渡部司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
渡部 司
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮崎県
生年月日 (1950-06-06) 1950年6月6日(67歳)
身長
体重
175 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1969年 ドラフト2位
初出場 1971年
最終出場 1976年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

渡部 司(わたべ つかさ、1950年6月6日 - )は宮崎県出身の元プロ野球選手。ポジションは投手

来歴・人物[編集]

宮崎県立高鍋高等学校では、1967年秋季九州大会県予選準決勝に進むが、延岡商に惜敗。翌1968年夏も県予選で敗れ、甲子園には出場できなかった。卒業後は石川島播磨重工に入社しエースとして活躍。

1969年のドラフト2位で中日ドラゴンズに指名され、1970年に入団。入団当時は中日のエースナンバーである「20」を権藤博から受け継がれ期待されたが、翌1971年に「22」を付けていた星野仙一と背番号を交換することとなる。1971年8月には初先発を果たし、同年は3勝を挙げる。その後は中継ぎとして起用されるが、勝ち星のないまま1979年限りで引退。

以後は中日の打撃投手となる。後に落合博満が渡部をパートナーとして打撃練習を行ない、「落合の恋人」と称された。フォームはオーバースロー。球種はスライダー、カーブ、シュート。決め球はシュート。

1995年に中日を退団し、その後は大学社会人チームなどアマチュア野球の指導者として数々のチームを指導、現在は愛知県東海市にて「渡部野球塾」を開講している。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1971 中日 17 4 0 0 0 3 3 -- -- .500 173 39.2 33 4 18 2 6 18 2 1 22 19 4.28 1.29
1972 6 0 0 0 0 0 1 -- -- .000 27 5.1 11 2 1 0 0 9 0 0 6 6 10.80 2.25
1973 4 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 34 7.0 7 0 6 0 2 2 1 0 5 5 6.43 1.86
1974 13 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 72 16.0 22 3 5 1 0 15 1 0 13 13 7.31 1.69
1976 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 17 3.2 6 2 0 0 0 2 0 0 3 3 6.75 1.64
通算:5年 42 4 0 0 0 3 4 0 -- .429 323 71.2 79 11 30 3 8 46 4 1 49 46 5.75 0.54

タイトル[編集]

背番号[編集]

  • 20 (1970年)
  • 22 (1971年 - 1975年)
  • 49 (1976年)
  • 57 (1977年 - 1978年)
  • 99 (1979年 - 1991年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]