新井良夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
新井 良夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県久喜市
生年月日 (1950-07-17) 1950年7月17日(68歳)
身長
体重
177 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1968年 ドラフト5位
初出場 1970年
最終出場 1978年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

新井 良夫(あらい よしお、1950年7月17日 - )は、埼玉県[1]出身の元プロ野球選手。旧名は良雄、打撃投手になってからは、新井 統雄(あらい つねお)に改名している。

来歴・人物[編集]

大宮高校(埼玉)では2年生時の1967年右翼手として金子勝美吉田誠鈴木治彦らと共に第49回全国高等学校野球選手権大会に出場する。初戦で報徳学園高校と対決。豪快な本塁打を放ち9回裏2死までリードするが、ここから反撃を許し、大会史上初の本盗による逆転サヨナラ負けを喫した[1]。しかし秋の埼玉国体では勝ち進み、決勝で大分商を降し優勝。翌1968年夏はエース、四番打者としてチームを牽引。埼玉大会準決勝では飯能高を相手にノーヒットノーランを記録。しかし決勝で、第40回選抜高等学校野球大会で優勝した大宮工の吉沢敏雄投手(慶大東京ガス)に抑えられ0-1xで敗退した。新井は右の本格派で、関東では巨人入りした島野修と並ぶ好投手といわれた。

1968年のドラフト5位で阪急ブレーブスに指名され、プロ入り。なお、後に「阪急ブレーブス黄金期」の主力選手となる山田久志加藤秀司福本豊といった面々も、新井と同時に入団している。

プロでは投手に専念し、2年目の1970年に公式戦初登板を果たす。1973年には51試合に登板、中継ぎとして活躍した。同年は2勝をあげ、7月1日には日拓ホームフライヤーズを、張本勲の適時打による1失点に抑え、初完投勝利を飾る。しかし翌年は登板数が激減。1976年6月26日には近鉄バファローズを相手に3年ぶりに先発。太田幸司と投げ合い完投するものの、クラレンス・ジョーンズに3本塁打、伊勢孝夫に満塁本塁打を喫するなど10失点、敗戦投手となりプロ野球としては珍しい記録となった。

その後、1977年のシーズン開幕前に竹村一義と共に笹本信二との交換トレードで阪神タイガースに移籍したが、タイガースでは不本意な成績に終わった。そして1978年オフに引退し、以降はタイガースで暫くの間、打撃投手を務めた(1979年から1987年まで)。

若き日の堀内(巨人)を彷彿させるフォームであった。球種としては、ストレート、大きなカーブ、キレの良いスライダーを投げた。打撃投手としては、掛布の恋人と呼ばれた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1970 阪急 4 0 0 0 0 0 0 -- -- .000 52 14.0 8 0 1 0 0 13 1 0 1 0 0.00 0.64
1972 8 3 0 0 0 0 2 -- -- .000 100 24.2 23 2 7 0 0 15 0 0 12 10 3.60 1.24
1973 51 4 1 0 0 2 2 -- -- .500 451 111.2 100 9 22 0 2 55 3 0 38 36 2.89 1.18
1974 1 0 0 0 0 0 0 0 -- .000 8 2.0 2 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0.00 1.50
1975 6 0 0 0 0 0 0 0 -- .000 72 15.0 24 8 5 0 0 8 0 0 18 15 9.00 1.93
1976 7 1 1 0 0 1 1 0 -- .500 114 25.0 30 8 11 0 0 7 0 0 26 23 8.28 1.64
1977 阪神 2 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 9 1.1 4 0 0 0 0 0 0 0 3 3 27.00 3.64
1978 3 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 22 4.0 10 2 2 0 0 3 0 0 7 7 15.75 3.00
通算:8年 82 8 2 0 0 3 5 0 0 .375 828 197.2 201 29 49 0 2 101 4 0 105 94 4.27 1.27

背番号[編集]

  • 36(1969年 - 1976年、1978年)
  • 52(1977年)
  • 69(1979年 - 1981年)
  • 96(1982年 - 1987年)

脚注[編集]

  1. ^ a b プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、20ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]