鈴木博昭 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木 博昭
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県蓮田市
生年月日 (1946-11-10) 1946年11月10日(72歳)
身長
体重
177 cm
81 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1973年 ドラフト2位
初出場 1977年4月3日
最終出場 1977年7月14日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

鈴木 博昭(すずき ひろあき、1946年11月10日 - )は、埼玉県出身の元プロ野球選手。ポジションは内野手

来歴・人物[編集]

大宮商業高校では2年生の時、五番打者、左翼手として、1963年夏の甲子園埼玉県予選決勝に進むが、榊親一のいた大宮高に敗退。翌1964年夏は県予選準決勝で飯能高に敗れ、甲子園には届かなかった。

卒業後は三菱自動車川崎へ入社。社会人野球では都市対抗野球大会に補強も含め4回出場。1972年大会では、1回戦で新日鐵八幡から2打席連続本塁打を放つなど活躍。決勝に進むが日本楽器新美敏に完封を喫し準優勝に終わる。この時のチームメートに四番打者の原田俊治がいる。翌1973年都市対抗には日本鋼管に補強され出場。日産自動車との決勝では本塁打を放ち、チームの初優勝に貢献した[1]。1972年から2年連続社会人ベストナイン二塁手)に選ばれ、監督候補にも挙がった。1972年には第20回アマチュア野球世界選手権日本代表、1973年には第1回インターコンチネンタルカップ日本代表に選出されている。

1973年ドラフト会議中日ドラゴンズから2位指名を受け入団。当時ドラフトで指名された71選手の中では最年長の27歳で入団した。長距離砲として期待され、1977年には25試合出場、6月には一塁手、六番打者として実質先発出場(偵察メンバーの松林茂から交代)を果たす。1978年ウエスタン・リーグで14本塁打を打ち、本塁打王となるが、一軍の壁は厚く同年オフに引退した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1977 中日 25 23 22 1 3 1 0 0 4 0 0 0 0 0 1 0 0 6 0 .136 .174 .182 .356
通算:1年 25 23 22 1 3 1 0 0 4 0 0 0 0 0 1 0 0 6 0 .136 .174 .182 .356

記録[編集]

背番号[編集]

  • 25 (1974年 - 1978年)

脚注[編集]

  1. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

関連項目[編集]