中山俊之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中山 俊之
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道
生年月日 (1951-06-25) 1951年6月25日(66歳)
身長
体重
172 cm
67 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1974年 ドラフト2位
初出場 1975年4月5日
最終出場 1977年4月23日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

中山 俊之(なかやま としゆき、1951年6月25日 - )は、北海道出身の元プロ野球選手。ポジションは投手

来歴・人物[編集]

函館大谷高校から北海道産業短期大学へ進学し、卒業後に大昭和製紙北海道へ入社。1973年都市対抗にエースとして出場する。1回戦で住友金属山中正竹と投げ合い、延長15回両チ-ム無得点で引き分ける。続く再試合で光内数喜(鐘淵化学から補強)、2回戦では日本楽器池谷公二郎に投げ勝ち、準々決勝に進出。日本通運に惜敗する[1]が、この年に創設された若獅子賞に輝く。

1973年ドラフト会議中日ドラゴンズから3位指名を受けるも拒否。1974年都市対抗でチームは優勝する[1]が、柳俊之(電電北海道から補強)、千藤和久(北海道拓殖銀行から補強)両投手の陰に隠れ、活躍の場はなかった。しかし同年の第1回日本選手権では復活、2勝をあげ準々決勝まで進む。大昭和製紙北海道のチームメートに加藤英美我喜屋優らがいた。

1974年ドラフト会議読売ジャイアンツから2位指名を受け入団。1年目の1975年から一軍に上がり初勝利、翌1976年にも中継ぎとして11試合に登板するが、その後は活躍の機会に恵まれず1978年限りで引退。

ストレートの速さではなくキレで勝負するタイプ。右のオーバースローから大小2種類のカーブ、シュート、スライダーを武器とした。

2006年より函館大学硬式野球部コーチに就任、現在は助監督をつとめる。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1975 巨人 8 0 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 54 12.1 11 1 7 0 0 4 0 0 6 6 4.50 1.46
1976 11 0 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 61 12.1 15 1 10 1 0 12 1 0 10 7 5.25 2.03
1977 3 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 13 1.2 5 2 2 0 0 2 0 0 4 2 9.00 4.20
通算:3年 22 0 0 0 0 2 0 0 -- 1.000 128 26.1 31 4 19 1 0 18 1 0 20 15 5.19 1.90

背番号[編集]

  • 26 (1975年 - 1976年)
  • 13 (1977年 - 1978年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

関連項目[編集]