ピノ (ゲームキャラクター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ピノPINO)は、1986年に発表されたナムコ(後のバンダイナムコエンターテインメント。BNEI)のアクションゲームトイポップ』の主人公及び、BNEIの野球ゲームファミスタシリーズ』などに登場する架空のプロ野球チーム「ナムコスターズ」に登録された架空のプロ野球選手(外野手)である。

『プロ野球 ファミスタ リターンズ』での担当声優落合福嗣[1]

トイポップの主人公[編集]

『トイポップ』は画面固定のアクションゲームで、悪い魔女に捕らわれた仲間を救いにピノとパートナーのアチャ(由来は赤ずきん)が行くというストーリーである。メルヘンタッチで可愛らしいグラフィックとは裏腹に、難易度は異常に高かった。 アーケードゲームとして登場した後、家庭用ゲーム機への移植は、登場から9年たった1995年プレイステーション用ソフトとして発売された『ナムコミュージアム』が初めてかつ唯一である。そのためもあり、同時期のナムコのゲームの中では知名度がいささか低い。なお、パソコンではX1Windowsに移植されており、2007年には携帯電話アプリ版が登場している。

ピノは1プレイヤー側の主人公である。名前の由来はピノキオから。2プレイヤー側のアチャより若干足が速い。

プレイ中に箱の中から出現するアイテムの一つである「ブーツ」(ジェット・ブーツともいう)を取ると、一定時間であるがプレイヤーが制御不能に陥るほどの俊足となる。後述する「ピノ=俊足」の定義は、この現象によるものと推察できる。

架空の野球選手[編集]

ピノ
ナムコスターズ #2
基本情報
出身地 沖縄県
生年月日 (1974-06-12) 1974年6月12日(43歳)
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ファミスタシリーズにおける「ピノ」は、打ってから1塁到達までわずか2.5秒[2]と実際のプロ野球選手よりも速い走力を持つ超俊足のバッターとして知られる[3]。『プロ野球ファミリースタジアム』(初代ファミスタ)では代打として登録されており(この時の一番打者は「まつぴ」であった)。翌年の『ファミスタ'87』より一番打者として固定され、家庭用ゲーム機版を中心にナムコスターズの登場する作品で概ね登録されている。このうち、MSX2版『プロ野球ファミリースタジアム』では未登録となっている。このことについて、当時のゲーム雑誌『MSXマガジン』では「寄る年波には勝てない」と理由づけされている。

主に初期の作品では、選手名表記は平仮名が基本だったため「ぴの」であったが、『スーパーファミスタ2』以降は基本的に「ピノ」で定着している。

投打は、基本的に左投げ左打ちとなっているが、『SUPERワールドスタジアムシリーズ』(同シリーズでは、'98以降に登場しており、球団名も東京ナムコスターズ→ナムコオールスターズと変遷している)では、右投げ右打ちとなっている。

背番号は、元々8に設定されていた[4]が、『SUPERワールドスタジアムシリーズ』、『プロ野球 ファミスタオンライン』以降の作品では2に設定されている。

ファミスタ64』(1997年発売)で設定されている誕生日[5]6月12日。同作のガイドブックでは、誕生日の欄に生年も含まれており、1974年6月12日と記載。これは、松井秀喜と同じ生年月日である。また、同作は出身地[6]沖縄県に設定されている。

2011年発売の『プロ野球 ファミスタ2011』では、ナムコスターズが1990年代以降のキャラクター中心になった事に伴い、主砲のパックらと共に、1980年代までのキャラクターで構成される新チームナムコレジェンズの所属となっている[7]。一方で、『プロ野球 ファミスタオンラインシリーズ』では引き続きナムコスターズの選手として登録されている。

既婚者であり、「ピノジュニア」という俊足の息子がいる[2]

野球選手としての能力[編集]

作品によってはフライを打ち上げない限りゴロさえ転がせば、かなりの確率で出塁でき、三塁までの盗塁成功率も高く(一塁からなら捕手が二塁に送球する間に三塁まで進めるほどの走力である)、そこからスクイズすれば1点が取れる場合がある。

登場している作品の多くは、ゲーム中に表示される成績は打率2割5分前後、本塁打5本以下であるが、一部作品では2割7分以上の打率が表示されていることもある。

守備力は、作品によって変動が激しい時期もあったが、概ね平均ないしはそれより上のレベルをキープしている。

シリーズを通して作中最速というわけではなく、漫画『巨人の星』に登場する俊足選手・速水譲次がモデルとされるアニメスターズの「はやみ」などに作中最速の地位を取られていたこともある。また初期やPS版以降の作品では、ゴロさえ転がせば確実に出塁出来る、というほどの走力は設定されていない。

人並み外れた足の速さをもつことについて、トイポップ・初代ファミスタ双方の開発を担当した岸本好弘が『スーパーファミスタ2百科』(1993年小学館発行。書籍コード:ISBN 4091024327)でのインタビューにおいて、「目立たせようと思った」という旨の発言している。

打撃成績・走力値[編集]

走力の参考の目安として、発売日の直近のシーズンのリーグ盗塁王の作中での走力も記す。

ファミコン版ファミスタ[編集]

『ファミスタ'89』[8]以外はすべてシーズン終了後に当たる12月発売。'90[9]以降は、発売翌年の年度をタイトルに入れている。また、『ファミスタ'88』から'92までの実在選手は変名を用いている)。







リーグ盗塁王の走力
セ・リーグ パ・リーグ
86 .260 1 24 屋鋪要
平野謙
19
18
西村徳文 19
87 .260 2 22 屋鋪要 19 西村徳文
大石第二朗
18
17
88 .260 2 22 屋鋪要 17 西村徳文 18
89 .250 2 22 (シーズン途中の発売の為、省略)
90 .260 2 22 正田耕三 16 西村徳文 17
91 .260 4 22 緒方耕一
野村謙二郎
16
16
秋山幸二 17
92 .260 4 40 野村謙二郎 16 大野久 17
93 .278 4 40 飯田哲也 16 佐々木誠 17
94 .230 2 40 緒方耕一
石井琢朗
14
16
大石大二郎 16

スーパーファミコン版[編集]

発売はいずれも2月下旬 - 3月(シーズン開幕前)であるため、リーグ盗塁王は発売前年の盗塁王を記す。1作目『スーパーファミスタ』は便宜上1と記す。なお、1は打点の項目が無い。










リーグ盗塁王の走力
セ・リーグ パ・リーグ
1 1991 .250 4 - 36 緒方耕一
野村謙二郎
13
16
秋山幸二 16
2 1992 .230 2 14 36 野村謙二郎 16 大野久 16
3 1993 .234 2 20 40 飯田哲也 16 佐々木誠 17
4 1994 .243 0 38 40 緒方耕一
石井琢朗
15
16
大石大二郎 16
5 1995 .253 0 35 40 野村謙二郎 16 佐々木誠 16

オンライン[編集]

打撃成績などは表示されないため、走力のみ記す。また、複数のレアリティが存在するため、ピノは最高レアリティカード、盗塁王選手は最多盗塁カード(プレミア・レインボーカード)の数値を示す。



リーグ盗塁王の走力
セ・リーグ パ・リーグ
2006 70 青木宣親 59 西岡剛 58
2007 70 荒木雅博 59 片岡易之 53
2008 70 福地寿樹 61 片岡易之 62
2009 72 福地寿樹 64 片岡易之 63
2010 72 梵英心 51 片岡易之
本多雄一
66
59
2011 70 藤村大介 55 本多雄一 65
2012 70 大島洋平 48 聖澤諒 65
2013 69 丸佳浩 49 陽岱鋼 52

エピソード[編集]

テレビ番組『プロ野球ニュース』の「プロ野球選手が選ぶ20世紀ベストナイン」という企画で、当時オリックス・ブルーウェーブ谷佳知外野手部門で、イチローを外してピノを選んでいる。

2007年、千葉ロッテマリーンズ早川大輔は、幼いころからの理想の野球選手としてぴのを挙げており、将来的には登録名を「ぴの早川」にしたいと『東京スポーツ』紙上で語っていた[10]

現実に、足の速い野球選手を指して「ピノみたいだ」と形容されることがある。以下、その事例である。

脚注[編集]

  1. ^ ムービー”. プロ野球 ファミスタ リターンズ | バンダイナムコエンターテインメント公式サイト. 2015年9月26日閲覧。
  2. ^ a b 週刊ベースボール2017年7月17日号、p16。
  3. ^ 特にファミスタ'92からは、走力40の設定となった。
  4. ^ ファミコン版の'93'94、スーパーファミコン版の45プレイステーション版『ワールドスタジアムシリーズ』、『ファミスタ64』、『ファミスタアドバンス』、『ファミリースタジアム2003』より参照。
  5. ^ この誕生日というパラメータは、「君の最強チーム」モードで歳をとる日、「ペナント」モードで該当する日に試合がある場合、調子が絶好調になるという二つの影響がある。
  6. ^ 「君の最強チーム」モードで登場する際の出没地。
  7. ^ 『プロ野球 ファミスタ2011』伝説のナムコキャラが揃ったチーム“ナムコレジェンズ”登場!ファミ通.com
  8. ^ 発売は1989年7月。
  9. ^ 発売は1989年12月。
  10. ^ 『東京スポーツ』2007年7月5日付
  11. ^ 2008年、テレビ番組『J-SPO』(TBS、同年12月21日付放送分)でのインタビューより参考リンク(livedoorスポーツ)

参考文献[編集]

  • ファミダス キャラクター編
2005年12月26日発売、マイクロデザイン発行。書籍コード:ISBN 9784896372298