川元義徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

川元 義徳(かわもと よしのり)は、ゲームミュージック作曲家ゲームクリエイター

人物[編集]

ナムコ(現バンダイナムコエンターテインメント)に所属しているゲーム音楽作曲家

「かわげん(Kawagen)」などの名義で知られる。ナムコには80年代後半から在籍している作曲家である。 ナムコ入社前は日本ソフトバンクに所属しておりパソコン雑誌(Oh!FM)に音楽プログラム記事などを執筆しており、その関係でパソコンゲーム『少年マイクのひとり旅』などのサウンドを担当している。

その後ジャレコでアルバイトとして『エクセライザー』や『銀河任侠伝』のBGMを作曲した。 ナムコへ入社してからは、『スプラッターハウス』や『バーニングフォース』などのアーケード作品を担当した。その後は家庭用ハードのゲームソフトが中心となり、今日までに数多くのナムコ作品のサウンドに関わっている。

一時サウンドから開発サポート側に回ったため作曲の仕事から離れるが、2013年頃から「カワーゲン・コラーゲン」という名義で『太鼓の達人』の音楽制作に参加。作曲業に復帰した。

携わった作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]