君塚大輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
君塚大輔
Daisuke Kimiduka
ポジション SG/SF
身長 190cm (6 ft 3 in)
体重 83kg (183 lb)
血液型 A型
足のサイズ 30.0cm
基本情報
本名 君塚大輔
愛称 "Kimmy"
ラテン文字 Daisuke Kimiduka
日本語 君塚大輔
誕生日 (1983-01-05) 1983年1月5日(36歳)
日本の旗 日本
出身地 神奈川県横須賀市
ドラフト 2005年 20位 
選手経歴
2005-2010
2010-2011
大分ヒートデビルズ
ライジング福岡

君塚 大輔(きみづか だいすけ、1983年1月5日 - )は、神奈川県横須賀市出身のプロバスケットボール選手である。ポジションはシューティングガードスモールフォワード。190cm、83kg。

来歴[編集]

5歳頃の時にバスケットボールを始める。田浦中学校を卒業後、県内の名門横浜商大高に進学。同級生である蒲谷正之と共に1年生の時からレギュラーを取り、2年生の時には共にスタメンとしてコンビを組み、同校を3年ぶりのインターハイに導くも1回戦で福岡商業に73vs75で惜敗(この試合、君塚は14点)[1]。同年のウィンターカップにも3年ぶりに同校を導き、2回戦に進出。新潟商業に敗れるも君塚自身は17点と活躍[2]。3年生となった2000年、再びインターハイに出場し、今度は見事3回戦まで進出し、ベスト16入りを果たすも、小林高校に惜敗(君塚はこの試合チーム最多の21点)[3]

高校卒業後、順天堂大学に進学。4年時の関東大学リーグ2部Aグループで得点王(427点)となる。

卒業後の、2005年に大分ヒートデビルズからドラフト全体20位で指名を受け入団。

2005-2006シーズンシーズン終盤の怪我などもありサブが多いものの2シーズン目にはプレイオフ進出に貢献。

2007-2008シーズンではポイントでの起用が増えチームの勝利に貢献。 試投数・成功数はリーグ基準に満たなかったものの3ポイントシュート成功率は52.8%を記録。 これはチームメイトである鈴木裕紀が記録した50.4%のリーグ年間1位の記録を上回る。

2008-2009シーズン大分ヒートデビルズの指揮をとる小川忠晴HCやチームメイト、関係者などは以前より存在能力の高さを認めている。

チャレンジ!おおいた国体バスケットボール成年男子大分県選手団として与那嶺翼佐藤博紀と参加が決定。

2010年、ライジング福岡に移籍する。

2011年オフ、ライジング福岡のプロテクトから外れ退団。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]