銀河任侠伝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
銀河任侠伝
ジャンル アクションゲーム
対応機種 アーケード[AC]
発売元 ジャレコ
人数 1~2人
発売日 [AC]1987年
テンプレートを表示

銀河任侠伝」(ぎんがにんきょうでん)とは、ジャレコより1987年に発売されたアーケードゲーム。キャラクターデザインはANO清水

概要[編集]

任侠である主人公ヤッちゃんがさらわれた恋人・クリスちゃんを助ける為に、敵であるコブラ軍団と激闘を繰り広げる。

これはあくまでも映画の撮影舞台と言う設定であり、ステージの上方に行くとライトがあったりする。またステージクリア時にカットインが入ったり中盤に突然ボイス入りでジャレコのロゴが表示されたりと演出が意識されているものとなっている。

自機は最初は素手で戦うことになるが、アイテム(義、理、人、情)を獲ることでパワーアップすることが出来る。Eの文字は体力を示しており、画面下部のEの文字がなくなるか画面外へと落下すると1ミス、アイテムとして獲ると体力が回復する。ステージの内容は戦闘機まで到達するの横スクロールアクションパートと、宇宙での強制的な横スクロールのシューティングパートがある。ステージには制限時間が存在する。

このゲームの最大の特徴は、敵側サイドが他社の映画やアニメのパロディと思しきキャラクターで構成されており、これらがステージ上に大量に現れる点にある。また、敵キャラクターだけに限らず、ステージの背景やアイキャッチ、BGMにもパロディが散りばめられている。エンディングのスタッフロールでは、申し訳程度に「EXCUSE」という言葉に続く形で「JUMP, JOEX, NTV, SUNDAY, KITTY, SUNRISE, PIERO, TBS, KYONC, JOCX」といった、パロディ元の作品を扱う会社や、少年雑誌、テレビ局の名前が表記される。

この為各所からの知的財産権に抵触する可能性に加えて、映画の撮影舞台という設定があるとは言え暴力団をモチーフにしている事からCERO規定に抵触し、全年齢向けゲームとして新たにアーケード以外のプラットホームで販売する事が出来ない可能性が高く、現在に至るまでコンシューマーゲーム機への移植やリメイク、バーチャルコンソールPSN等へのダウンロード配信は一切なされていない。

登場人物[編集]

やっちゃん
この作品の主人公。
クリス
この作品のヒロインで銀河組の二代目。名前の由来は映画「二代目はクリスチャン」より。エンディングでは旧バージョンが登場する[1]
疾風号
奇数面ではボスを倒した後で背中に乗るとステージクリアとなる巨大なカメ型戦闘機。偶数面ではメカ風に変身する。

敵キャラクター[編集]

アマンドコマンド
ローラースケートを履いたウェイトレス。ステージ1冒頭に登場し、やっちゃんにケーキをぶつけてくる(ただし、ダメージはない)。名前の由来はアマンド
大ノブタ
ステージ1中盤に登場する。元ネタはヤッターマンに登場する「おだてブタ」と大乃国康(現・芝田山親方)。

ボスキャラクター[編集]

不死屋ペコ
ステージ3のボス。原始人ルックで、ハンマーを武器に襲い掛かってくる。名前の由来は不二家ペコちゃん
難野用子
ステージ6のボス。元ネタは「スケバン刑事II」で主役の五代陽子を演じた南野陽子
キングコブラ
ステージ7のボスであり、クリスを誘拐したコブラ軍団の総帥。

CD[編集]

クラリスディスクから発売された「Arcade Disc In JALECO -ACTION-」にこのゲームのBGMが収録されている[2]

その他[編集]

ゲーム音楽の作曲家である川元義徳(Kawagen)は、ジャレコ時代制作に関わり、また同じく当時社内で当作に関わった漫画家はぬまあんが主人公の声を担当しているとweb上で発言している。[1]

脚注[編集]

  1. ^ ANO清水は「ギャルズアイランド」(新声社刊)にて、旧バージョンが没になった理由を「私はこういう「いかにも」は嫌いなのだ!」と述べている。
  2. ^ BGMの中には一部原曲があるものがある為、収録されていないものもある。