プロ野球 ファミスタDS2010

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
プロ野球 ファミスタDS2010
ジャンル 野球ゲーム
対応機種 ニンテンドーDS
開発元 バンダイナムコゲームス
発売元 バンダイナムコゲームス
(ナムコレーベル)
人数 1人 - 2人(対戦プレイ)
メディア DSカード
発売日 2010年3月25日
対象年齢 CERO: A(全年齢)
デバイス ニンテンドーWi-Fiコネクション対応
テンプレートを表示

プロ野球 ファミスタDS2010』(プロやきゅう ファミスタディーエス2010)は、バンダイナムコゲームスナムコレーベル)より2010年3月25日に発売されたニンテンドーDS用ソフト。

DSにおけるファミスタシリーズ第3作。

概要[編集]

2010年開幕予想選手データが収録されているほか、日本プロ野球のフランチャイズ13球場が実名で収録されている。また、プロ野球OBで構成された「レジェンドヒーローズ」、WBC出場国をイメージしたチーム(選手名は地名をもじったオリジナル)、戦国武将をイメージした「せんごくサムライズ」、ロボット選手で構成された「メカニカルロボッツ」、恒例の「ナムコスターズ」およびその強化版の「ブラックナムコスターズ」が用意されている。また、パスワードを入力することにより、漫画『ドラベース』の主人公チーム「江戸川ドラーズ」の選手が使用できるようになる。

マイカード[編集]

当作から、利き手、ポジション、経歴、アピールポイントのパラメータを決め、ミニゲームの結果に応じた能力ポイントを付与することによって最大12人までオリジナル選手を作成できる「マイカード」機能が付いた。このマイカードでは、パラメータをある決まった組み合わせにする(この組み合わせはゲームに登場していない選手を連想させるものになっている)ことにより、「スター選手」を作成することができるようになっている。

FBC(ファミスタ・ベースボール・チャンピオンシップ)[編集]

WBC風の勝ち抜き戦モード「FBC(ファミスタ・ベースボール・チャンピオンシップ)」を収録。自分で作ったドリームチームで世界の強豪と対戦できる。

外部リンク[編集]