江藤省三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
江藤 省三
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 熊本県熊本市
生年月日 (1942-04-29) 1942年4月29日(76歳)
身長
体重
172 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1965年 ドラフト3位
初出場 1966年4月26日
最終出場 1976年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

江藤 省三(えとう しょうぞう、1942年4月29日 - )は、熊本県熊本市出身の元プロ野球選手内野手)・コーチ解説者。プロ野球選手および監督の江藤愼一は実兄。

2014年6月まで慶應義塾大学の助監督[1]2009年から2013年までは監督。

来歴・人物[編集]

八幡製鐵の社員の息子として生まれる。5歳から宇城市で過ごし、西部中学校から熊本商業高校へ進学。その後は中京商業高校へ転校し、1961年甲子園に春夏連続出場。春の選抜は1回戦で小倉工に惜敗[2]夏の選手権は準々決勝で、この大会に優勝した浪商のエース尾崎行雄らに抑えられ、完封負けを喫する[3]。秋の秋田国体では決勝で報徳学園を下し、優勝を飾る。高校同期に山中巽相羽欣厚、大森秀男(巨人)、1年下に林俊彦木俣達彦がいた。

卒業後は慶應義塾大学へ進学。東京六大学リーグでは3度優勝、1963年全日本大学野球選手権大会でも渡辺泰輔を擁し優勝を飾る。1965年にはマニラで開催された第6回アジア野球選手権大会(東京六大学選抜チームが日本代表)に出場、日本の優勝に貢献している。リーグ通算48試合出場、173打数45安打、打率.260、3本塁打、8打点。1964年春季リーグから4季連続ベストナイン(二塁手)。大学同期に広野功がいる。

1965年のドラフト3位で読売ジャイアンツに入団。好打好守の二塁手として期待されたが、土井正三の壁を破れず出番は少なかった。1969年に大学の先輩の水原茂が監督を務める中日ドラゴンズに移籍し出場機会が増えた[4]。ここにも高木守道がおりレギュラーは掴めなかったが、代打の切り札として存在感を示し、1972年には打率3割に達している。移籍した1969年の1シーズンのみ、兄・愼一とチームメイトであった(愼一は1969年オフに退団し、翌シーズンよりロッテオリオンズに移籍)。1974年のリーグ優勝に貢献。同年の日本シリーズでも、5試合に代打として起用されたが無安打に終わった。1976年限りで現役引退。

引退後は中日に残り1977年から1980年までスコアラー、大学の先輩である藤田元司の巨人監督に伴い巨人に復帰し1981年から1984年まで一軍内野守備走塁コーチ、1985年はファームディレクター、1986年から4年間編成担当、1990年から1992年まで再び藤田の下で一軍内野守備コーチ、1993年から1994年までスカウトを務めた。

1995年から千葉ロッテマリーンズ一軍守備コーチ、1996年はヘッドコーチを務め検査入院の為欠場した監督の江尻亮の代行として2試合監督代行を務めた[5]。成績不振の為監督の江尻と共に辞任。

1997年から2002年にはRFラジオ日本ジャイアンツナイター」・NHK-BSメジャーリーグ中継解説者を務めた。2003年は大学の後輩山下大輔が監督を務める横浜ベイスターズ一軍ヘッドコーチを務めるも低迷し、シーズン中二軍監督に配置転換され一年で退団。横浜退団後はクラブチーム「神奈川BBトリニティーズ・横浜ベイブルース」のGM兼監督として野球の普及活動を行っていたほか、東京中日スポーツ紙上で「コラム・野球教室」を担当していた。

2009年12月から、慶應義塾大学野球部に監督として復帰[6]。任期は4年で、同部の監督では初めてのプロ野球出身者であった。東京六大学野球の春季リーグ戦では、最初のシーズンであった2010年から2年連続で優勝。2011年6月11日の全日本大学野球選手権大会では、大会史上初のプロ出身監督対決になった東京国際大学(監督:古葉竹識)との準決勝を6-4で制した。

慶大監督在任中には、2012年プロ野球ドラフト会議の1巡目指名で阪神タイガースへ入団した伊藤隼太(2011年度主将)を皮切りに、3年連続で部員からプロ野球選手を輩出(2013年福谷浩司中日ドラゴンズからドラフト1位指名で入団、2014年白村明弘北海道日本ハムファイターズからドラフト6位指名で入団)。2012年には、同部史上初めての女子選手として、入部したばかりの川崎彩乃を投手で登録している。しかし、任期が満了した2013年11月に、監督の座を助監督の竹内秀夫に譲る格好でいったん退任した。

江藤は、2014年1月20日付で日本学生野球連盟から(プロ野球経験者による高校生への指導に必要な)学生指導資格の回復を認められたため、同年春からは慶應義塾各高校の野球部を統括する「総監督」として高校球児を指導する予定だった。しかし、竹内は大学監督への就任直後から、内臓疾患で長期にわたって入院。現場復帰の目途が立たないことから、大学では2014年2月28日に、江藤が同年の東京六大学野球の春季リーグ戦期間中に再び大学の野球部を指揮することを発表した。ただし、竹内が現場への復帰を前提に監督職へとどまったため、東京六大学野球連盟には竹内の代理扱いで江藤を「助監督」として登録。春季リーグ戦が終了する6月末までの指導で[1]、そのリーグ戦では、チームを6季ぶり・通算34度目の優勝に導いた[7]。江藤の後任の助監督には高多倫正が就任した[8](なお、竹内は現場復帰が叶わず、監督退任後の2015年8月5日に死去)。

2015年より社団法人若葉ゴールド・ベースボール・アカデミーの総監督として、千葉市の青少年に真正ベースボール指導を通した進学指導を行っている。

人物[編集]

激しい気性で知られた兄・愼一とは反対に、温厚な人柄。ゴルフの腕前はプロ級とのこと。

2010年には、2008年に逝去した愼一の野球殿堂入り(エキスパート部門での選出)が決まったため、7月23日のオールスター第1戦福岡Yahoo!JAPANドーム)試合前の野球殿堂入り表彰式に省三が出席している。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1966 巨人 14 23 23 0 3 0 0 0 3 1 0 0 0 0 0 0 0 2 1 .130 .130 .130 .261
1967 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1968 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1969 中日 34 30 28 6 7 0 0 2 13 7 0 2 0 0 2 0 0 5 2 .250 .300 .464 .764
1970 34 74 65 10 18 2 0 1 23 3 2 1 6 0 3 0 0 10 3 .277 .309 .354 .663
1971 58 98 84 5 23 4 1 1 32 4 2 1 7 0 7 0 0 8 2 .274 .330 .381 .711
1972 77 125 108 7 33 4 0 2 43 16 0 0 2 2 12 2 1 11 2 .306 .374 .398 .772
1973 84 139 127 6 35 5 0 3 49 19 0 0 3 0 7 0 2 16 7 .276 .324 .386 .709
1974 78 78 69 1 18 1 0 1 22 9 0 0 3 0 6 0 0 6 5 .261 .320 .319 .639
1975 70 72 61 4 17 1 0 2 24 6 0 0 2 1 8 1 0 8 0 .279 .357 .393 .751
1976 12 11 9 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 0 0 1 0 .000 .100 .000 .100
通算:11年 464 653 577 40 154 17 1 12 209 65 4 4 24 3 46 3 3 67 22 .267 .323 .362 .685

背番号[編集]

  • 22 (1966年 - 1967年)
  • 33 (1968年)
  • 28 (1969年 - 1976年)
  • 83 (1995年 - 1996年)
  • 82 (2003年)

関連情報[編集]

出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 高校生指導の予定が…慶大 江藤氏「代行監督」を発表”. スポーツニッポン (2014年2月28日). 2014年8月14日閲覧。
  2. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  3. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  4. ^ 日本プロ野球監督列伝―1936ー2014、2014年、P91、ベースボール・マガジン社
  5. ^ 日本プロ野球平成の名将 - 1989-2012、2012年、ベースボール・マガジン社、P101
  6. ^ 慶大・江藤新監督ヤル気満々 (『スポーツニッポン』2009年11月11日付記事)[リンク切れ]
  7. ^ 慶大V江藤助監督、竹内監督へ「恩返し」”. 日刊スポーツ (2014年6月2日). 2014年8月14日閲覧。
  8. ^ 春優勝の慶大、秋は高多倫正氏が監督代行”. 日刊スポーツ (2014年8月2日). 2014年8月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]