津田大樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
津田 大樹
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県有田市
生年月日 (1989-06-16) 1989年6月16日(29歳)
身長
体重
180 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2007年 高校生ドラフト3巡目
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

津田 大樹(つだ たいき、1989年6月16日 - )は、和歌山県有田市出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。

来歴・人物[編集]

甲子園には未出場で全国的には無名だが、高校での通算防御率は2.20。また、一試合に21奪三振の記録も持つ[1]。MAX147km/hのストレート高速スライダー三振をとれるピッチングが武器で、高校時代から本格派投手として評価は高かった。

2007年10月3日高校生ドラフト北海道日本ハムファイターズから3巡目で指名を受けて入団。しかし、故障している報道はなかったものの、2008年の出場機会は二軍のイースタンリーグ2試合にとどまった[2]。シーズンオフ後に大幅な減俸(推定年俸700万から440万)となり、背番号も48から70に変更された。

2009年の二軍出場も、シーズン終了間近の9月25日[3]の1試合[4]にとどまり、同年10月2日付で戦力外通告を受け、12月2日付で自由契約選手公示された。

選手としての特徴[編集]

MAX147km/hのストレート高速スライダーが武器。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 48 (2008年)
  • 70 (2009年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]