片貝義明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
片貝 義明
矢場とんブースターズ #88
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 群馬県吾妻郡中之条町
生年月日 (1951-09-27) 1951年9月27日(65歳)
身長
体重
181 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 捕手
プロ入り 1972年 ドラフト2位
初出場 1974年
最終出場 1976年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

片貝 義明(かたがい よしあき、1951年9月27日 - )は、群馬県出身の元プロ野球選手。ポジションは捕手。息子はスタイリストの片貝俊。

来歴・人物[編集]

前橋工業高校では1968年、2年生の時にチームが夏の甲子園に出場するが、片貝の出番はなかった。1969年の夏は正捕手として北関東大会準決勝に進出する。しかし宇都宮学園に敗れ、甲子園出場はならなかった。高校同期に佐野仙好三塁手柚木秀夫投手がいた。卒業後は日本石油に進み、1971年から都市対抗野球大会に2年連続出場。

1972年ドラフト会議中日ドラゴンズから2位指名を受け入団。しかし当時の中日捕手陣は木俣達彦新宅洋志と実力者が揃っており、一軍での出番はほとんどなかった。1976年にはシーズン終盤に2試合に先発マスクを被るが、その後は出場機会に恵まれず、1980年限りで引退

引退後は、スコアラー、二軍コーチと一軍コーチを経て、再びスコアラーになり、2005年から2008年までは動作解析担当を務めていた。営業部職員を経て退団し、2015年4月より社会人野球・矢場とんブースターズ部長兼コーチ、2016年から部長兼監督に昇格した[1][2]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1974 中日 7 5 4 0 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 1 1 0 .250 .400 .250 .650
1976 6 8 8 2 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .250 .250 .250 .500
通算:2年 13 13 12 2 3 0 0 0 3 1 0 0 0 0 0 0 1 3 0 .250 .308 .250 .558

年度別守備成績[編集]

年度 試合 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
1974 2 1 1 0 .000
1976 4 4 3 1 .250
通算 6 5 4 1 .200

背番号[編集]

  • 41 (1973年 - 1975年)
  • 50 (1976年 - 1980年)
  • 88 (1990年 - 1991年)
  • 96 (1992年)
  • 78 (1993年 - 1994年)
  • 79 (1995年)
  • 10 (2015年 - 2016年)
  • 88 (2017年 - )

脚注[編集]

  1. ^ 元中日の片貝さん率いる矢場とんブースターズが全日本クラブ野球選手権に初出場 サンケイスポーツ 2016年6月26日
  2. ^ スタッフ・選手紹介 - 矢場とんブースターズ公式サイト

関連項目[編集]