田野倉利男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
田野倉 利男
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都三鷹市
生年月日 (1954-04-03) 1954年4月3日(63歳)
身長
体重
175 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1972年 ドラフト4位
初出場 1973年10月18日
最終出場 1988年10月22日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • ロッテオリオンズ (1989 - 1990)

田野倉 利男(たのくら としお、1954年4月3日 - )は中日ドラゴンズロッテオリオンズに所属した元プロ野球選手内野手)。東京都出身。引退後はロッテの2軍コーチを務めた。

来歴・人物[編集]

早実高では遊撃手、四番打者として活躍。1972年春季関東大会都予選では決勝に進出し、待井昇吉沢俊幸のいた日大三高を降す。続く関東大会でも決勝で成東高を破り優勝を飾った。成東高には後にプロで同期となる鈴木孝政がいたが、この試合には登板しなかった。同年夏は都予選で敗れ、甲子園には出場できなかった。

ドラフト4位で中日に入団。なかなか一軍に定着できなかったが、1976年には広瀬宰の移籍もあって、遊撃手の定位置を正岡真二梅田邦三と争う。しかし打撃面で実績を残せず、その後は一時低迷。1980年には衰えの見える二塁手高木守道と併用され、翌1981年には高木の引退でレギュラーを獲得。同年は規定打席に届かないものの打率.278、14本塁打の好記録を残す。しかし翌年に上川誠二が入団し、激しい定位置争いの末、1983年にはポジションを譲る。その後は内野のユーティリティプレイヤーとして起用された。

燃えよドラゴンズ!』では、1979年版(歌:山本正之)と1982年版(歌:板東英二)に名前が登場する。

1985年劔持貴寛との交換トレードでロッテへ移籍。ここでも内野の準レギュラーとして活躍。1987年には一塁手、二塁手として39試合に先発出場を果たすが、1988年限りで現役引退。

改名がとても多く「正樹」「利長」「利行」「利男」(2番目以降は、読みがいずれも「としお」)と様々な名前を名乗った事で有名である。

引退後は1990年までロッテの2軍コーチを務めた。野球解説はJSPORTSで一時期行なっていたが2007年テレビ東京で復帰するまで離れていた。解説者としては割りとボソボソとした語り口ではあるものの、的を射た解説をする。

家業である徽章制作会社「有限会社山十徽章」の代表取締役を務める傍ら、YBC野球塾の塾長として野球教室・野球塾も運営し、ジャニーズ所属タレントの野球大会(2000年頃)(フジテレビ)の監督を務めた事がある。2014年9月15日放送の『乃木坂って、どこ?』では生駒里奈にキャッチボールを指導した[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1973 中日 2 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1974 4 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
1975 21 19 18 2 5 0 0 0 5 2 0 3 0 0 1 0 0 7 0 .278 .316 .278 .594
1976 80 89 83 8 13 5 0 0 18 3 0 0 0 0 5 0 1 24 1 .157 .213 .217 .430
1977 19 8 7 3 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 1 0 0 3 0 .286 .375 .286 .661
1978 15 20 20 2 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 7 0 .100 .100 .100 .200
1979 11 4 4 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
1980 84 213 186 25 42 10 1 10 84 27 0 0 6 1 14 1 6 50 2 .226 .300 .452 .751
1981 113 365 313 38 87 14 3 14 149 39 4 2 10 2 36 3 4 77 6 .278 .358 .476 .834
1982 92 231 200 17 44 7 0 6 69 19 1 5 8 3 18 7 2 44 7 .220 .287 .345 .632
1983 78 192 161 15 36 4 1 6 60 20 1 2 1 1 29 2 0 51 1 .224 .340 .373 .713
1984 29 29 25 5 4 0 0 1 7 2 0 0 1 0 3 0 0 5 2 .160 .250 .280 .530
1985 ロッテ 46 79 69 9 18 3 1 2 29 6 1 0 1 1 8 0 0 15 1 .261 .333 .420 .754
1986 48 75 65 5 11 2 0 2 19 10 0 0 1 1 7 0 1 15 1 .169 .257 .292 .549
1987 78 167 141 20 49 10 1 9 88 24 3 3 1 1 24 2 0 34 3 .348 .440 .624 1.064
1988 26 49 38 3 4 1 0 0 5 0 0 0 0 0 10 0 1 15 1 .105 .306 .132 .438
通算:16年 746 1546 1336 155 317 56 7 50 537 152 10 15 29 10 156 15 15 352 25 .237 .322 .402 .724

記録[編集]

背番号[編集]

  • 52 (1973年 - 1980年)
  • 8 (1981年 - 1984年)
  • 10 (1985年 - 1986年)
  • 4 (1987年 - 1988年)
  • 77 (1989年 - 1990年)

登録名[編集]

  • 田野倉 利男 (1973年 ‐ 1978年)
  • 田野倉 正樹 (1979年 ‐ 1983年)
  • 田野倉 利長 (1984年 ‐ 1986年)
  • 田野倉 利行 (1987年 ‐ 1990年)

エピソード[編集]

ニックネームは「金魚」。その名前の由来は出目金魚のように目が大きかったことから。決勝ホームランを打った田野倉に、その試合の勝利投手であった星野仙一が「今日は金魚がよく打ってくれた。大手柄だな」と感謝の言葉を述べていた。宇野勝が七番、田野倉が八番を打っていたころは、地元のマスコミはそのころ人気があった「たのきんトリオ」をもじって、この二人を「うのきんコンビ」と呼ぶことがあった。 高代延博と仲が良く、高代から「ぶんちゃん」と呼ばれている。

出演[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]