若松市政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
将軍KYワカマツ
プロフィール
リングネーム 将軍KYワカマツ
将軍KY若松
若松 市政
本名 若松 市政
ニックネーム 悪の名伯楽
KAERE
身長 181cm
体重 105kg
誕生日 (1942-01-01) 1942年1月1日(75歳)
出身地 北海道函館市
デビュー 1973年9月29日
テンプレートを表示

若松 市政(わかまつ いちまさ、1942年1月1日 - )は、日本の元プロレスラーマネージャー、政治家(元北海道芦別市議、4期就任)である。北海道函館市出身。

来歴[編集]

中学卒業後電気技師の資格を取得し電気技術者を務めた後に「自分を試す」ということで港湾荷役作業者へ転職した後、1972年国際プロレスに一般社員として入社。リング運搬や会場整備の傍らトレーニングに励み、翌1973年9月29日、31歳にして大位山勝三との試合でプロレスラーとしてデビュー。1979年8月26日に日本武道館で開催された『プロレス夢のオールスター戦』では第1試合のバトルロイヤルに出場、後にマシーン軍団で共闘する平田淳嗣とも邂逅した[1]

1981年に国際プロレスが崩壊すると電気技師の資格を生かして電気工事の仕事をしながら資金を貯め、それを元手にカナダカルガリーへ渡り、スチュ・ハート主宰のスタンピード・レスリングにて、大剛鉄之助のブッキングで悪役マネージャーのショーグン・KY・ワカマツShogun KY Wakamatsu)として活躍[2]ホー・チン・ローヒロ・サイトーザ・コブラバッドニュース・アレンロン・スターキューバン・アサシンマイク・ショーなどのヒール勢をマネージメントし、彼らと組んで試合にも出場、ミスター・ヒトアーチー・ゴルディービッグ・ジョン・クインダイナマイト・キッドデイビーボーイ・スミスブレット・ハートジム・ナイドハートとも対戦した[3][4]

日本に帰国後、1984年8月よりストロング・マシーンの悪役マネージャーとして新日本プロレスに参戦し悪党人気を博し、マシーン軍団解散後はアンドレ・ザ・ジャイアントケンドー・ナガサキミスター・ポーゴの悪役マネージャーを務めた。1986年5月1日には両国国技館のメインイベントにてアンドレと組み、アントニオ猪木&上田馬之助とタッグマッチで対戦している[5](実況をしていた古舘伊知郎には「シンデレラ中年」と呼ばれた)。

1990年SWS設立に際しては選手獲得等に動いたと言われ、SWS旗揚げ後は同団体内の道場である「道場・檄」の道場主に就任、ブッカーとして活躍、レスラーとしてもリングに上がっている。SWS崩壊後は、他のプロレス団体に参戦しつつ、1994年北海道に「道産子プロレス道場 元気」を設立した。

また高野拳磁が主宰していたPWCにも協力。何かを念じただけで相手が吹き飛ばされる「空気投げ」を実現させた。次第にその「宇宙パワー」は増強されていき、リング上で座禅を組み腕を広げただけで相手を悶絶させ、ついには指一本触れることなく失神に追い込んで勝利したこともある。公式記録は「大いなる宇宙のパワーによりKO勝ち」。

1999年芦別市の市議会議員選挙において当選、市会議員となった。その後は目立ったプロレス活動はしていないが、北海道でのインディー興行で挨拶したり、「道場・檄」時代からの縁で畠中浩旭の「ASIAN SPORTS PROMOTIONS」興行に選手として参戦して、健在ぶりをアピール。

2007年12月31日に後楽園ホールで行われたプロレスサミットでは、芸タッグランブルに大日本プロレスグレート小鹿とのタッグで出場し、勝利を収めた。

2015年4月26日に行われた統一地方選挙にて落選し[6]、4期務めた市会議員の職を失った。

エピソード[編集]

  • 悪役マネージャーとしてブレイクしたが、元来非常に真面目な人物である。国際プロレス時代にはレスラーとしてデビューした後も資材運搬やレフェリングを行い、資金や人材面で苦労した団体のために尽力していた。1980年には海外修行が予定され、7月20日の「'80ビッグ・サマー・シリーズ」芦別大会で菅原伸義との壮行試合が行われたが、国際プロレスがすでに経営難であることを分かっていた若松は海外修行を断り、国内に残留してレスラーと営業の二足のわらじで団体の立て直しに奔走することになった[7]
  • 国際プロレス時代は、結婚後は北海道に妻子を残し、単身赴任状態で埼玉県大宮市にあった合宿所に住み込みながら巡業に参加していた[8]
  • 1976年9月13日早朝、大分県での資材運搬中に、台風のための土砂崩れにより家財道具を持ち出している家族に遭遇した。トラックを停めて作業を手伝ったところ、偶然、災害取材に来ていたNHKスタッフがその姿を見つけて、「プロレスの選手も地元民に応援して、必死の作業を続けております」と現場中継し、若松の姿が全国で放映された。しかし、本人は夢中で作業を手伝っていたため、後日関係者から聞かされるまで、放映されたことを知らなかったらしい。
  • 1981年3月25日、東京12チャンネル(現:テレビ東京)によるテレビ中継最後のシリーズとなった「'81スーパーファイトシリーズ」最終戦岩手県陸前高田大会終了後に急性膵臓炎でダウンし緊急入院。4月2日に退院したが、その足で宣伝カーで一関市に乗り込んで次期シリーズである「'81ビッグチャレンジシリーズ」(5月13日に一関市体育文化体育館で開催)のポスター貼りをやった上で、単身運転し続けて東京まで戻った。
  • 新日本プロレス参戦時には、白や赤のコスチュームにサングラス、手にはムチと拡声器をトレードマークに暴れ回り、観客から巨大な「帰れ!」コールを受けるのが常だったが、それを逆手にとってコスチュームの背中に「K A E R E」の五文字を刺繍した。悪役ではあるがコミカルなキャラクターで、試合中は拡声器を通じて観客に悪役然としたセリフをがなり続け、「ハゲ」と野次られると「お前もいつかハゲるんだ!」と切り返すなどトークに軽妙さがあった。またアントニオ猪木に言い放った「お前を倒すのに3分もいらねぇ、5分で充分だ!」という台詞は語り草になっている。
  • 新日本参戦時の1985年に「俺はKYワカマツだ 檄!」というレコードを出した事がある。レコードジャケットには「歌、若松市政」とあるが、内容はラップに近く、歌詞は「お前ら! 親孝行しろ」など真面目な内容だった。
  • マネージャー時代は試合に介入することも多々あり、レフェリーの山本小鉄とも乱闘を演じた。
  • リングネームの「KY」とは、かつてカナダにKYという悪いジェネラルが実在しており、それにあやかってハート・ファミリーが命名したものである[7][1]

マシーン軍団[編集]

将軍KYワカマツは「ストロング・マシーン」のマネージャーとして新日本プロレスに初登場し、後に「マシーン軍団」を率いて新日本マットを席巻した[9]。ストロング・マシーンはワカマツに操られている覆面レスラーという設定で、1984年8月24日に後楽園ホールに1号が初登場(当初はマスクの上からスキー帽を被り、「謎の怪覆面」と呼ばれていたが、8月31日にマスクとリングネームを公開)。9月7日のアントニオ猪木とのシングルマッチでデビューする。後に同じデザインの赤いコスチュームに身を包んだ2号が出現して、タッグチームとなった。また試合には出場していないが、一時的に3人目が出現したこともある(後述)。

1985年1月1日、赤のコスチュームで3号・4号が増殖、1号・2号は黒のコスチュームで登場した。のちに全員が黒のコスチュームとなり、外見上は見分けがつかないため、試合中にレフェリーの目を盗んで入れ替わるトリックプレイを用いた。当時の実況アナウンサーだった古舘伊知郎は、ワカマツを「悪の羊飼い」「地獄のお茶の水博士」、マシーン軍団を「戦慄の殺戮マシーン」「暗黒増殖集団」「戦う金太郎飴軍団」などと形容した。

1号の正体は平田淳嗣であり、一時期マスクを脱いだこともあったが、キャリアの大半をストロング・マシーンとして戦った。マシーン軍団初期には、平田と同じくカナダカルガリースタンピード・レスリングにて海外修行を行っていたヒロ斎藤も行動を共にしていた。

2号力抜山のリングネームで新日本プロレスに参戦し、国際プロレスにも出場したことのある韓国人レスラーの梁承揮(ヤン・スンヒー)[10]。リングシューズが同じであることや、得意技であるコーナー最上段からのローリング・ソバットを国際プロレス時代に使用していたことなどにより、登場当時から力抜山正体説が有力視されていた。当時のリングアナウンサーである田中秀和も自身のブログにて、正体が彼であることを証言している。

3号は元国際プロレス(のちフリー)のヤス・フジイ[11][12]。長身のベテランレスラーで老練なレスリングをみせた(3号は当初、若松や平田とカルガリーで一緒だったダニー・クロファットとなる予定だったが、風邪で体調を崩し体重が10kgほど落ちていたため、1984年11月1日の東京都体育館におけるアントニオ猪木対2号のシングルマッチへの乱入のみで終わった[10])。

4号小錦の10人兄弟姉妹の長兄が扮していたが、プロレスの経験はなかったという[11](「4号の正体は1人ではなく複数のレスラーが入れ替わっており、ハワイ在住の日本人レスラーだったヒロ佐々木頭突きが強い選手は国際プロレスに参加していた韓国人レスラーの南海山ラリアットを多用する選手は阿修羅・原」などという説もあった)。

当時の新日本プロレスはヒロ佐々木(ミスター空中の兄で、同時期に猪木と異種格闘技戦を行った小錦の兄アノアロ・アティサノエのマネージャー)と密接で、リア・メイビア(ピーター・メイビアの未亡人であり、ザ・ロックことドウェイン・ジョンソンの祖母)がハワイにて主宰していたポリネシアン・パシフィック・レスリングとも提携しており、ヤス・フジイも当時ハワイに居住していたことから、3号と4号はハワイのルートによる人選だったとされる[11]

その後、1985年4月18日に1号が藤波辰爾と対戦(この試合よりマスクを銀色に変更)するも、ワカマツの粉攻撃の誤爆から仲間割れして軍団を脱退、スーパー・ストロング・マシーンと改名してベビーフェイスに転向。それに対抗するように、2 - 4号はマスクを金色に変更した。スーパー・ストロング・マシーンはほどなくして新日本プロレスを離脱し、マシーン軍団も一時消滅したが、同年8月開幕の『チャレンジ・スピリット'85』において、アンドレ・ザ・ジャイアントジャイアント・マシーンマスクド・スーパースタースーパー・マシーンに変身してワカマツと共闘。1シリーズのみの変身だったものの、このアングルは当時すでに新日本との業務提携を解消していたWWFにも注目され、ジャイアント・マシーンとスーパー・マシーンは「日本出身」という設定のもと、ビッグ・マシーンブラックジャック・マリガン)を加えた覆面ユニットとして1986年下期にWWFに登場している[13]。マネージャーはキャプテン・ルー・アルバーノが務め、ハルク・マシーンハルク・ホーガン)、パイパー・マシーンロディ・パイパー)、クラッシャー・マシーンクラッシャー・リソワスキー)、アニマル・マシーンジョージ・スティール)なども単発的にメンバーに加わった[13]。なお、若松自身もアンドレからWWF行きを誘われたが、テレビ朝日との契約のため断ったという[5]

マシーン軍団の増殖ギミックは、のちに新日本マットを混乱させた海賊男魔界倶楽部、さらには宇宙パワー、マミーなど、広くインディーにもみられる。

なお、前述のシングルレコード『俺はKYワカマツだ 檄!』のB面に収録された曲は『ストロング・マシーン We are No.1』である。この曲は、ワカマツに浴びせられた「カ・エ・レ! カ・エ・レ!」のコールで始まり、英語のラップ風歌詞の上から「ストロング・マシーン! ウィーアーナンバーワン!」「ゴー・マシン・ゴー! ゴー・マシン・ゴー!」というワカマツのシャウト連呼がひたすら続くというものだった。2009年10月12日のNHK-FM今日は一日プロレス・格闘技テーマ曲三昧』において、当時のIWGPヘビー級王者中邑真輔のリクエストにより放送された。

参考文献[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]