堀田剛司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
堀田剛司
Takeshi Hotta
Hotta takeshi.jpg
金沢武士団
役職 ヘッドコーチ
ポジション(現役時) SF/PF
身長(現役時) 196cm (6 ft 5 in)
体重(現役時) 85kg (187 lb)
血液型 O型
足のサイズ 29.5cm
基本情報
本名 堀田剛司
愛称 "ホッティー"
ラテン文字 Takeshi Hotta
日本語 堀田剛司
誕生日 (1978-02-13) 1978年2月13日(41歳)
日本の旗 日本
出身地 神奈川県
ドラフト 2008年 プロテクト 
選手経歴
2000-2005
2005
2005-2009
2009-2011
2011-2014
新潟アルビレックス
福岡レッドファルコンズ
浜松・東三河フェニックス
三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ
横浜ビー・コルセアーズ

堀田 剛司ほった たけし1978年2月13日 - )は、神奈川県出身の元プロバスケットボール選手である。ポジションはスモールフォワードパワーフォワード。身長196cm、体重85kg。湘南工科大学附属高等学校日本体育大学卒業。

来歴[編集]

13歳の時にバスケットボールを始める。 湘南工大附属高校から日本体育大学を経て、新潟アルビレックスに入団。

2003年には日本代表にも選ばれた。

2005年、新潟アルビレックスのbjリーグ転籍に伴い、福岡レッドファルコンズに移籍したが、シーズン途中でチームが解散となったためオーエスジー(現在の浜松・東三河フェニックス)へ移籍。福岡からJBLへの移籍選手第1号となった。堀田は、新潟アルビレックス、オーエスジーフェニックス東三河の複数チームにおいてJBLからbjリーグへ転籍するチームの最終年度に所属していた唯一の選手である。

2008-2009シーズンからbjリーグの浜松・東三河フェニックスでプレーする。JBLでプレーするのかbjリーグでプレーするのか相当迷ったようだが、「時の流れに身を任せた方がいい」という理由でフェニックス残留を選んだ。

2009年オフ、三菱電機ダイヤモンドドルフィンズへ移籍。

2011年、地元からbjリーグに参戦する横浜ビー・コルセアーズに移籍。2013-14シーズンを最後に引退[1]、フロント入りした[2]

2016年より新潟アルビレックスBBのアシスタントコーチを務める。

2017年オフ、B2昇格を果たした金沢武士団のヘッドコーチに就任[3]

経歴[編集]

  • 大綱中学校 - 湘南工大附属高 - 日本体育大学 - 新潟アルビレックス(2000年~2005年) - 福岡レッドファルコンズ(2005年) - オーエスジー/浜松・東三河(2005年~2009年) - 三菱電機(2009年~2011年)- 横浜ビー・コルセアーズ(2011年~2014年)

脚注[編集]

  1. ^ 堀田剛司選手 現役引退のお知らせ”. 横浜ビー・コルセアーズ公式サイト (2014年6月20日). 2014年7月7日閲覧。
  2. ^ 堀田剛司元選手 フロントスタッフ就任のお知らせ”. 横浜ビー・コルセアーズ公式サイト (2014年7月1日). 2014年7月7日閲覧。
  3. ^ 堀田剛司ヘッドコーチ就任のお知らせ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]