ワールドスタジアムEX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ワールドスタジアムEX
ジャンル 野球ゲーム
対応機種 PlayStation
開発元 ナムコ
発売元 ナムコ
人数 1人 - 2人(対戦プレイ)
メディア CD-ROM
発売日 1996年7月26日
デバイス ネジコン対応
メモリーカード対応
テンプレートを表示

ワールドスタジアムEX(WORLD STADIUM EX)ナムコより発売されたPlayStation用の野球ゲーム。同社の人気シリーズであるファミスタワースタシリーズの流れを汲む作品。ナムコの野球ゲーム初のPlayStationソフトで、数々の新要素が搭載された。

概要[編集]

従来のファミスタ、ワースタシリーズではグラフィックが2Dの平面だったのに対し、本作では球場がフルポリゴンで描かれるようになり、ホームランを打った際、リプレイの際に様々なカメラワークが多用されるようになった。また、オープニングにはシリーズ初のムービーが収録されている。

従来のファミスタシリーズでは3頭身のキャラクターだったが、本作からは4頭身のキャラクターになり、従来のファミスタの約6.5倍の滑らかな動きを実現している。

ゲームシステム的にも変更が加えられている。従来のファミスタシリーズでは投球後に方向キーを入れることでボールをリアルタイムに曲げることで変化球にしていたが、本作では投球時に球種を選択するようになった。フォークボールは「落ちる球」ではなく、「急速にスピードが落ちる球」になったため、タイミングさえ合えば打つことも可能になった。ただし、このシステムは続編の「ワールドスタジアム2」以降では採用されずファミスタシリーズのシステムに戻ったため、本作のみのシステムになった。

BGMの選択が可能で「コミカル」にするとオーダインドラゴンセイバーなど数々のナムコのゲームのBGMが流れる。BGMは全部で100種類以上。

分身くん[編集]

今作より加わった新要素。キャラクターを自分で作成できる。名前やポジションを入力後、ミニゲームによる入団テストが行われ、その成績に応じてキャラクターの性能が決まる。長打テストでは本塁打の数、安打テストでは打率、走塁テストでは走力、守備テストでは捕球率と肩の力が決定される。ピッチャーの場合は長打テストの代わりに投球テストが行われ、動く的に命中させた数に応じて得意な球種が決定される。

ネジコン対応[編集]

ナムコより発売されていたコントローラーをねじって操作するコントローラー「ネジコン」に対応している。打撃時は左右方向の打ち分けはコントローラーのねじり具合で、Iボタンを浅く押すとミートスイング、深く押すとパワースイングとなる。投球時はIボタンを浅く押すとスローボール、深く押すと速球となる。

チーム[編集]

チーム名、選手名は実名だが、球場はファミスタ・スーパーファミスタシリーズと同様許可を得ていないため架空の名前になっている(ワールドスタジアム4以降は実名化)。

セントラルリーグ[編集]

パシフィックリーグ[編集]

スペシャルチーム[編集]

オープン戦でのみ使用可能なゲームオリジナルのチーム。EXでのホーム球場はいずれもシューティングゲーム『ゼビウス』をモチーフにした「ゼビウススタジアム」。なお、裏技で「かせんしき球場」も登場する。

  • ナムコスターズ(全シリーズに登場)
    • イニシアルは「N」。ピノトイポップ)、コズモ(コズモギャング)、平四郎(ソウルエッジ)などファミスタシリーズおなじみナムコキャラのチーム。ユニフォームは白と赤。ビジターはシャツが赤、ホームは白でワンポイントに青が入っている。グラフィックが従来のファミスタシリーズや野球くんのような3頭身になっている。
  • ワールドスターズ(EXに登場)
    • イニシアルは「W」。アーサーヤマトタケル孔明信長など伝説や歴史に名を残した英雄たちのチーム。ユニフォームはビジター用が赤と濃紺、ホーム用が白で、ヘルメットは王冠のような形になっている。非常に高い能力を持つ。
  • メカニカルロボッツ(EXに登場)
    • イニシアルは「R」。モーター1、シャフトン、ナットロン、ピストンQなどロボットたちのチーム。守備が堅い。ユニフォームの色はビジター用が黄色と黒でホーム用は黄色と水色。
  • 草野球エラーズ(EXに登場)
    • イニシアルは「E」。守備能力だけでなく選手の能力が非常に低いチーム。ユニフォームはビジター用は水色と黄色、ホーム用はピンク色のユニフォームでヘルメットはネコの顔のような形になっている。なぜかウグイス譲に「たろうくん」という風に「くん」づけで呼ばれる。
  • メリケンウォーリヤーズ
  • 幕末レボリューションズ(3に登場)
    • イニシアルは「R」。幕末に活躍した人物を中心に編成。西郷利通竜馬小五郎晋作具視など。ユニフォームの色はホーム用は白、ビジター用は紫色。
  • 徳川チェリーズ(3に登場)

続編[編集]

ワールドスタジアム2(1998年4月29日発売)
ゲームシステムが従来のファミスタシリーズのものに戻った。バッター、ピッチャーがポリゴンで描かれるようになった。BGMを自分で入力できる「作曲くん」モードが登場。通常のコントローラー、ネジコンに加えアナログコントローラーにも対応。歴史シミュレーションゲーム風の「戦国!国盗リーグ」モードがある。
TVCMには掛布雅之が出演した。
ワールドスタジアム3(1999年4月8日発売)
PocketStationに対応し、分身くんをポケステで育成できるように。デュアルショックの振動機能にも対応。「幕末!国盗リーグ」モードがある。
TVCMには中畑清が出演した。
ワールドスタジアム4(2000年3月23日発売)
リーグ戦に独自のルールが採用される。また、野球のルールそのものを変更できる「カスタマイズモード」追加。作曲くんを携帯電話の着メロとして利用できる「着信くん」が追加。球場名が実名化。
TVCMには川藤幸三が出演した。
ワールドスタジアム5(2001年5月10日発売)
新モードとして他球団から選手を獲得してオリジナルチームを作る「ぞくぞく海賊リーグ」が追加。PlayStation用としてのナムコの野球ゲームはこの作品が最後となり、PlayStation 2向けには『熱チュー!プロ野球2002』などリアル系の野球ゲームがリリースされた(ただし、『熱スタ』には「ファミスタモード」が収録された)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]