白滝政孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
白滝 政孝
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 奈良県
生年月日 (1949-01-11) 1949年1月11日(68歳)
身長
体重
176 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1971年 ドラフト3位
初出場 1972年
最終出場 1980年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

白滝 政孝(しらたき まさたか、1949年1月11日 - )は、奈良県出身の元プロ野球選手外野手)。右投右打。

来歴・人物[編集]

郡山高校では2年生の時、エースとして1965年夏の県予選決勝に進出するが、外山義明門田博光のいた天理高校に敗れる。翌1966年、3年生の時には右翼手、四番打者となり、紀和大会決勝で向陽高を破って、33年ぶりに夏の甲子園に出場。2年生エース植村秀明(広島)を擁し、1回戦で小千谷高を降す。しかし2回戦では横浜一商の佐々木正雄(日大)と植村の投手戦となり、延長10回の熱戦の末に2-6で敗退した。

関西大学へ進学、大学同期に杉政忠雄(西川物産)、2年下に山口高志がいた。関西六大学リーグでは、山口の好投もあって1969年春季リーグから4季連続優勝。1970年全日本大学野球選手権大会では決勝に進出するが中京大に敗れる。リーグ通算63試合に出場、215打数53安打、打率.247、6本塁打。

卒業後は新日本製鐵広畑へ入社。1971年都市対抗では、三菱自動車川崎小川邦和日本鋼管から補強)から本塁打を放つなど、佐々木恭介とともに中心打者として活躍。決勝では三沢淳丸善石油を抑え、チームを3年ぶりの優勝に導く。

1971年のドラフト会議中日ドラゴンズから3位指名を受け入団。1973年ウエスタン・リーグ本塁打王、1975年にウエスタン・リーグ首位打者、1976年にもウエスタン・リーグ本塁打王を獲得。しかし、一軍ではあまり活躍できず、1976年オフに芝池博明との交換トレードで近鉄バファローズへ移籍。近鉄では代打として好成績をあげるが、1980年限りで引退した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1972 中日 3 7 7 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .143 .143 .143 .286
1973 6 1 1 0 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1.000 1.000 1.000 2.000
1974 6 2 1 2 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1976 6 5 5 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .200 .200 .200 .400
1977 近鉄 13 21 20 2 6 1 0 0 7 3 0 0 0 0 1 0 0 5 0 .300 .333 .350 .683
1978 12 22 19 1 6 1 0 1 10 7 0 0 0 0 3 0 0 3 0 .316 .409 .526 .935
1979 28 34 33 7 10 2 0 0 12 5 1 1 0 0 1 0 0 4 0 .303 .324 .364 .687
1980 34 19 17 3 2 0 0 0 2 0 0 0 1 0 1 0 0 2 1 .118 .167 .118 .284
通算:8年 108 111 103 15 27 4 0 1 34 16 1 1 2 0 6 0 0 18 1 .262 .303 .330 .633

背番号[編集]

  • 36 (1972年 - 1980年)

関連項目[編集]