豊島明好

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
豊島 明好
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 石川県加賀市
生年月日 (1990-01-16) 1990年1月16日(28歳)
身長
体重
170 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2007年 高校生ドラフト6巡目
初出場 2008年3月26日
最終出場 2008年4月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

豊島 明好(とよしま あきよし、1990年1月16日 - )は、石川県加賀市出身の元プロ野球選手投手)。左投左打。現在は横浜DeNAベイスターズ打撃投手を務める。

経歴[編集]

中学1年生で父を急性心筋梗塞で、2年生で母を乳がんで相次いで亡くし、13歳年上の姉に面倒を見てもらっていた[1]北陸大谷高等学校時代は野球部監督の自宅で下宿し、毎朝5時に起床し午後9時頃まで野球に没頭する生活を送っていた[2]北海道日本ハムの入団テストを受け合格し、2007年の高校生ドラフト会議で日本ハムに6巡目で指名され、契約金1500万円、年俸450万円で入団。

2008年、オープン戦で好投し、セ・パ両リーグの高卒新人で唯一、日本ハムの高卒新人投手では工藤幹夫以来29年ぶりとなる開幕一軍に選ばれると、同年3月26日の開幕5戦目・対埼玉西武ライオンズ戦(札幌ドーム)で0-8とリードされた8回に初登板を果たし、1回を三者凡退に抑えた[3]。これがNPB史上初の平成生まれの選手の一軍出場となった。同年4月2日の対福岡ソフトバンクホークス戦(北九州市民球場)で0-9とリードされた7回に2試合目の登板を果たし1回を無失点に抑えたが、これが最後の一軍出場となった。

翌2009年3月17日のオリックス・バファローズとのオープン戦では6回表にグレッグ・ラロッカアレックス・カブレラタフィ・ローズホセ・フェルナンデスの外国人カルテットに1イニング4本塁打を浴びるなど、低迷が続いた。その後も一軍出場が無く、2010年10月1日戦力外通告を受けた。本人は現役続行を望んでいたため合同トライアウトを受験する予定だったが、11月5日に自身のブログで現役引退と、横浜DeNAベイスターズ打撃投手就任を表明した[4]

2011年のインタビューで、「1年目のオフに自主トレを大した目的意識もないまま調整程度にこなしてしまい、それをたまたま見に来たコーチに「豊島はいい加減に自主トレをする奴」という悪印象を与えてしまった。戦力外通告を受けた時も、フロントから「自主トレを真面目にやってほしかった」と言われた」と答えている[5]

選手としての特徴[編集]

小柄ながら140km/h前後のキレのあるストレートスライダーカーブといった変化球を操る左腕。マウンド上で動じない精神力も武器。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2008 日本ハム 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 8 2.0 1 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0.00 1.00
通算:1年 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 8 2.0 1 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0.00 1.00

記録[編集]

背番号[編集]

  • 67 (2008年 - 2010年)
  • 109 (2011年 - 2014年)
  • 124 (2015年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]