を許して2位に終わったチームだが、この年は田尾安志が入団した以外はほとんど戦力は前年と不変で、開幕前は優勝候補の筆頭だった。しかし、シーズンが始まると打撃陣は好調でも投手陣が不調という苦しい展開で、4月は首位の巨人と6ゲーム差で終了。5月以降の巻き返しを狙ったが、前年最下位からの優勝を狙う巨人と阪神のマッチレースに広島共々割って入れず、さらに後楽園球場が人工芝になると、ビジターの巨人戦で0勝12敗1分と大きく負け越す珍記録で7勝18敗1分と負け越し巨人優勝のアシスト役になってしまった。投手陣ではエースの星野仙一が故障したが、抑えの鈴木孝政が最多セーブとリリーフながら規定投球回到達で最優秀防御率の二冠を獲得し、星野の穴を埋めたが鈴木以外のリリーフ投手が不調で、早川実堂上照佐藤政夫の台頭こそあったもののチーム防御率4.50と被本塁打199本はリーグ最下位。打撃陣はルーキー田尾が外野の控えとしてまずまずの成績を残し新人王を獲得したが、前年2位の原動力となったローン・ウッズをはじめ、主力に故障者が続出。チーム本塁打もリーグ5位で、盗塁数も50個の5位と、機動力不足が目立った。最終的に優勝の巨人に21.5ゲーム、3位の広島にも7.5ゲームを離され、1970年以来6年ぶりのBクラスでシーズンを終えた。シーズン終了後、2番手エースの稲葉光雄と三塁手の島谷金二などが阪急へトレードされた。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 ローン
2 高木守道
3 谷沢健一
4 井上弘昭
5 マーチン
6 島谷金二
7 木俣達彦
8 星野仙一
9 正岡真二
1976年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 阪神 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 巨人 3.5 阪神 2.0 阪神 4.0 阪神 3.0 広島 8.5 阪神 3.5 阪神 2.0
3位 中日 6.0 広島 9.0 広島 9.0 広島 9.5 阪神 8.5 広島 15.5 広島 14.0
4位 ヤクルト 7.0 中日 11.5 中日 12.5 中日 14.5 中日 17.0 中日 19.0 中日 21.5
5位 広島 7.0 ヤクルト 14.0 ヤクルト 19.5 ヤクルト 19.0 ヤクルト 22.5 ヤクルト 23.0 ヤクルト 23.5
6位 大洋 9.5 大洋 19.5 大洋 23.0 大洋 28.0 大洋 32.5 大洋 34.0 大洋 37.0
1976年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 76 45 9 .628 -
2位 阪神タイガース 72 45 13 .615 2.0
3位 広島東洋カープ 61 58 11 .513 14.0
4位 中日ドラゴンズ 54 66 10 .450 21.5
5位 ヤクルトスワローズ 52 68 10 .433 23.5
6位 大洋ホエールズ 45 78 7 .366 32.0

[1]

オールスターゲーム1976[編集]

コーチ 与那嶺要
ファン投票 選出なし
監督推薦 星野仙一 鈴木孝政 谷沢健一
補充選手 島谷金二

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
田尾安志 新人王
谷沢健一 首位打者 .355 初受賞
鈴木孝政 最優秀防御率 2.98 初受賞
最優秀救援投手 32SP 2年連続2度目
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
谷沢健一 外野手 初受賞
ダイヤモンドグラブ賞
選出なし

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 都裕次郎 投手 堅田高 入団
2位 生田裕之 投手 あけぼの通商 入団
3位 宇野勝 内野手 銚子商業高 入団
4位 今岡均 投手 中京商業高 入団
5位 高元勝彦 投手 廿日市高 入団
6位 中原勇一 捕手 東筑高 入団

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 年度別成績 1976年 セントラル・リーグ”. 日本野球機構. 2017年7月13日閲覧。
  2. ^ 『日本プロ野球80年史 1934-2014』【記録編】、ベースボール・マガジン社、2014年12月24日。ISBN 978-4-583-10668-7