小川忠晴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小川 忠晴
Tadaharu Ogawa
新潟アルビレックスBBラビッツ HC
役職 ヘッドコーチ
ポジション(現役時) センター、フォワード
身長(現役時) 194cm (6 ft 5 in)
体重(現役時) 94kg (207 lb)
基本情報
ラテン文字 Tadaharu Ogawa
誕生日 (1969-12-20) 1969年12月20日(48歳)
日本の旗 日本
出身地 山口県下関市[1]
ドラフト  
選手経歴
1992-2002
2002-2006
2006-2008
いすゞ自動車ギガキャッツ
新潟アルビレックス
大分ヒートデビルズ
指導者経歴
2008-2009
2009-2012
2013-2016
2016-
大分ヒートデビルズ
ライジング福岡
芦屋学園高校
新潟アルビレックスBBラビッツ

小川 忠晴(おがわ ただはる、1969年12月20日 - )は、山口県出身のプロバスケットボール選手コーチである。選手としては1992年にいすゞ自動車に入社し、以後bjリーグ新潟アルビレックスBB大分ヒートデビルズでプレイし、2008年に引退した。ポジションはセンターフォワード。身長194cm、体重94kg。

引退後は指導者となり、大分ヒートデビルズ、ライジング福岡芦屋学園高校女子バスケットボール部を経て、2016年にWリーグ新潟アルビレックスBBラビッツのヘッドコーチに就任した。

来歴[編集]

学生時代[編集]

下関市立向山小学校から下関市立向洋中学校1年生の時までプロを目指し野球を志していたが、途中で自主退部。その後、バスケット部顧問に長身を買われ中学2年からバスケ部に転向する。

下関中央工業高校を経て、専修大学に進み、在学時にリバウンド王を獲得した。

いすゞ~新潟[編集]

1992年いすゞ自動車に入社。以後、4連覇を含むリーグ優勝5回、オールジャパン優勝5回といすゞ黄金時代に貢献。

1998年全日本のメンバーとしてバンコクアジア大会に出場。オールジャパンのメンバーとして、マジックジョンソンスーパースターズとの対戦経験もある。

いすゞ休部後の2002年、代わってスーパーリーグに参戦する新潟アルビレックスBBに移籍。

bjリーグ加入後[編集]

2005年より始まったbjリーグではリーグ最年長日本人選手として奮起した。

2006年大分ヒートデビルズに移籍。プレイング・アシスタントコーチ(PAC)として契約。

2007-2008シーズンの時点で38歳と、bj最年長選手であった。

ヘッドコーチ就任[編集]

シーズン終了後引退し、大分のヘッドコーチに就任。bjにおける元選手のヘッド就任は埼玉ブロンコスデービッド・ベンワーについで2人目で日本人では初めてである。しかし、球団の財政面の問題及び成績も西地区最下位となり退団。

2009年、ライジング福岡ヘッドコーチに就任したが、2011-12シーズン途中の2012年2月、会社との意見の相違により退団した。

2013年より芦屋学園高校女子バスケットボール部のコーチに就任すると共に、新潟時代の同僚勝又英樹とともに芦屋学園バスケットボールクラブのゼネラルマネージャー補佐を務める[2]

2016年には新潟アルビレックスBBラビッツのヘッドコーチに招聘され、2016-17シーズンより指揮を執る[3]

日本代表[編集]

  • バンコクアジア大会

脚注[編集]

  1. ^ ライジング福岡 Official Websiteより
  2. ^ 芦屋学園スポーツモダニズムプロジェクト”. 芦屋学園. 2013年12月18日閲覧。
  3. ^ “ヘッドコーチ契約合意のお知らせ” (プレスリリース), 新潟アルビレックスBBラビッツ, (2016年6月16日), http://www.albirexbb-rabbits.com/?p=7391 2016年7月7日閲覧。