ジーン・マーチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジーン・マーチン
Gene Martin
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ジョージア州
生年月日 (1947-01-12) 1947年1月12日(70歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手一塁手
プロ入り 1965年 MLBドラフト3位
初出場 MLB / 1968年6月28日
NPB / 1974年4月6日
最終出場 MLB / 1968年9月13日
NPB / 1979年10月25日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジーン・マーチン(本名Thomas Eugene Martin トーマス・ユージーン・マーチン, 1947年1月12日 - )は、アメリカ合衆国ジョージア州出身の元プロ野球選手外野手内野手)。日本では中日ドラゴンズ横浜大洋ホエールズに所属した。

来歴・人物[編集]

1965年ドラフト3位でワシントン・セネタースに入団。1968年メジャーに昇格し、主に代打として9試合に出場。その後はメジャーへの昇格は無く、メキシカン・リーグのペトロレロス・デ・ポサリカ(1972年)、フィラデルフィア・フィリーズAAA級ユージーン・エメラルズ、サンディエゴ・パドレス傘下AAA級ハワイ・アイランダースを経て、1974年、中日に入団。入団交渉は彼の資質に惚れ込んだ当時の監督の与那嶺要が直々にハワイに訪れて行い、当初は中日への入団に難色を示していたものの、結局は与那嶺の熱意に折れて入団を決めたとされている[1]

入団当初は不振にあえいでいたものの徐々に日本の野球に適合し、同年35本塁打・87打点をマークし、チームの20年ぶりのリーグ優勝の原動力となった。その後も安定した成績を残し、1976年にはともにリーグ2位の40本塁打・104打点をマーク。固め打ちも得意で、1試合3本塁打を通算3度記録した他、1976年には1試合2本塁打以上を年間10度記録。これは王貞治ランディ・バースと並ぶ日本タイ記録でもある。1979年大洋に移り、同年限りで退団。1981年にメキシカン・リーグのポサリカに復帰。1年だけプレーした。

メキシカン・リーグ時代の1972年、当時のリーグ記録に並ぶ1試合3本塁打を放ち、23回の敬遠四球(リーグ2位)を記録した。1981年にも19回の敬遠四球(リーグ3位)を記録している。翌1973年には、パシフィック・コーストリーグで本塁打王と打点王の二冠王を獲得しての来日となった。

なお、トレードマークであった禿頭は、ベトナム戦争に参加した際、鉄兜を長く被っていたためそうなったと、本人は語っていた。

大洋移籍後、薄毛に悩んでいた山下大輔に攻守交代時のヘルメットから帽子への早替えの技を教えたのが彼である。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1968 WHS3 9 11 11 1 4 1 0 1 8 1 0 0 0 0 0 0 0 1 1 .364 .364 .727 1.091
1972 PR 110 401 330 49 92 18 2 19 171 61 1 4 0 6 62 23 3 56 .279 .392 .518 .910
1974 中日 128 518 464 67 125 13 1 35 245 87 0 5 0 5 45 6 4 69 6 .269 .339 .528 .867
1975 119 417 376 52 97 14 0 22 177 62 3 2 0 4 33 3 4 60 12 .258 .324 .471 .795
1976 125 502 449 71 126 18 0 40 264 104 2 3 0 3 47 2 3 88 13 .281 .353 .588 .941
1977 119 467 408 53 115 13 0 31 221 78 0 3 0 2 53 1 4 66 5 .282 .370 .542 .912
1978 130 501 448 56 129 14 0 33 242 84 1 4 0 2 50 8 1 72 7 .288 .361 .540 .901
1979 大洋 125 459 417 47 106 17 0 28 207 83 0 1 0 5 34 2 3 86 8 .254 .315 .496 .811
1981 PR 91 354 298 32 88 16 3 9 137 45 0 0 2 4 48 19 2 33 .295 .392 .460 .852
MLB:1年 9 11 11 1 4 1 0 1 8 1 0 0 0 0 0 0 0 1 1 .364 .364 .727 1.091
NPB:6年 746 2864 2562 346 698 89 1 189 1356 498 6 18 0 21 262 22 19 441 51 .272 .344 .529 .874
LMB:2年 201 755 628 81 180 34 5 28 308 106 1 4 2 10 110 42 5 89 .287 .392 .490 .882
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

NPB

記録[編集]

NPB初記録
NPB節目の記録
  • 100本塁打:1977年5月15日、対読売ジャイアンツ6回戦(ナゴヤ球場)、1回裏に小林繁から中越2ラン ※史上92人目(外国人選手12人目)
  • 150本塁打:1978年8月9日、対読売ジャイアンツ20回戦(ナゴヤ球場)、4回裏に小林繁から左中間へ2ラン ※史上12人目(外国人選手6人目)

背番号[編集]

  • 22 (1968年)
  • 4 (1974年 - 1979年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • メキシカン・リーグ関連 Historia de la Liga Mexicana [1]

参考文献[編集]

  • The Mexican League/Comprehensive Players Statistics, 1937-2001(McFarland&Company, Inc., Publishers)
  • The Sporting News Baseball Guide(The Sporting News)

脚注[編集]

  1. ^ 中日スポーツ2012年12月15日号より