レジー・ゲーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レジー・ゲーリー
Reggie Geary
Reggie Geary.jpg
三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋 HC
役職 ヘッドコーチ
ポジション
(現役時)
G
身長(現役時) --
体重(現役時) --
基本情報
本名 レジー・ゲーリー
ラテン文字 Reggie Geary
英語 Reggie Elliot Geary
誕生日 1973年8月31日(42歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニュージャージー州トレントン
選手経歴
1996-1997
1997-1998
1998-1999
1999-2000
2000-2001
2001-2002
2002-2003
2003-2004
クリーブランド・キャバリアーズ
サンアントニオ・スパーズ
クワドシティ・サンダーCBA
アイダホ・スタンピード(CBA)
Bnei HaSharon(イスラエル)
ポルト(ポルトガル)
JL Bourg-en-Bresse(フランス)
BC Kyiv(ウクライナ)
指導者経歴
2011-2013
2013-2015
2015-
横浜ビー・コルセアーズ
千葉ジェッツ
三菱電機

レジー・エリオット・ゲーリー(Reggie Elliot Geary、1973年8月31日 - )は、アメリカ合衆国ニュージャージー州出身のバスケットボール指導者である。

来歴[編集]

1992年から1996年にかけてアリゾナ大学でルート・オルセンの下で主力としてプレーし、Pac-10カンファレンスで2度優勝。1994年にNCAA男子バスケットボールトーナメントファイナル4に進出した。

1996年のNBAドラフトにてクリーブランド・キャバリアーズより全体56位指名を受けて入団し、1996-97シーズンは39試合に出場。翌1997-98シーズンはサンアントニオ・スパーズに所属し、62試合に出場[1]

1998年から2000年にかけてCBAでプレー。その後、2000年から2004年までアメリカ国外に出てイスラエルポルトガルフランスウクライナのチームに所属した後に引退。

2004-05シーズンからは指導者に転じ、母校アリゾナ大学やNBDLのアナハイム・アーセナルなどのコーチを歴任。

2011年7月、日本プロバスケットボールリーグ(bjリーグ)の新規参入チーム・横浜ビー・コルセアーズの初代ヘッドコーチに就任[2]2011-12シーズン、チームをリーグ参入初年度でのプレイオフ進出に導き、最優秀コーチ賞を受賞した[3]。翌2012-13シーズンには優勝を達成。

2013年7月、bjからナショナルバスケットボールリーグ(NBL)に転籍した千葉ジェッツのヘッドコーチに就任[4]。2015年6月退任、三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋のヘッドコーチに就任する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Basketball Reference.com (2012年11月24日). “Reggie Reggie Geary NBA Stats”. 2012年11月24日閲覧。
  2. ^ 横浜ビー・コルセアーズ (2011年7月20日). “ヘッド・コーチ契約基本合意のお知らせ”. 2012年11月24日閲覧。
  3. ^ 横浜ビー・コルセアーズ (2012年5月2日). “ジャスティン・バーレル レギュラーシーズンMVP ベスト5 レジー・ゲーリーも最優秀コーチを受賞”. 2012年11月24日閲覧。
  4. ^ “レジー・ゲーリー新ヘッドコーチならびに勝久ジェフリーアシスタントコーチ契約締結のお知らせ” (プレスリリース), 株式会社ASPE, (2013年7月19日), http://www.chibajets.jp/news/detail/2013-07-19/2147