蒲谷正之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
蒲谷正之
Masayuki Kabaya
Kabaya masayuki.jpg
信州ブレイブウォリアーズ  No.3
ポジション シューティングガード
背番号 3
身長 183cm (6 ft 0 in)
体重 80kg (176 lb)
血液型 B型
足のサイズ 29cm
基本情報
本名 蒲谷正之
愛称 "カバ"
ラテン文字 Masayuki Kabaya
日本語 蒲谷正之
誕生日 (1982-07-02) 1982年7月2日(37歳)
日本の旗 日本
出身地 神奈川県横須賀市夏島町
ドラフト 2007年 ドラフト外 
選手経歴
2005-2007
2007-2009
2009-2011
2011-2018
2018
三菱電機
富山グラウジーズ
三菱電機
横浜ビー・コルセアーズ
信州ブレイブウォリアーズ

蒲谷 正之かばや まさゆき1982年7月2日 - )は、神奈川県横須賀市夏島町出身のプロバスケットボール選手である。ポジションはシューティングガード。183cm、80kg。

家族・生い立ち[編集]

富士通レッドウェーブに所属していた蒲谷千恵は実妹。10歳の時にバスケットボールを始める。

高校時代[編集]

横須賀市立追浜中学校から、高校は神奈川県の名門横浜商大高に入学。同期の君塚大輔と共に1年生の時からレギュラーを取り、2年生の時には共にスタメンとしてコンビを組み、同校を3年ぶりのインターハイに導くも1回戦で福岡商業に73vs75で惜敗(この試合、蒲谷は19点)。[1]
同年のウィンターカップにも同校を3年ぶりに導き、出場を果たす。1回戦を突破するも2回戦で日大でチームメイトになる日下光擁する名門新潟商業高校の前に96vs77と完敗(この試合チーム最多の24点。うちスリーポイント5本を決める)。

大学時代~プロ[編集]

日本大学に進学、インカレ優勝に導き、ウィリアム・ジョーンズカップにも出場。

卒業後の2005年三菱電機メルコドルフィンズに入団。2006-07シーズンには準優勝に貢献する。

2007年、三菱入団時のヘッドコーチであった福島雅人が指揮を執る富山グラウジーズに移籍して2シーズン在籍した。2008年3月には週間MVPを受賞している[2]

2009年オフに富山を退団して三菱電機に復帰。

2011年、bjリーグの新規参入チーム・横浜ビー・コルセアーズに移籍。キャプテンに就任した。2011-12シーズンは46試合に出場して、チーム1年目でのプレイオフ進出に貢献。2012年4月には週間MVPを獲得した[3]

2012-13シーズン、蒲谷とトーマス・ケネディドゥレイロン・バーンズの得点力の高いトリオは「ビッグ3」と呼ばれた。2013年4月27日の埼玉ブロンコス戦で39得点をマークして、bjリーグの日本人選手得点記録を更新するとともに週間MVPを受賞。レギュラーシーズン通算では3ポイントシュート成功率43.4パーセントで最高3ポイントシュート成功率のタイトルを獲得した[4]。bjリーグプレーオフ・ファイナルのライジング福岡戦では35得点をマークしてMVPを受賞[5]

2018年5月横浜ビー・コルセアーズとの契約満了が発表された[6]

記録[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
JBLスーパーリーグ 2005-06 三菱電機
JBLスーパーリーグ 2006-07 三菱電機
bjリーグ 2007-08 富山 44 44 14.4
bjリーグ 2008-09 富山 52 52 10.1
JBL 2009-10 三菱電機 42 18.9 .419 .368 .818 1.4 1.2 0.5 0.0 1.3 5.1
JBL 2010-11 三菱電機 18 7.3 .227 .375 --- 0.5 0.5 0.2 0 0.6 0.7
bjリーグ 2011-12 横浜 46 21 29.3 .393 .352 .844 2.1 2.4 0.8 0 1.7 10.9
bjリーグ 2012-13 横浜 52 52 30.6 .435 .434 .863 2.6 2.9 0.9 0.0 1.3 13.3
bjリーグ 2013-14 横浜 50 48 33.3 .422 .396 .883 3.0 3.8 0.8 0.1 2.2 11.6
bjリーグ 2014-15 横浜

脚注[編集]

関連項目[編集]