bjリーグ 2008-09

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
bjリーグ 2008-09シーズン
Flickr - tpower1978 - bj-league (1).jpg
優勝 琉球ゴールデンキングス(初)
準優勝 東京アパッチ
チーム数 12

bjリーグ2008-09は、2008年10月11日から2009年5月17日まで、日本各地で行われたバスケットボールプロリーグである。

参加チーム[編集]

2008-09シーズン参加チーム

地区
チーム名 都道府県 都市 ホームアリーナ 位置 座席数
観客数
(平均)
参入年
仙台89ERS 宮城県 仙台 仙台市体育館 地図 5,733席 2,730人 2005年
新潟アルビレックスBB 新潟 新潟市 朱鷺メッセ 地図 4,000席 2,502人 2005年
富山グラウジーズ 富山 富山市 富山市総合体育館 地図 4,500席 1,852人 2006年
埼玉ブロンコス 埼玉 所沢市 所沢市民体育館 地図 4,300席 2,336人 2005年
東京アパッチ 東京 江東区 有明コロシアム 地図 10,000席 3,301人 2005年
浜松・東三河フェニックス 静岡県 浜松 浜松アリーナ 地図 8,000席 1,625人 2008年
西 滋賀レイクスターズ 滋賀 大津市 滋賀県立体育館 地図 4,896席 1,476人 2008年
大阪エヴェッサ 大阪 大阪市 舞洲アリーナ 地図 7,056席 3,069人 2005年
高松ファイブアローズ 香川県 高松 高松市総合体育館 地図 2,830席 1,584人 2006年
ライジング福岡 福岡 福岡市 アクシオン福岡 地図 2,000席 1,889人 2007年
大分ヒートデビルズ 大分 別府市 ビーコンプラザ 地図 3,925席 1,396人 2005年
琉球ゴールデンキングス 沖縄 宜野湾市 沖縄コンベンションセンター 地図 5,000席 2,329人 2007年
  • 本年度は12チームが参加。

大分はシーズン途中の12月より運営会社が株式会社大分バスケットボール・コミュニケーションから株式会社大分ヒートデビルズに承継された。

新規参入[編集]

2008-09年度シーズンに新規加入するチームについては、秋田県長野県兵庫県島根県滋賀県浜松東三河地域のほか1団体を含めた計7団体から選考。以下2チームの新規参入を決めた。

  • 浜松・東三河フェニックス(浜松・東三河地域) 運営母体は株式会社フェニックス・コミュニケーションズ。JBLに所属していた旧オーエスジーフェニックス東三河の転籍となる。リーグの規定でチーム名は「地域名 + 愛称」となる為、転籍に際しチーム名を変更した。
  • 滋賀レイクスターズ(滋賀県) 運営母体は株式会社滋賀レイクスターズ。母体旗揚げからわずか5ヶ月の誘致活動であったが、経営計画の堅実さと地域性が評価されての参戦となった。初代ヘッドコーチにロバート・ピアスが就任した。

また、この2チームの新規参入が決定した事により、bjリーグが設立当初に掲げていたリーグ12球団が達成された事になるが、翌年も新規参入チームの募集を継続をしている。

ドラフト[編集]

順位 チーム 選手 前所属 備考
1 1 滋賀 町田洋介 東芝ブレイブサンダース
- 浜松 指名権なし
2 富山 水戸健史 近畿大学
3 沖縄 菅原洋介 レラカムイ北海道
- 大分 指名放棄
4 埼玉 北向由樹 明治大学 アーリーチャレンジ
5 新潟 竹野明倫 大東文化大学 アーリーチャレンジ(福岡)
6 高松 高田秀一 三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ
- 福岡 指名放棄
7 仙台 志村雄彦 東芝ブレイブサンダース
8 東京 矢田公作 レラカムイ北海道(アシスタントコーチ登録)
- 大阪 指名放棄
2 9 滋賀 安成洙 朝鮮大学校 (韓国)
- 浜松 指名権なし
- 富山 指名放棄
- 沖縄 指名放棄
- 埼玉 指名放棄
10 新潟 胡同奎 浜松大学
- 高松 指名放棄
- 仙台 指名放棄
- 東京 指名放棄
3 11 滋賀 小島佑太 日立サンロッカーズ
- 浜松 指名権なし
- 新潟 指名放棄
4 12 滋賀 三浦正和 ホシザキ電機 入団拒否(残留)
- 浜松 指名放棄

試合方式[編集]

レギュラーシーズン(予選リーグ)[編集]

2008-09シーズンでは、12チームが以下の2つにカンファレンス分けされた。

ホーム&アウェーにより、同一カンファレンス所属チームとは8回総当たりで、別カンファレンス所属チームとは2回総当りで、合計52試合を行う。

  • ホームゲーム数:各チーム26試合
    • 「カンファレンス」内:5(対戦チーム数)×4試合(ホーム開催)=20試合
    • 「カンファレンス」外:6試合(1カードに付きホームorアウェー2試合開催)

順位は、各カンファレンス内で52試合の勝敗等(勝敗が同じ場合には、(1)得失点差→(2)1試合当たりの平均得点で順位を決める)により1位から6位までの順位を決める。そして、レギュラーシーズンでカンファレンス上位4チームがプレイオフに進出。

プレイオフ(決勝トーナメント)[編集]

  • 各地区上位4チームがカンファレンス セミファイナルに進出。地区1位と4位、2位と3位で3戦2勝方式でファイナル4を争う。最初の2試合は上位チームのホームで行う。ファイナル4は準決勝(地区優勝決定戦)を行い、更にその勝者同士で総合優勝決定戦を開催する。ファイナル4は集中開催でそれぞれ1試合決着。

レギュラーシーズン[編集]

イースタン・カンファレンス[編集]

順位 チーム名 勝率 得点 失点 得失点差
1 浜松・東三河フェニックス 36 16 .692 - 90.7 78.9 +11.8
2 東京アパッチ 33 19 .635 3.0 85.5 84.0 +1.5
3 仙台89ERS 31 21 .596 2.0 84.2 83.0 +1.2
4 新潟アルビレックスBB 24 28 .462 7.0 82.8 83.9 -1.1
5 埼玉ブロンコス 19 33 .365 5.0 76.9 79.6 -2.7
6 富山グラウジーズ 11 41 .212 8.0 78.3 87.9 -9.6

ウェスタン・カンファレンス[編集]

順位 チーム名 勝率 得点 失点 得失点差
1 琉球ゴールデンキングス 41 11 .788 - 84.5 77.7 +6.8
2 大阪エヴェッサ 35 17 .673 6.0 87.8 83.4 +4.4
3 高松ファイブアローズ 33 19 .635 2.0 86.9 82.3 +4.6
4 ライジング福岡 22 30 .423 11.0 79.4 82.8 -3.4
5 滋賀レイクスターズ 19 33 .365 3.0 76.8 79.6 -2.8
6 大分ヒートデビルズ 8 44 .154 11.0 74.8 85.6 -10.8

プレイオフ[編集]

                             
5月2日・3日
守口市民体育館
         
 3  高松ファイブアローズ  81  88  17
5月16日
有明コロシアム
 2  大阪エヴェッサ  88  64  31  
ウェスタン
 2  大阪エヴェッサ  87
5月5日・6日
那覇市民体育館
   1  琉球ゴールデンキングス  93  
ウェスタン ファイナル
 4  ライジング福岡  69  59  
5月17日
有明コロシアム
 1  琉球ゴールデンキングス  76  70    
 
カンファレンスセミファイナル
 西1  琉球ゴールデンキングス  89
5月9日・10日
有明コロシアム
   東2  東京アパッチ  82
ファイナル
 3  仙台89ERS  86  78  
5月16日
有明コロシアム
5月17日
有明コロシアム
 2  東京アパッチ  98  79    
イースタン
 2  東京アパッチ  89  西2  大阪エヴェッサ  85
5月9日・10日
エコパアリーナ
   1  浜松・東三河フェニックス  84    東1  浜松・東三河フェニックス  91
イースタン ファイナル 3位決定戦
 4  新潟アルビレックスBB  88*  79  24
 1  浜松・東三河フェニックス  87  95  37  


  • 対戦カードはレギュラーシーズンの順位によって決定され、そのラウンドに登場する最上位チームが最下位チームと対戦する。
  • 各カンファレンスセミファイナルについては、上位チームのホームで2日間の1試合を行い、1勝1敗の場合は2日目の試合後に延長戦を行なって決着する。
  • カンファレンスファイナル、ファイナル、3位決定戦は1箇所に集まって開催され、1戦先勝の試合を行った。
  • チーム名の左の数字はレギュラーシーズンの順位。
  • * はOT決着

bj-KBL チャンピオンシップゲームズ[編集]

開催国 日時 bjリーグ優勝 結果 KBL優勝
第1戦 日本 9月19日 Flag of Japan.svg大阪エヴェッサ 71 - 85 Flag of South Korea.svg原州東部プロミ
第2戦 韓国 9月26日 75 - 92

bjリーグオールスターゲーム[編集]

出場選手

青木康平(東京・3回目)
竹野明倫(新潟・初出場)
ボビー・セントプルー(仙台・初出場)
レジー・ウォーレン(埼玉・2回目)
スン・ミンミン(浜松・初出場)
マイケル・ガーデナー(浜松・初出場)
池田雄一(新潟・2回目)
ロドニー・ウェブ(富山・2回目)
庄司和広(埼玉・初出場)
クリス・ホルム(仙台・初出場)
澤岻直人(沖縄・2回目)
佐藤公威(大分・初出場)
波多野和也(大阪・3回目)
ゴードン・ジェームス(高松・3回目)
ジェフ・ニュートン(沖縄・2回目)
藤原隆充(滋賀・初出場)
ラシード・スパークス(高松・初出場)
川面剛(福岡・2回目)
マイケル・パーカー(福岡・初出場)
ジェフリー・プライス(大分・初出場)

結果

勝者 結果 敗者 MVP MIP
EAST 117-96 WEST ボビー・セントプルー(仙台) マイケル・パーカー(福岡)

スリーポイントコンテスト

順位 選手 予選 サドンデス 決勝
1 鈴木裕紀(大分) 14点 14点
2 庄司和広(埼玉) 20点 - 9点
3 マット・ギャリソン(高松・前回王者) 14点 ×
青木康平(東京) 14点 ×
5 金城茂之(沖縄) 10点
6 マイケル・ガーデナー(浜松) 9点

ダンクコンテスト

順位 選手 予選 決勝
1 ブライアン・シンプソン(沖縄) 47点 50点
2 橘佳宏(富山) 49点 46点
3 町田洋介(滋賀) 52点
4 レジー・ウォーレン(埼玉) 41点
5 ラシード・スパークス(高松・前回王者) 40点
6 アダム・ザーン(浜松) 欠場

アワード[編集]

最優秀選手[編集]

部門 受賞者 球団
レギュラーシーズン ジェフ・ニュートン 沖縄
プレイオフ ジェフ・ニュートン 沖縄

ベスト5[編集]

部門 受賞者 球団
ガード マイケル・ガーデナー 浜松
澤岻直人 沖縄
フォワード ボビー・セントプルー 仙台
リン・ワシントン 大阪
センター ジェフ・ニュートン 沖縄

個人タイトル[編集]

部門 受賞者 球団 成績
得点 マイケル・パーカー 福岡 26.8点
アシスト マイケル・ガーデナー 浜松 6.8本
リバウンド クリス・ホルム 仙台 15.6本
ブロックショット ジョージ・リーチ 高松 2.5本
スティール マイケル・パーカー 福岡 2.6本
3Pシュート成功率 竹野明倫 新潟 41.3%
フリースロー成功率 青木康平 東京 91.4%

月間MVP[編集]

選手
10月 ジェフ・ニュートン
11月 ジョン・ハンフリー
12月 ゴードン・ジェームス
1月 マイケル・ガーデナー
2月 マット・ギャリソン
3月 ロドニー・ウェブボビー・セントプルー
4月 リン・ワシントン

その他[編集]

部門 受賞者 球団
最優秀コーチ 桶谷大 沖縄
MIP 金城茂之 沖縄
最優秀6th Man 大口真洋 浜松
コミッショナー特別賞 与那嶺翼 大分
アンソニー・マクヘンリー 沖縄
ベストブースター 東京アパッチ
西 琉球ゴールデンキングス
ベストアリーナ 該当なし
西 該当なし
ベストパフォーマー G.O.W 富山
チームアシスト GREENSPIRITS 埼玉
西 RIZING FUKUOKA THUNDER BIRDS 福岡
コミュニティーアシスト 新潟アルビレックスBB
西 滋賀レイクスターズ

関連項目[編集]