ファミスタ.熱闘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ファミスタ.熱闘』(ファミスタ ドット ねっとう[1])は、かつてバンダイナムコゲームス(NBGI)が2010年からハンゲ.jpmobage(旧モバゲーTOWN)で配信されていた携帯電話i-modeEZwebYahoo!ケータイ)向けソーシャルゲーム

本項では、改良版の続編『ファミスタ.熱闘 -君とナイン-』についても解説する。

ファミスタ.熱闘[編集]

NBGI・ナムコレーベルの野球ゲーム・ファミスタシリーズをベースとするソーシャルゲームで、2010年4月22日にサービス開始。2005年より配信しているオンラインゲームプロ野球ファミスタオンライン』に続き、NBGIとハンゲーム運営元・NHN Japanの共同開発・運営となっている。基本プレイ無料(通信費用別)、一部アイテム課金方式。

続編『君とナイン』へのサービス移行に伴い、2011年6月を以てサービスを終了した。

ゲームシステム[編集]

プレイヤーは最初にチーム名を設定し、特訓と試合を繰り返しながらリーグ戦優勝を目指す。選手個人の名前や能力値などの設定は無く、スキル・パワー・スピードの3種類のチーム能力のみが設定されている。

特訓[編集]

特訓球(時間経過かアイテムで回復)の数に応じて選手を特訓する。特訓は全て自動で行われ、ボタンを12回押し特訓に成功した場合はフィールド上の選手9名の頭上に「Power Up」表示が出てスキル・パワー・スピードのいずれかの能力が成長する。通常特訓の場合、成長する能力はランダムだがアイテムを使用すると特定の能力を優先的に鍛えられる。

また、チームが一定レベルに達すると「スキル習得特訓」を受けられる。この特訓は通常の試合と同じ形式で行われ、1イニング(プレイヤーは必ず先攻)で相手投手から得点を奪って相手の攻撃を防ぎ切ると特訓成功となり、試合を有利に進められる様々なスキルを身に付けられる。

試合[編集]

試合球(時間経過かアイテムで回復)を消費して他のプレイヤーと対戦する。試合はフルオート形式で進行し、試合の途中でスキル・パワー・スピードの3種類のパラメータにじゃんけん方式の三すくみを組み合わせた相性でヒットかアウトが決まり、これを繰り返しながら試合を消化して行く。「パー対グー」のように三すくみで勝った場合、その打席に限り対応した能力値が2倍になる(相手も同様)。これを繰り返しながら、ルーキー・アマチュア・マイナーと所属リーグのランクを上げながら優勝を目指して行く。

また、ファミ友(他のプレイヤー)が育てているチームの選手を「助っ人」として臨時でチームに加入させることも出来る。

ファミスタ.熱闘 -君とナイン-[編集]

2010年10月25日よりサービスを開始したシリーズ第2弾。前作よりもデータを細分化し、選手個人(データは架空)のパラメータを導入。また、球団施設の設備投資など経営シミュレーション的な要素が強化されている。

オープン戦やファミスタトーナメントの対戦相手は大半が本作限定の架空のチームだが、中には『ワールドスタジアムEX』に登場した草野球エラーズのように過去のシリーズ作品に登場した球団や、ナムコスターズ・戦国サムライズのようなシリーズで定番となっている球団も登場。150名以上の選手を収集するトレーディングカードゲームの要素も付加されている。

2011年12月5日より、iPhoneAndroid用アプリケーションの配信を開始した[2]

2015年3月25日をもってサービスを終了した。

ゲーム進行[編集]

前作と異なり、特訓はチーム全体でなく選手個人を対象に行うようになっている。選手により攻撃・守備・走塁・投球(投球は投手のみ、それ以外の3種は野手)の4タイプが存在し、それぞれのタイプに合わせた育成を行うことで選手のレベルを上げて行く。特訓用の設備に投資を行うことで、一度のレベルアップで成長する能力値を底上げすることが可能。また、個々の選手は活躍出来る期間の「ピーク」が存在し、ピークを過ぎた選手はレベルが高くなっても能力が著しくダウンするため引退勧告を行うことになる。

試合の種類[編集]

通常のオープン戦と、本作より登場した「ファミスタトーナメント」の2種類が存在する。いずれも試合球(時間経過かアイテムで回復)を消費。

  • オープン戦
オリジナルチームと対戦する。オープン戦で5勝することがファミスタトーナメントの参加資格となっている。
  • ファミスタトーナメント
複数のランクが存在し、最初はオープン戦で5勝、その後はトーナメントで優勝した後に再度、オープン戦で5勝すればエントリーが可能になる。トーナメントは3勝すれば優勝であるが、途中で敗れても再挑戦可能。最初に挑戦するルーキートーナメントは1回、ビギナーズ以降のトーナメントは通期で3回優勝するごとにランクが上がって行く。
  • ファン争奪戦
他のプレイヤーと対戦する。勝敗によりファン数が増減し、1回の試合で得られるFPが変化する。

登場するチーム一覧[編集]

  • 太字は決勝戦で対戦するチーム(固定)。予選・準決勝で登場するチームはランクが上がるとオープン戦にも登場する。
トーナメント チーム名 監督 初出タイトル
(オープン戦) ネガーズ 殿道 六太郎
ペーソス 瀬中手 語
コールズ 氷藤 ぎん スーパーファミスタ[3]
リーマンズ 襟糸 海道 SUPERワールドスタジアム'98[4]
オーシャンハーベスト 寿 つかさ スーパーファミスタ2
ルーキー シローツ 頭武 シロト
ツナギーズ 尻鳥 南太 スーパーファミスタ3[5]
草野球エラーズ 股茂 失作 ワールドスタジアムEX
ビギナーズ ウケローズ 沼野 かっぱ スーパーファミスタ3
もえたんず もえたん
ヤンチャーズ 権田野 ゴン ワンダースタジアム[6]
アニマルズ 吠田 けん スーパーファミスタ[7]
レッズ 名園伏 免 スーパーファミスタ
フレッシュマン ハニースイーツ 栗野 たると スーパーファミスタ2
キャロッツ 一本手 人仁
ウィンズ 春市 ばん スーパーファミスタ2
スカイバーズ ポッポ波戸山 スーパーファミスタ[8]
シスターズ1号 双生 マナ
ジュニア クラブス 波佐見 平八
レフティーズ 左内 さわん プロ野球ファミスタDS[9]
フィッシャーズ 魚棚 青次 スーパーファミスタ[10]
2丁目ドリームス 岡馬 鴨音
シスターズ2号 双生 カナ
アマチュア 大和撫子プリティーズ 椿 なでしこ SUPERワールドスタジアム'98[11]
シャインズ 曽且木 太陽
ジョーモンズ 丈文寺 仁
ボディコンシャス 流芽 ひとみ スーパーファミスタ2
サウルス 須手古 竜 スーパーファミスタ[12]
マイナーズ ジューシーフルーツ 桜野 ちえり スーパーファミスタ2
カットバス 鉄野 つとむ スーパーファミスタ3
スピードスターズ 風間 はやて
スパイシーズ 杏瀬 りか スーパーファミスタ2
パワーズ D.ラングレー
Aクラス ギャルズ 水輝 あげは
アイアンズ 鋼野 堅造 スーパーファミスタ
ニンジャーズ 服部 しのぶ
アストロズ 未知野 政明 スーパーファミスタ
ヒロインズ キャメロン ファミリースタジアムDX[13]
ダブルAクラス ワイルズ 鬼炎 万丈
ウォリアーズ 具凛辺 レイ
ひめざんす 椿姫 れいな MSX2版[14]
ラ・ヴィ・アン・ローズ 香辺良 望 スーパーファミスタ2
侍ケンゴーズ 佐々木 コジロ
トリプルAクラス ジュワイオクチュール 阿久亜 まりん スーパーファミスタ2
コズモプラネッツ 陣高 英成
メカニカルロボッツ ジェットE ワールドスタジアムEX
徳川チェリーズ 諸大 家康 ワールドスタジアム3
ヒーローズ[15] 昔野井 仁 スーパーファミスタ2
リバイバル 草野球エラーズ (再登場)
レッズ
サウルス
草ヤンキース 戸坂 きめる
リベンジマッチ シスターズ1号 (再登場)
シスターズ2号
パワーズ
ブーヤンズ デイブ・M
(イベント戦) アクダマーズ 阿久 玉三郎 携帯アプリ版
宝船ホーセン 宝船 福太郎
(スカウト限定) ナムコスターズ (無し) プロ野球ファミリースタジアム
戦国サムライズ プロ野球 ファミスタDS2009[16]

ファミスタチャレンジ[編集]

「オープン戦で3勝」「ピッチング施設をレベル3にする」「ファンの人数を500人以上にする」「選手名鑑に10人以上掲載」などの課題をクリアして行くと、課題に応じたボーナスポイントやアイテムがもらえる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ バンダイナムコゲームス、携帯「ファミスタ.熱闘」 仲間の選手を助っ人として呼べるソーシャルゲームGAME Watch
  2. ^ 『ファミスタ.熱闘-君とナイン-』スマートフォン版配信開始。君との熱闘もスマートにね!ファミ通App
  3. ^ 球団名は「ペンギンズ」。
  4. ^ 球団名は「株式会社サラリーマンズ」。
  5. ^ 球団名は「アッシーズ」。
  6. ^ 球団名は「池袋ヤンチャーズ」。
  7. ^ 球団名は「ジャッカルーズ」。
  8. ^ 球団名は「イーグルス」。
  9. ^ DSと異なり、全員の名前に「左」の字が入った架空の選手で構成。
  10. ^ 球団名は「オーシャンズ」。
  11. ^ SWS'98のような女性版ナムコスターズではなく、全員の名前に花の名前が入った架空の選手で構成。
  12. ^ 球団名は「ダイナマイツ」。ファミスタ'92に登場する同名球団とは別(詳細はレジェンドヒーローズ#ビクトリーズ・ダイナマイツを参照)。
  13. ^ ファミスタDXのような女性版ナムコスターズではなく、ハリウッド女優とおぼしき変名の選手で構成。
  14. ^ MSX2版と異なり、全員の名前に「姫」の字が入った架空の選手で構成。
  15. ^ 歴史上の偉人を基にした名前の選手で構成されていることから、携帯アプリに登場する同名の球団ではなくスーパーファミスタ2のヒーローズと考えられる。
  16. ^ 前身の「戦国ブシドーズ」はワールドスタジアム2に登場。