河原明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
河原 明
大分ソーリンズ野球倶楽部
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大分県大分市
生年月日 (1949-06-10) 1949年6月10日(70歳)
身長
体重
182 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1967年 ドラフト1位
初出場 1968年
最終出場 1975年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

河原 明(かわはら あきら、1949年6月10日 - )は、大分県北海部郡佐賀関町(現役当時、現・同県大分市)出身の元プロ野球選手投手)。

現在は、大分ソーリンズ野球倶楽部のヘッドコーチを務めている。

来歴・人物[編集]

小学校3年生の時に野球を始め、佐賀関中学校時代はエースとして活躍した。

大分商業高校では、1967年、3年生の時にエースとして夏の甲子園に出場。1回戦(対網走南ヶ丘)と2回戦(対小倉工)で連続完封という快投を演ずる。準々決勝では市和歌山商野上俊夫と投げ合うが、18安打を喫し5-19と大敗、ベスト4進出は成らなかった[1]。秋の埼玉国体は決勝に進むが、大宮高金子勝美に抑えられ準優勝にとどまる。この国体で東奥義塾高の高木選手に本塁打されたのが「野球を始めてから初めて」だったと言う。

この年の秋、西鉄ライオンズからドラフト会議で1位指名を受け入団。もともとオーバースローの本格右腕であったが、入団後にサイドスローに修正された。

1年目の1968年から一軍に上がり、7月から先発としても起用されるが未勝利に終わる。翌1969年は先発陣の一角として活躍、8月5日には近鉄を相手に初完封を飾るなど12勝を挙げる。1970年黒い霧事件によって池永正明をはじめ主力投手4人が永久追放処分を受ける。この苦境の中で東尾修とともに投手陣を牽引し13勝を記録するが、一方でチーム力の低下は否めず、リーグ最多の19敗を喫する。翌1971年高橋明の移籍入団があったもののチーム事情は変わらず、4勝16敗に終わる。パ・リーグでは、1956年米川泰夫以来の連続リーグ最多敗戦投手を記録した。2年目から4年連続で40試合以上投げるなど、稲尾和久が衰え、引退した後のライオンズの主力投手の一員として頑張った。1973年はアメリカ1A・ローダイ・ライオンズに野球留学。1974年には復帰し、5勝10敗の記録を残す。

1974年オフに江藤慎一との交換トレードで大洋ホエールズへ移籍。野球評論家小西得郎は「将来の大洋のエース」と太鼓判を押した。フォームを横手からやや上にモデルチェンジし、1975年は27試合に登板し2勝を挙げるも、故障の悪化もあり在籍わずか1年で引退する事となった。

現在は地元・大分市で肉料理の店などを経営する傍ら、「大分ソーリンズ野球倶楽部」でヘッドコーチを務めているという。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1968 西鉄
太平洋
23 6 0 0 0 0 3 -- -- .000 204 46.0 41 8 22 1 2 28 1 0 31 25 4.89 1.37
1969 50 21 4 1 0 12 13 -- -- .480 723 170.1 155 18 64 6 6 99 2 0 82 70 3.71 1.29
1970 51 28 12 3 0 13 19 -- -- .406 1020 237.1 210 24 92 5 20 174 2 0 123 110 4.18 1.27
1971 50 26 3 0 0 4 16 -- -- .200 759 170.1 182 32 65 2 18 104 1 1 114 103 5.45 1.45
1972 43 19 3 1 0 5 12 -- -- .294 635 140.0 135 18 72 3 19 62 4 0 77 67 4.31 1.48
1973 6 3 0 0 0 0 1 -- -- .000 48 9.2 11 0 7 0 3 5 1 0 7 5 4.50 1.86
1974 30 20 4 1 1 5 10 1 -- .333 590 142.0 141 14 51 0 0 80 5 2 61 57 3.61 1.35
1975 大洋 27 4 0 0 0 2 2 0 -- .500 234 58.2 50 7 15 1 2 45 0 0 23 23 3.51 1.11
通算:8年 280 127 26 6 1 41 76 1 -- .350 4213 974.1 925 121 388 18 70 597 16 3 518 460 4.25 1.35
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号[編集]

  • 18 (1968年 - 1974年)
  • 29 (1975年)

脚注[編集]

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]