水町亮介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
水町 亮介
Ryosuke Mizumachi
Mizumachi ryosuke akita.jpg
秋田ノーザンハピネッツ
役職 スクールコーチ
ポジション(現役時) ガード[1]
身長(現役時) 186cm (6 ft 1 in)
体重(現役時) 83kg (183 lb)
血液型 B型[1]
足のサイズ 31.0cm
基本情報
愛称 まっちょ
ラテン文字 Ryosuke Mizumachi
誕生日 (1981-09-10) 1981年9月10日(37歳)
日本の旗 日本
出身地 佐賀県伊万里市
ドラフト 2005年 26位 
選手経歴
2005-2008
2008-2010
2010-2018
大分ヒートデビルズ
新潟アルビレックスBB
秋田ノーザンハピネッツ

水町 亮介みずまち りょうすけ1981年9月10日 - )は、佐賀県佐賀市出身の元プロバスケットボール選手である。B.LEAGUE秋田ノーザンハピネッツに所属していた。ポジションはガード。身長186cm、体重83kg[1]

佐賀西高校学習院大学卒業後の2004年に新潟アルビレックスBBの下部組織に入団。2005年のbjリーグ開幕後は大分ヒートデビルズ、新潟アルビレックスBBを経て、2010年に秋田ノーザンハピネッツに移籍。秋田ではキャプテンを務めていた。

自らのプレイを「隙間産業」に例え、目立たないながらも堅実なプレイを身上とした[2][3]

引退後は、引き続きハピネッツ機構に留まり、U15チームの指導などを担当するほか、クラブチーム選手として試合に出場している。

来歴[編集]

小学4年生でバスケットボールを始める。佐賀市立鍋島中学校を卒業後、佐賀西高校に進学し、1998年と1999年にはインターハイに出場した。競技生活は高校までで終えるつもりで学習院大学に進学するが、勧誘を受けバスケットボール部に入部。当時、学習院大は関東大学バスケットボール連盟のリーグでは11部中6部であったが、水町の在学中に9部中3部まで昇格し、4年時には3部のベストファイブにも選出された[3]

大学卒業後の2004年、に新潟アルビレックスの下部組織に入団。2005年のbjリーグドラフト会議で全体26位(7巡目1位)指名を受けて大分ヒートデビルズに入団した。大分では副キャプテンを務めたが、2007-08シーズン終了後に戦力外通告を受けた[3]

2008-09シーズンより、新潟アルビレックスBBへ移籍。2009-10シーズン終了後、エクスパンション・ドラフトにて、2010年新設された秋田ノーザンハピネッツの指名を受け、移籍。新潟からは長谷川誠ポール・ビュートラックアントニオ・バークスも、共に秋田に加わった。水町は初代キャプテンに指名され、2010-11シーズンはレギュラーとしてキャリアハイとなる出場試合数50、出場時間1,458分を記録した[1][3]

個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン
シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2005-06 大分 31 4 14 36.7% 25.0% 76.9% 1.4 1.4 0.5 0 0.9 2
2006-07 大分 22 7 12 43.6% 33.3% 0.0% 1.3 1.2 0.4 0 1 1.8
2007-08 大分 29 5 9 32.4% 0.0% 75.0% 1.2 0.9 0.3 0 0.4 1
2008-09 新潟 29 0 4 42.1% 11.1% 50.0% 0.7 0.2 0.3 0.1 0.4 0.7
2009-10 新潟 35 11 6 41.0% 50.0% 66.7% 0.8 0.6 0.4 0 0.4 1.2
2010-11 秋田 50 45 29 33.2% 30.3% 59.2% 3.1 2.8 1.3 0 1.2 4.6
2011-12 秋田 50 11 18 42.9% 33.8% 51.7% 1.9 1.6 0.8 0 0.6 3.5
2012-13 秋田 44 13 7 46.9% 28.6% 66.7% 1.0 0.9 0.6 0 0.3 1.3
2013-14 秋田 41 0 6.0 45.5% 28.6% 42.9% 0.3 0.7 0.5 0 0.5 1.2
2014-15 秋田 50 13 13.2 47.1 26.5 66.7 1.0 1.5 0.5 0.1 0.6 2.7
2015-16 秋田 52 32 16.2 41.7 28.3 52.6 1.8 2.0 0.8 0.1 0.8 2.9
2016-17 秋田 45 2 10.4 25.0 0 50.0 0.8 0.7 0.4 0 0.6 0.8
2017-18 秋田 48 8 8.4 37.8 22.2 55.6 0.8 0.6 0.4 0 0.7 1.4
合計 526 12.5 39.1 27.9 58.6 1.4 1.2 0.6 0.0 0.6 2.1

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『bjリーグオフィシャルガイドブック 2013-2014』 日本プロバスケットボールリーグ、2013年10月4日
  2. ^ “前半を圧倒した秋田が、東北ダービーを制す”. Basketballnavi. (2011年10月23日). http://basketballnavi.com/2011/10/23/akita_beat_iwate_95-75/ 2014年1月13日閲覧。 
  3. ^ a b c d 古川公弥 (2013年7月6日). “One Step 堅実プレー チーム支える”. 佐賀新聞 (佐賀県佐賀市: 佐賀新聞社) 

外部リンク[編集]