村田和哉 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
村田 和哉
NF-Kazuya-Murata20120310.jpg
日本ハム選手時代
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県流山市
生年月日 (1985-07-23) 1985年7月23日(32歳)
身長
体重
167 cm
65 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2007年 大学生・社会人ドラフト4巡目
初出場 NPB / 2008年4月5日
最終出場 NPB / 2014年8月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 福島ホープス (2015)

村田 和哉(むらた かずや、1985年7月23日 - )は、千葉県流山市出身の元プロ野球選手外野手、右投左打)・コーチ2016年より北海道日本ハムファイターズ・ベースボールアカデミーのコーチを務めている[1]

経歴[編集]

小学校4年生の時に地元の少年野球チーム「加岸クラブ」で野球を始め、最初は1番ショート。子供の頃から足が速かったことから野球チームに誘われたとのことで、田中一徳(元横浜)のプレーを見て、自分でも出来るかなと思い始めたと言い、その時からすでにプロになりたいと思っていた[2]。このチームの先輩には押本健彦がいる[3]。元々は右打ちであったが、俊足を生かせるように少年時代の指導者から左打ちにするよう勧められた。

市立船橋高校では甲子園出場経験はない。その後東都中央大学に入学。1年春から出場、秋からレギュラーとなり、常に打率3割台を記録。3年春からチームは2部に降格するが、1部・2部通算で107安打を記録した。1年秋と2年秋にベストナインを獲得。4年時には主将を務めた。

2007年プロ野球ドラフト会議(大学生・社会人ほか対象)で日本ハムから4巡目指名を受け入団。入団時には「体格に恵まれない野球少年や、いろいろな境遇の人たちに、夢や希望、励ましを与えられる選手になりたい」と語った。

プロ入り後[編集]

2008年、一軍で15試合に出場し、二軍では75試合に出場し、打率.290、出塁率.369、35盗塁でイースタン・リーグ最多盗塁を獲得した。

2009年、44試合の出場で55打数ながら打率.291を記録し、8盗塁も記録した。

2010年、二軍では74試合の出場で打率.283、出塁率.359、13盗塁を記録したが、一軍では19試合の出場で打率.207に終わり、盗塁も記録できなかった。

2011年、主に中田翔の守る左翼手の守備固めで出場が多かった。

2014年10月21日に球団より戦力外通告を受けた[4]

2015年ベースボール・チャレンジ・リーグ福島ホープスにて選手兼任コーチとしてプレー[5]10月26日付で退団した[6]

現役引退後[編集]

現役を引退し、2016年より日本ハムのベースボールアカデミー・コーチに就任。[1]

選手としての特徴・人物[編集]

一塁到達3.71秒の俊足を誇り[7]、高校時代には体育祭の100メートル走で陸上部員に勝ったことがあるという[8]

高校時代はチーターの様な走りから「南米の黒豹」と称されていた。

目標とする選手は、同じく俊足で有名だった元阪神タイガース赤星憲広と、ファイターズの先輩の田中賢介[2]

大学時代の3期先輩である亀井義行からは、走り打ちを避けバットをきちんと振り切るようアドバイスされていた[9]

高校時代の同級生に東京ヴェルディ佐藤優也VVVフェンローカレン・ロバート柏レイソル増嶋竜也らがいる。

外野手であることに加え低身長が俊足を際立たせることもあってか、日本ハムOBで野球解説者岩本勉から「リアルピノ」と呼ばれている[10]

2010年オフに、一軍でやり通す覚悟で逃げ道を失わせるため、鎌ヶ谷の寮を引き払い、札幌市内にマンションを借り住民票を移した[11]

父は時間があれば各地へ山登りに行くほど大の登山好きで、『想い出の山日記 150座』という著書を文芸社から出版している。村田も子供の頃は父と一緒に登山に行ったとのことだが「登山は特に好きではない」という[10]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2008 日本ハム 15 40 34 5 8 0 0 0 8 1 0 3 3 0 2 0 1 12 0 .235 .297 .235 .533
2009 44 61 55 15 16 1 2 0 21 5 8 1 2 0 4 0 0 9 1 .291 .339 .382 .721
2010 19 37 29 2 6 0 0 0 6 2 0 1 3 2 3 0 0 4 1 .207 .265 .207 .472
2011 52 23 22 10 7 0 0 0 7 1 4 2 1 0 0 0 0 6 0 .318 .318 .318 .636
2012 15 10 9 3 1 0 0 0 1 0 0 1 0 0 1 0 0 3 0 .111 .200 .111 .311
2013 24 29 24 2 8 0 0 0 8 0 3 1 2 0 3 0 0 4 0 .333 .407 .333 .740
2014 42 63 58 13 12 0 1 0 14 1 2 4 3 0 2 0 0 19 1 .207 .233 .241 .474
通算:7年 211 263 231 50 58 1 3 0 65 10 17 13 14 2 15 0 1 57 3 .251 .314 .297 .611

年度別守備成績[編集]


外野
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
2008 13 25 0 1 0 .962
2009 32 25 0 0 0 1.000
2010 13 15 0 0 0 1.000
2011 40 14 0 0 0 1.000
2012 2 2 0 0 0 1.000
2013 22 28 0 0 0 1.000
2014 35 37 0 0 0 1.000
通算 157 146 0 1 0 .993

記録[編集]

NPB

独立リーグでの打撃成績[編集]











































O
P
S
2015 福島 49 184 35 50 7 2 0 15 27 11 2 7 0 16 0 2 .272 .320 .380 .700
通算:1年 49 184 35 50 7 2 0 15 27 11 2 7 0 16 0 2 .272 .320 .380 .700

背番号[編集]

  • 51 (2008年 - 2014年)
  • 24 (2015年)

登場曲[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b ファイターズアカデミー Archived 2016年11月17日, at the Wayback Machine..日本ハム球団公式サイト.2016年11月11日閲覧。
  2. ^ a b 村田和哉選手”. 財界さっぽろ スポーツ情報 (2009-07-00). 2014年7月18日閲覧。[リンク切れ]
  3. ^ 押本は日本ハムに在籍経験があるが、2008年1月に東京ヤクルトスワローズへ移籍しているため村田とプロでチームメイトにはなっていない。
  4. ^ 来季契約について日本ハム球団公式サイト2014年10月21日配信
  5. ^ 日本ハム退団村田がBCリーグ福島入り 2014年12月3日閲覧。
  6. ^ 退団選手のお知らせ 2015年10月27日閲覧。
  7. ^ 小関順二 『WBC日本代表はなぜ世界一になれたのか?』 ぴあ株式会社、2009年、103-105頁。ISBN 978-4-8356-1740-4
  8. ^ 週刊ベースボール2007年4月14日増刊 大学野球2007春季リーグ展望号
  9. ^ 週刊ベースボール2007年4月14日増刊 大学野球2007春季リーグ展望号
  10. ^ a b ハム番日記『ルーキー村田のお父さんは?』”. 日刊スポーツ (2008年7月26日). 2014年7月18日閲覧。
  11. ^ “ハム村田が来季飛躍へ決意の退寮”. 日刊スポーツ. (2010年12月24日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20101224-716985.html 2012年11月18日閲覧。 
  12. ^ 2013年選手登場曲 Archived 2016年10月13日, at the Wayback Machine..北海道日本ハムファイターズ.2016年11月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]