棟方公寿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
棟方公寿
KOJU Munakata
Munakata koju 20111022.jpg
東京羽田ヴィッキーズ HC
役職 ヘッドコーチ
--
--
基本情報
本名 棟方公寿
ラテン文字 KOJU Munakata
日本語 棟方公寿
誕生日 (1967-01-10) 1967年1月10日(51歳)
日本の旗 日本
出身地 青森県
ドラフト  
選手経歴
1989-1998
1998-2006
日本鉱業/ジャパンエナジー
トヨタ自動車
指導者経歴
2008-2010
2011-2013
2013-2015
2015-2016
2016-2017
2017-
トヨタ自動車
日立ハイテク
青森ワッツ
信州ブレイブウォリアーズ
山形ワイヴァンズ
東京羽田

棟方 公寿(むなかた こうじゅ、1967年1月10日 - )は、青森県出身のバスケットボール選手・指導者である。現役時代のポジションはガード。

来歴[編集]

弘前実業高校から拓殖大学を経て、1989年に日本鉱業(後のジャパンエナジー、現・JX金属)に入社しバスケットボール部に所属。

1993年、オールジャパン優勝に貢献。

1998年、ジャパンエナジー休部に伴い、トヨタ自動車ペイサーズ(現アルバルク)に移籍。主将も務め、スーパーリーグ2001-02優勝に貢献。

2005年、選手兼任アシスタントコーチに就任。

2度の年間ベスト5賞など個人タイトルも獲得し、スーパーリーグ2005-06優勝を花道に引退。アシスタントコーチ専任となる。

2008年、トヨタ自動車アルバルクヘッドコーチに就任。2010年、ヘッドコーチを退任。

2011年、日立ハイテク クーガーズヘッドコーチ就任。

2013年退任、同年、地元からbjリーグに新規参入する青森ワッツのヘッドコーチに就任。2シーズン連続でチームをプレイオフに導く実績を残した。

2015年限りで青森のヘッドコーチを退任[1]。同年より信州ブレイブウォリアーズのヘッドコーチに就任[2]

2016年、パスラボ山形ワイヴァンズのヘッドコーチに就任[3]。2017年退任[4]。その後東京羽田ヴィッキーズのHCに就任した[5]

経歴[編集]

  • 弘前実業高 - 拓殖大 - 日本鉱業/ジャパンエナジー(1989年〜1998年) - トヨタ自動車(1998年〜2006年、2005年よりAC兼任) - トヨタ自動車AC(2006年〜2008年) - トヨタ自動車HC(2008年〜2010年) - 日立ハイテクHC(2011年~2013年) - 青森ワッツHC(2013年~2015年) - 信州ブレイブウォリアーズ(2015年~2016年) - パスラボ山形ワイヴァンズ(2016年~2017年) - 東京羽田(2017年~)

受賞歴[編集]

  • 1992年 日本リーグアシスト王・年間ベスト5賞
  • 1994年 日本リーグベスト5
  • 2001年 年間ベスト5賞

日本代表歴[編集]

  • 1989年ユニバーシアード

脚注[編集]

  1. ^ “【チーム】棟方公寿ヘッドコーチ契約満了のお知らせ”. 青森ワッツ. (2015年6月2日). http://www.aomori-wats.com/19909/ 2015年6月9日閲覧。 
  2. ^ “ヘッドコーチ契約締結のお知らせ”. 信州ブレイブウォリアーズ. (2015年6月8日). http://www.b-warriors.net/archives/15238 2015年6月9日閲覧。 
  3. ^ “棟方公寿ヘッドコーチ契約合意のお知らせ”. パスラボ山形ワイヴァンズ. (2016年6月2日). http://www.passlab.jp/wyverns/archives/8772 2016年6月2日閲覧。 
  4. ^ “棟方公寿ヘッドコーチ 退団のお知らせ”. パスラボ山形ワイヴァンズ. (2017年5月31日). https://www.wyverns.jp/news/25348.html 2017年5月31日閲覧。 
  5. ^ “コーチ契約合意のお知らせ(棟方公寿HC、高橋翔AC)”. 東京羽田ヴィッキーズ. (2017年6月5日). http://vickies.jp/2017/06/05/8497/ 2017年6月5日閲覧。 

関連項目[編集]