聖澤諒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
聖澤 諒
東北楽天ゴールデンイーグルス #23
R hijirisawa20150703.jpg
東京ドームにて(2015年)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 長野県更埴市(現:千曲市
生年月日 (1985-11-03) 1985年11月3日(32歳)
身長
体重
179 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2007年 大学生・社会人ドラフト4巡目
初出場 2008年3月20日
年俸 5,000万円(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

聖澤 諒(ひじりさわ りょう、1985年11月3日 - )は、長野県更埴市(現:千曲市)出身のプロ野球選手外野手)。現在は東北楽天ゴールデンイーグルスに所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校2年から「森スポーツ少年団」で野球を始める。小学時代は剣道クラブにも所属し、4年時に地区大会で優勝した。中学校では軟式野球部に所属し、「4番・投手」を務める。地元の公立校である松代高校に進学。1年春からベンチ入りし、3年時には「4番・遊撃手」として活躍する。最高成績は2年夏の長野大会3回戦。同期入部で最後まで野球部に所属していたのは自身を含めて二人だけというチーム事情の中プレーした。

國學院大學に進学し硬式野球部に入部。2年春からレギュラーに定着する。3年春に東都二部リーグで優勝し、一部昇格を果たした。同年秋のリーグ戦終了後、後に楽天でもチームメイトとなる嶋基宏の後を継ぎ主将となる。4年次には東都大学野球リーグ選抜が日本代表として出場した国際大会ロッテルダム・ワールドポート・トーナメントに出場。個人タイトルでは、3年秋に三塁手、4年秋に外野手でベストナインを受賞した。大学4年秋にチームは最下位に終わり、東都一部リーグ残留を賭けて篠田純平を擁する日本大学と入れ替え戦を戦ったが敗れ、二部降格した。

2007年の大学生・社会人ドラフト会議東北楽天ゴールデンイーグルスから4巡目指名を受け、入団。背番号は「23」。なお、ドラフトで指名がなかった場合はホンダ鈴鹿へ入社する予定であった。

プロ入り後[編集]

2008年は、キャンプから積極的に起用され、チーム内の前年のドラフト入団組では唯一の開幕一軍となった。3月20日の開幕戦では守備固めで起用されてセンターの守備に就き、一軍試合初出場となった。また、フレッシュオールスターゲームにも「1番・中堅手」でフル出場し、5打数3安打3盗塁と活躍。優秀選手賞を獲得した。

2009年は、開幕は二軍スタートとなったが、二軍では不動の1番打者を務めた。4月21日に不振の礒部公一に代わって一軍登録されるも結果を残せず二軍落ちするが、今度は怪我の鉄平に代わって一軍登録され、その日の試合でプロ入り初の猛打賞を記録する。鉄平の復帰後は主に代走として出場し、オールスター前で前年の5を上回る12盗塁(失敗なし)を記録する。結局代走や守備固めが主の出場ながらチーム2位の15盗塁、盗塁成功率は.882と盗塁技術の高さを見せたが、ここ一番での走塁や守備のミスをすることもあった。

オフの12月に、大学時代の同級生と結婚した。

2010年は、「1番・中堅手」での開幕スタメンを勝ち取る。5月1日のオリックス戦で木佐貫洋から決勝のタイムリー二塁内野安打を放つなど、シーズン序盤は高打率を残したが徐々に下降。しかし中盤には踏み止まり、自身初の規定打席に到達。打率.290とチームトップの24盗塁を記録。外野手では唯一、開幕からシーズン終了まで一度も一軍登録を抹消されなかった。なお、9月22日の対日本ハム戦から外野手での連続守備機会無失策が始まっている[リンク切れ][2]

2011年8月30日、こまちスタジアムにて

2011年は、前年に続けて開幕からセンターのレギュラーとして起用され、前半戦は盗塁を量産した。一時は盗塁王を狙える位置にいたが、後半になると相手の警戒が増したことによって盗塁数が激減[3]。それでも前年を大きく上回る52盗塁を記録し、シーズン前の目標の50盗塁を達成したが、本多雄一が60盗塁を記録したため、盗塁王獲得とはならなかった。打率もチームトップ・リーグ9位となる.288の成績を残し、球団創設以来初となる全試合出場も果たした(全イニング出場ではない)[4]。また、7月17日のオリックス戦では9回裏に自身初となるサヨナラ安打(一塁内野安打)を岸田護から放った。シーズン後半は松井稼頭央に1番打者の座を譲り、9番に固定された。

2012年は、開幕から盗塁を量産。前年盗塁王を争った本多が打撃不調などにより盗塁が伸び悩んだため他を大きく引き離して独走。打撃も前半は3割を超える高打率ということも相まって順調に盗塁数を伸ばして、オールスターゲームにも初出場したが、前年同様に夏場にかけて調子を崩してリードオフマンをまたしても松井に譲る形となった。以降盗塁数も伸び悩んだが、前年打ち立てた球団記録並びに自身の記録を越える54盗塁を記録。盗塁数2位のエステバン・ヘルマンの41盗塁を大きく引き離し、球団、そして自身初となる盗塁王に輝いた。54個の盗塁の内、三盗が12個あり、二桁の三盗は1997年の松井稼頭央以来だった[5]。一方で打率は.270(リーグ16位)と前年から一転して数字を下げた。得点圏打率はリーグトップの.373を記録し、ビハインド時に限ると得点圏打率.536という非常に高い数字を誇った。守備面では2年連続となる守備率10割を記録。この年両リーグ通じて、規定打席に達した野手で無失策だったのは聖澤のみであった。

シーズンオフの12月4日に、第3回WBC日本代表候補選手34人が発表され[6]候補入りした[7]

2013年は、開幕前に第3回WBC日本代表最終メンバーの28人から落選した。

シーズンでは前年と同じく1番打者としてスタートするが、4月の中旬からは3番での出場が多くなり、長打力のあるアンドリュー・ジョーンズケイシー・マギーが後ろを打つことになったため、盗塁は減少する[8]。5月23日の対読売ジャイアンツ戦で、2000年小関竜也が記録した外野手としての守備機会連続無失策658回のパ・リーグ記録に並び[9]、5月25日の対広島東洋カープ戦で岩本貴裕の中飛を処理し、パ・リーグ単独1位となる守備機会連続無失策659回とした[10]

2014年は、4月2日の対オリックス戦(コボスタ宮城)で9回表に坂口智隆の中飛を捕球し、藤井栄治[注 1]と並ぶ外野手のNPBタイ記録の820連続守備機会無失策とし[11]、翌4月3日の同戦の5回表にエステバン・ヘルマンの中飛を捕球し同記録を821として、NPB新記録とした[12]同月20日、体調不良を理由に一軍選手登録を抹消された[13]5月20日に再昇格している[14]

2015年は、3月29日の対日本ハム戦(札幌ドーム)で3回に中島卓也の打球を返球する際に悪送球し、連続守備機会無失策の記録が927でストップした[2]。開幕から打撃不振に陥り、5月12日に一軍抹消。6月13日に再び一軍に上がると、6月から7月にかけて打率3割以上を記録するも、8月には再び打撃不振。9月26日に受けた死球の影響で翌日に一軍登録を抹消された。シーズン終了後の11月4日、同シーズン中に獲得していた国内フリーエージェントを行使しないことを発表した[15]

2016年は、開幕を一軍で迎えたが、序盤はスタメン出場がほとんどなかった。しかし松井稼頭央が膝を痛めたこともあり、スタメン出場回数を一時期伸ばす。しかしオコエ瑠偉の起用数増加や島内宏明の好調もあり、聖澤自身も好調だったもののスタメン機会はあまり多くはなかった。94試合の出場にとどまったが打率は.294を記録し、一度も二軍落ちすることなくシーズンを終えた。2015年シーズンから保有していた国内フリーエージェントについて、行使するとの報道もあったが、11月7日に行使しないことを発表した[16]

2017年は、開幕当初から代走や右翼手のカルロス・ペゲーロの守備固めとしての出場が主だったが、6月からは岡島豪郎との併用で左翼手スタメンとしての起用が多くなる。打撃成績は打率.250、本塁打1に終わったが、結果的には前年を上回る111試合に出場し、この年も開幕からシーズン終了を通して一軍で過ごした。

選手としての特徴・人物[編集]

ベースに滑り込む聖澤(2012年)

大学時代は4番を担った経験もあるが、柔軟なバットコントロールで変化球への対応力が高いシュアなバッティングを持ち味とする[17]。コンタクト率は高いが四球が少なく[18]出塁率に課題を残す[19]

50メートル6.0秒[20]。一塁到達タイムは4.2秒台[21]。走者となるだけでバッテリーに重圧をかけることを可能とする[21]。柔らかいハンドリングを生かした外野守備の評価が高く[22][23]、2010年には中堅手としてUZR11.0を記録したが[24]、2012年は-20.0[25]、2013年は-14.1[26]と落ち込んでいる。一塁上では3メートル90センチの大きなリードを取り、「自分より足の速い人はたくさんいます。でもどうしても走れないと思うピッチャー、キャッチャーはいません」と自負する盗塁技術を誇る[27]。2013年のキャンプの際に行われた30メートル走でチーム野手ではベストの4.08秒を記録した[28]

女子プロボクサー宮尾綾香は2年先輩ながら中学まで一緒であり、互いにプロになってからも交流が続いている[29]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2008 楽天 34 49 41 7 11 0 0 0 11 3 5 1 1 2 5 0 0 10 1 .268 .333 .268 .602
2009 79 65 59 14 13 1 0 0 14 5 15 2 3 0 2 0 1 18 2 .220 .258 .237 .495
2010 135 577 517 72 150 25 4 6 201 43 24 6 24 1 32 0 3 96 4 .290 .335 .389 .723
2011 144 559 496 57 143 19 1 2 170 42 52 16 21 3 31 0 8 109 5 .288 .338 .343 .681
2012 138 595 523 78 141 14 3 4 173 45 54 11 12 4 49 0 7 104 4 .270 .338 .331 .671
2013 120 491 433 51 123 17 4 2 154 40 21 8 9 0 44 0 5 100 3 .284 .357 .356 .713
2014 66 209 182 20 48 7 2 1 62 17 5 4 2 1 20 0 4 46 2 .264 .348 .341 .688
2015 86 288 258 26 65 12 2 0 81 12 15 5 4 1 23 0 2 68 4 .252 .317 .314 .631
2016 94 229 201 32 59 6 2 3 78 19 3 3 14 1 11 0 2 41 5 .294 .335 .388 .723
2017 111 252 232 29 58 14 2 1 79 21 2 1 2 1 13 0 4 50 2 .250 .300 .341 .641
通算:10年 1007 3314 2942 386 811 115 20 19 1023 247 196 57 92 14 230 0 36 642 32 .276 .334 .348 .682
  • 2017年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



外野












2008 楽天 27 23 0 1 0 .958
2009 67 48 1 1 0 .980
2010 132 280 5 2 0 .993
2011 143 288 6 0 1 1.000
2012 135 262 7 0 3 1.000
2013 115 222 3 0 0 1.000
2014 63 110 2 0 0 1.000
2015 83 149 2 2 1 .987
2016 81 100 2 0 0 1.000
2017 91 106 2 1 0 .991
通算 937 1522 30 7 5 .995
  • 2017年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 1000試合出場:2017年9月24日、対福岡ソフトバンクホークス23回戦(福岡 ヤフオク!ドーム)、8回表にオコエ瑠偉の代打で出場 ※史上488人目
その他の記録

背番号[編集]

  • 23 (2008年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1967年から1973年まで阪神タイガースで817、1974年に太平洋クラブライオンズで3。

出典[編集]

  1. ^ 楽天 - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2016年11月22日閲覧。
  2. ^ a b c “<楽天>聖沢、連続無失策927でストップ / 楽天イーグルス特集”. 河北新報オンラインニュース. (2015年3月30日). http://www.kahoku.co.jp/sports/eagles/20150330_01.html 2015年4月6日閲覧。 
  3. ^ 「AURORA VISION」、『週刊ベースボール』2011年10月3日号、ベースボール・マガジン社、 41頁、 雑誌20441-10/3。
  4. ^ “楽天・聖沢が球団初の全試合出場”. DAILY SPORTS ONLINE. (2011年10月19日). http://www.daily.co.jp/newsflash/2011/10/19/0004560198.shtml 2011年11月15日閲覧。 
  5. ^ 『週刊ベースボール』2012年12月10日号、ベースボール・マガジン社、 84頁、 雑誌20442-12/10。
  6. ^ 2013WBC日本代表候補選手発表 日本野球機構 (2012年12月4日) 2015年4月3日閲覧
  7. ^ 2013 WORLD BASEBALL CLASSIC 日本代表候補選手 日本野球機構 (2012年12月4日) 2015年4月3日閲覧
  8. ^ “楽天新3番聖沢 マー開幕5連勝アシスト”. nikkansports.com. (2013年5月9日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20130509-1124455.html 2013年5月9日閲覧。 
  9. ^ “聖沢が連続無失策パ・タイ記録”. nikkansports.com. (2013年5月23日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130523-1131910.html 2013年5月25日閲覧。 
  10. ^ “聖沢が659回無失策のパ新記録”. nikkansports.com. (2013年5月25日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130525-1132741.html 2013年5月25日閲覧。 
  11. ^ 聖沢が無失策プロ野球タイ 外野手で藤井に並ぶスポーツニッポン2014年4月2日配信
  12. ^ 聖沢 無失策のプロ野球新 外野手で47年ぶりに更新スポーツニッポン2014年4月3日配信
  13. ^ 楽天聖沢 体調不良で1軍登録抹消日刊スポーツ2014年4月20日配信
  14. ^ 楽天聖沢1軍復帰で4打席で3出塁と結果日刊スポーツ2014年5月20日配信
  15. ^ スポーツニッポン. (2015年11月4日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/11/04/kiji/K20151104011447180.html+2016年5月2日閲覧。 
  16. ^ 楽天 聖沢、FA権行使せず残留「結果を残せるよう頑張りたい」スポニチアネックス 2016年11月7日掲載
  17. ^ 小関順二、西尾典文、石川哲也、場野守泰 『プロ野球スカウティングレポート2011』 廣済堂出版、2011年、226-227頁。ISBN 978-4-331-51519-8
  18. ^ 岡田友輔 (2011年5月20日). “楽天・聖澤選手の四球数”. Baseball LAB. 2011年12月13日閲覧。
  19. ^ 2011/12/08 聖澤諒選手”. 契約更改:記者会見. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2011年12月8日). 2011年12月13日閲覧。
  20. ^ イメージはスピードスケート 聖沢の盗塁の秘けつに迫る」Sponichi Annex 2013年6月9日閲覧。
  21. ^ a b 小関順二 『プロ野球スカウティングレポート2014』 廣済堂出版、2014年、45頁。ISBN 978-4-331-51810-6
  22. ^ 『野球小僧 世界野球選手名鑑2008』 白夜書房、2008年、111頁。ISBN 978-4-86191-374-7
  23. ^ 小関順二、西尾典文、泉直樹 『プロ野球スカウティングレポート2008』 アスペクトムック、2008年、394頁。ISBN 978-4-7572-1439-2
  24. ^ 岡田友輔 (2011年1月21日). “Baseball Lab守備評価~Center Fielder”. Baseball LAB. 2011年12月13日閲覧。
  25. ^ 岡田友輔、道作、三宅博人、morithy、蛭川皓平、高多薪吾、Student、水島仁 『プロ野球を統計学と客観分析で考える セイバーメトリクス・レポート2』 水曜社、2013年、87頁。ISBN 978-4-88065-319-8
  26. ^ 岡田友輔、三宅博人、morithy、蛭川皓平、高多薪吾、Student、水島仁 『プロ野球を統計学と客観分析で考える セイバーメトリクス・レポート3』 水曜社、2014年、29頁。ISBN 978-4-88065-340-2
  27. ^ 「AURORA VISION」、『週刊ベースボール』2011年6月27日号、ベースボール・マガジン社、 41頁、 雑誌20441-6/27。
  28. ^ 聖沢 立浪打法に着手 「首位打者を狙える選手」がその気に」Sponichi Annex 2013年6月9日閲覧。
  29. ^ “宮尾、幼なじみ楽天聖沢から刺激”. nikkansports.com. (2013年2月22日). http://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20130222-1088550.html 2013年2月22日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]