田中伸樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田中 伸樹
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県
生年月日 1949年5月1日
身長
体重
168 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴
  • 東京ガス

田中 伸樹(たなか のぶき、1949年5月1日 - )は、広島県出身のアマチュア野球選手(内野手)。

経歴[編集]

広陵高校では1967年、3年生の時に遊撃手、二番打者として夏の甲子園県大会決勝に進み、エース山本和行を擁する広島商を降す。夏の甲子園では宇根洋介(近大電電中国)の好投もあり決勝に進出。しかし習志野高石井好博醍醐恒男のバッテリーに抑えられ敗退、準優勝にとどまった[1]。高校同期に中堅手河井昭司がいた。

卒業後は早稲田大学に進学。東京六大学野球リーグでは1968年秋季リーグで優勝を経験するが、谷沢健一荒川堯らの卒業によって戦力が低下し、その後は優勝に届かなかった。荒川の後継として1970年春季リーグから遊撃手に定着。守備に定評があり同季はベストナイン(遊撃手)に選出されている。大学同期に内野手望月博中村勝広金子勝美がいる。

大学卒業後は東京ガスに入社。1974年にはエース工藤真を擁し都市対抗に19年ぶりの出場を果たす。準々決勝に進むが新日本製鐵堺の中川善弘に7回降雨コールド完封負けを喫する[2]。翌1975年都市対抗でも準々決勝に進むが大丸に敗退[2]。同年のインターコンチネンタルカップ日本代表にも選出される。1978年社会人野球日本選手権松沼博久の好投もあって決勝に進出するが、北海道拓殖銀行に0-1で惜敗した[3]。この大会では優秀選手賞を獲得。

現役引退後は1987年から2年間、また2006年から3年間に東京ガス監督を務めた。2度目の在任中、木村雄太投手にプロ球団からの金銭授受問題(裏金#日本プロ野球参照)が明らかになり活動休止の処分を受けた。

脚注[編集]

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ a b 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年
  3. ^ 「社会人野球日本選手権大会20年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1994年

関連項目[編集]