小山武夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小山 武夫(こやま たけお、1909年明治42年)7月3日 - 2003年平成15年)1月1日)は日本の新聞記者実業家中日新聞相談役中日ドラゴンズオーナー社長ボーン国際記者賞受賞、芹沢光治良は実兄。

略歴[編集]

1909年(明治42年)7月3日、静岡県沼津市に生まれる。沼津中学校を卒業し、1934年昭和9年)に法政大学経済学部を卒業する。満州国通信社同盟通信社共同通信社で記者として勤務し、1944年(昭和19年)に応召され、日本陸軍に入隊する。1946年(昭和21年)に中部日本新聞社に入社し、同社東京総局政治部長などを経て、1953年(昭和28年)に同社論説委員長、1956年(昭和31年)に同社取締役1959年(昭和34年)に同社常務に就任する。

1967年(昭和42年)に中日球団オーナー兼社長に就任し、1979年(昭和54年)まで同球団社長を、1981年(昭和56年)まで同球団オーナーを務める。

1952年(昭和27年)に『中国国民政府との講和締結会談の報道』でボーン国際記者賞を受賞する。

著書[編集]

  • 『補充兵記者』(東京新聞出版局、1981)
  • 『思い出の幾山河』(中日新聞本社、1986)
  • 『私の見た中国大陸五十年-汪兆銘から鄧小平まで』(行政問題研究所、1986)

参考[編集]

外部リンク[編集]