金子勝美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
金子 勝美
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県
生年月日 (1949-05-31) 1949年5月31日(68歳)
身長
体重
175 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1971年 ドラフト4位
初出場 1972年
最終出場 1977年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

金子 勝美(かねこ かつみ、1949年5月31日 - )は、埼玉県出身の元プロ野球選手。ポジションは内野手。 娘は女子プロゴルファー金子絢香

来歴・人物[編集]

埼玉県立大宮高等学校では1967年、3年生の時にエースとして夏の甲子園に出場。1回戦で報徳学園と対戦、9回裏2死までリードするが、ここから反撃を許し、大会史上初の本盗による逆転サヨナラ負けを喫した[1]。しかし秋の埼玉国体では、決勝で大分商河原明に投げ勝ち優勝。チームメートに吉田誠新井良雄(2年)、鈴木治彦(1年)がいた。1967年ドラフト会議東京オリオンズから8位指名を受けるも拒否。

卒業後は早稲田大学に進学し内野手に転向。東京六大学リーグでは1年生の秋季リーグで優勝するが、谷沢健一荒川堯らの卒業によって戦力が低下し、その後は優勝に届かなかった。3年生の春季リーグで首位打者を獲得している。リーグ通算75試合出場、275打数77安打、打率.280、3本塁打、32打点。三塁手としてベストナイン1回。大学同期に内野手の望月博(日本石油)、中村勝広がいる。

1971年ドラフト会議中日ドラゴンズから4位指名を受け入団。強肩俊足の内野手として期待され、1972年ジュニアオールスターにも出場した。翌1973年には二塁手として5試合に先発出場を果たすが、その後は故障もあり一軍には定着できず、1977年限りで引退した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1972 中日 17 10 10 2 1 0 0 1 4 1 0 0 0 0 0 0 0 3 2 .100 .100 .400 .500
1973 29 26 25 4 5 0 0 0 5 1 1 1 0 1 0 0 0 5 0 .200 .192 .200 .392
1975 2 3 2 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0 1 0 .000 .333 .000 .333
1977 3 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
通算:4年 51 41 39 6 6 0 0 1 9 2 2 1 0 1 1 0 0 9 2 .154 .171 .231 .402

背番号[編集]

  • 31 (1972年 - 1977年)

脚注[編集]

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目[編集]