横浜商科大学高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
横浜商科大学高等学校
YokohamaShoka UNIV highschool.JPG
過去の名称 横浜第一商業学校
横浜第一商業高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人横浜商科大学高等学校
校訓 安んじて事を託さるゝ人となれ
設立年月日 1941年
創立記念日 4月17日
創立者 松本武雄
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
商業科
学期 3学期制
高校コード 14520D
所在地 241-0005
神奈川県横浜市旭区白根七丁目1番1号
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
横浜商科大学高等学校の位置(神奈川県内)
横浜商科大学高等学校

横浜商科大学高等学校(よこはましょうかだいがくこうとうがっこう)は、神奈川県横浜市旭区白根七丁目に所在する私立高等学校。略称は商大(しょうだい)。横浜商科大学とは姉妹校の関係にあたるが、現在の設置者はそれぞれ異なる。

概要[編集]

教育課程[編集]

教育課程は大きく分けて普通科商業科があり、入学後に類型別の学習体系となる。

沿革[編集]

  • 1941年 - 現在の横浜商科大学つるみキャンパス所在地に横浜第一商業学校設立。
  • 1946年 - 新学制により横浜第一商業高校になる。
  • 1963年 - 普通科の生徒募集を開始。
  • 1966年 - 校地を旭区白根町に移転。
  • 1975年 - 校名を横浜商科大学高等学校に改称。
  • 1978年 - 学校法人名を吉澤学園より横浜商科大学高等学校となる。
  • 2001年 - 創立60周年記念新校舎完成。
  • 2003年 - 男女共学校となる。
  • 2006年 - 卒業生が30000人を超える。
  • 2014年 - 理事長は松本良彦(1928-2015年没。)が退任し、松本一彦が就任する。

著名な出身者[編集]

プロ野球選手
サッカー選手
バスケットボール選手
ラグビー選手
その他

野球[編集]

男子バスケットボール部[編集]

  • 全国大会出場回数 夏5回・冬5回
    • 2002年夏(1回戦敗退)
    • 2002年冬(ベスト16)
    • 2003年夏(ベスト16) 
    • 2003年冬(ベスト16)

その他[編集]

  • 横浜商科大学への進学では、特別指定校推薦枠が設けられ、基準点以上の者は選考は書類審査と面接のみ。
  • 2003年の男女共学化の年、野球部の全国大会出場だけでなく、バスケットボール部もインターハイJOMO杯ウィンターカップ出場(3回目)を果たしている。
  • 体操部は、湘南工大附属とライバル関係にあったが、2010年春に廃部。
  • この他、剣道部・ゴルフ部・フェンシング部等で、全国大会やインターハイなどに出場している。
  • 日本で初めてのインテリジェントビル校舎がある(1987年竣工)。[1][2]
  • 2008年男子制服が黒から紺になる。

事故・訴訟[編集]

2008年5月3日、同高校柔道部において、柔道初心者の男子生徒(当時1年生)が神奈川県高等学校柔道大会兼関東高等学校柔道大会県予選会の応援(雑用)に同行した際に事前準備無しで出場選手を相手にした投げ込み練習に参加、数名の選手に大外刈など数回投げられた後、意識不明の状態、急性硬膜下血腫を発症、遷延性意識障害(寝たきり)の後遺症。事故から約2週間後、過失責任は学校側に無い旨の内容証明を本校より当該生徒の家族宛てに送付。後、被害生徒本人と両親が同校に逸失利益や介護費など約2億5600万円の損害賠償を求め提訴。

2013年2月15日、横浜地方裁判所にて原告の請求を棄却。
2013年7月4日 東京高等裁判所(難波孝一裁判長)は学校法人横浜商科大学高等学校に約1億7000万円の支払いを命じる判決。

生徒は4月20日に顧問に対し、頭痛について病院を受診し医師の診察を受け脳CT検査を施行したが、異常は認められず脳震盪と診断されたので大丈夫である旨の報告を行い、頭痛、吐き気、食欲不振の症状が出てもこれを学校に知らせなかった。また、生徒の両親らにおいても、生徒の上記症状が自宅でも発生していたことに照らせば、これを認識していたが父らも上記症状を学校に知らせなかった。両親が生徒に頭痛等の症状があることを本大会前に学校に知らせておけば、顧問が生徒をこの練習に参加させない旨の指示を事前に出すなどの対応策がとられ、この事故が回避された可能性もあったという理由で過失相殺あり [3]

事件番号 平成25年(ネ)第1862号 東京高等裁判所
判例

判例時報2195号、判例タイムス1393号

交通[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]