中村亘佑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中村 亘佑
Nakamurakosuke 150829.JPG
2015年8月29日 阪神鳴尾浜球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県横浜市中区
生年月日 (1991-04-02) 1991年4月2日(28歳)
身長
体重
181 cm
87 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手一塁手
プロ入り 2009年 育成選手ドラフト2位
年俸 450万円(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
派遣歴

中村 亘佑(なかむら こうすけ、1991年4月2日 - )は、神奈川県横浜市中区出身の元プロ野球選手捕手)。

経歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

「防具がかっこいい」という理由で小学校から捕手として野球を始め、以降も捕手一筋でプレーしている[2]。中学時代は、中本牧シニアに所属。

高校は県内一練習が厳しいと言われていた横浜商大高に進学。2年時の夏に主将に指名されたが、監督の方針で副主将をおかずに中村一人に140人を纏めさせるなど当時から中村に対する期待は高かった[3]。秋からチームの4番に座り、3年時春には打率.385、3本塁打と活躍。主将として県大会準優勝、関東大会でもベスト8とチームに貢献した。夏は神奈川県大会準々決勝で桐蔭学園高に0-10で敗退してベスト8に終わったが、打率.400、1本塁打と好成績を残した。

打撃では高校通算46本塁打を誇り、フォームは地元横浜のスラッガー村田修一を参考にしている[4]。捕手としても遠投110m、2塁送球がプロレベルの1.8秒で、安定したスローイングや、膝立ちのままでも送球可能な強肩、頑強な身体など、捕手として高い身体能力から有力なドラフト候補の一人に挙げられていた。

2009年9月7日プロ志望届を提出し、同年9月19日広島東洋カープのプロテストに合格。10月29日に行われたプロ野球ドラフト会議では、広島東洋カープから育成2位指名を受けた。

広島の苑田スカウト部長は「強肩はもちろん、スイングの速さも魅力。」と評価している。

プロ入り後[編集]

2011年は、二軍で一塁手としても起用された。

2012年3月27日、同年シーズンは永川光浩と共に四国アイランドリーグplus徳島インディゴソックスに派遣されることが発表された[5]。しかし、広島の捕手に故障者が相次いだことで4月16日に広島に呼び戻された[6]。その後、故障者が復帰したため5月25日に再びインディゴソックスに派遣すると発表された[7]

2012年オフに一度は自由契約となるが、育成選手として再契約した。2013年10月31日、育成選手の規約に基づき自由契約公示された[8]。2013年11月9日、育成選手として再契約した。2014年10月31日、3度目の自由契約公示がなされた[9]。2015年シーズンも育成選手として再契約した。2015年11月3日、2016年シーズンは支配下登録契約となることが明らかとなった[10]

2017年10月30日、10月26日のドラフト会議にて広陵高の中村奨成が1位指名されたことによって余剰戦力となり、戦力外通告となった[11]

11月15日の12球団合同トライアウトに参加、3打数2安打1四球の結果だった[12]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 126 (2010年 - 2015年)
  • 68 (2016年 - 2017年)
  • 27 (2012年) ※徳島インディゴソックスでの背番号

脚注[編集]

  1. ^ 広島 - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2016年11月8日閲覧。
  2. ^ 【第93回全国高校野球選手権大会・神奈川】 <ヒーロー>固いきずな 女房役好リード 横浜商大主将の中村捕手(3年)”. 東京新聞 (2009年7月26日). 2012年6月12日閲覧。
  3. ^ 人物風土記”. タウンニュース (2009年11月11日). 2009年11月11日閲覧。[リンク切れ]
  4. ^ 横浜商大高にプロ注目の中村捕手”. nikkansports.com (2009年6月14日). 2012年6月12日閲覧。
  5. ^ 徳島IS 広島東洋カープより育成選手派遣のお知らせ”. 四国アイランドリーグplus (2012年3月27日). 2012年6月12日閲覧。
  6. ^ 石原、倉が離脱…広島、独立L派遣中の中村亘呼び戻し”. スポニチ Sponichi Annex (2012年4月17日). 2012年6月12日閲覧。
  7. ^ 広島 中村亘が再び独立リーグに”. スポニチ Sponichi Annex (2012年5月25日). 2012年6月12日閲覧。
  8. ^ 2013年度 自由契約選手(育成選手) 日本野球機構オフィシャルサイト 2013年11月3日閲覧。
  9. ^ 2014年度 自由契約選手(育成選手) 日本野球機構オフィシャルサイト 2014年11月7日閲覧。
  10. ^ 中村亘佑捕手、辻空投手が支配下選手に - デイリースポーツ2015年11月3日
  11. ^ 広島、中村亘に戦力外通告 広陵高・中村の1位指名で余剰戦力に
  12. ^ “12球団合同トライアウトの結果詳細、プレー機会求める51選手の成績は…”. Full-Count. (2017年11月16日). https://full-count.jp/2017/11/16/post93076/2/ 2017年11月16日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]