松山傑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
松山 傑
Suguru Matsuyama, pitcher of the Yokohama BayStars, at Yokosuka Stadium.JPG
横浜時代
(2010年11月20日、横須賀スタジアムにて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県横浜市金沢区
生年月日 (1989-09-08) 1989年9月8日(30歳)
身長
体重
180 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2007年 高校生ドラフト5巡目
初出場 NPB / 2010年8月14日
最終出場 NPB / 2010年8月24日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴

松山 傑(まつやま すぐる、1989年9月8日 - )は、神奈川県横浜市金沢区出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。

経歴[編集]

横浜商大高時代、2年時の2006年夏の神奈川県予選でベスト4になるが、2007年2月に右肩を痛めたため、最後の夏の大会では県5回戦敗退と、全国的には無名の存在であった。

2007年10月3日高校生ドラフト北海道日本ハムファイターズから5巡目で指名を受けた(ドラフト前に行われた入団テストに豊島明好とともに合格)。

2009年11月25日加藤武治松家卓弘関口雄大との交換トレードで、稲田直人坂元弥太郎と共に横浜ベイスターズへ移籍した。

2010年8月14日、プロ初登板を果たす。

2011年は一軍での登板は無く、二軍でも21試合に登板するも防御率5.96に終わった。同年10月9日、戦力外通告を受けた[2]。12月2日、自由契約公示された。

2012年1月17日、ベースボール・チャレンジ・リーグ(BCリーグ)の石川ミリオンスターズへ入団した[3]。2012年オフはBCリーグからの派遣でコロンビア・ウインターリーグに参加[4]2013年11月2日、球団から退団が発表された[5]

選手としての特徴・人物[編集]

投球のほとんどが最速148km/hのストレートであるが、スライダーを軸に、カーブチェンジアップといった変化球も投げる。

目標とする投手は、同僚だったダルビッシュ有松坂大輔

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2010 横浜 5 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 21 4.0 4 0 4 0 1 1 0 1 4 4 9.00 2.00
通算:1年 5 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 21 4.0 4 0 4 0 1 1 0 1 4 4 9.00 2.00

記録[編集]

NPB

独立リーグでの投手成績[編集]










































W
H
I
P
2012 石川 28 0 2 3 1 .400 369 80.2 93 3 32 7 69 6 0 48 35 3.90 1.55
通算:1年 28 0 2 3 1 .400 369 80.2 93 3 32 7 69 6 0 48 35 3.90 1.55

背番号[編集]

  • 57 (2008年 - 2009年)
  • 64 (2010年 - 2011年)
  • 18 (2012年 - 2013年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ DEFINIDOS ROSTERS PARA EL JUEGO DE ESTRELLAS 2012 DE LA LCBP”. TREMENDO SWING (2012年12月17日). 2018年1月26日閲覧。
  2. ^ 2012年の選手契約について”. 横浜ベイスターズ (2011年10月9日). 2011年10月21日閲覧。[リンク切れ]
  3. ^ 新入団選手のお知らせ”. 石川ミリオンスターズ 公式ページ (2012年1月17日). 2012年1月19日閲覧。[リンク切れ]
  4. ^ コロンビア・ウインターリーグ 篠田・小川投手が参加”. 信濃グランセローズ (2012年10月31日). 2018年1月26日閲覧。
  5. ^ 退団選手のお知らせ”. 石川ミリオンスターズ 公式ページ (2013年11月2日). 2013年11月7日閲覧。[リンク切れ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]