高木時夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高木 時夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県
生年月日 1937年4月21日
没年月日 (2006-01-23) 2006年1月23日(満68歳没)
身長
体重
173 cm
67 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1961年
初出場 1961年
最終出場 1973年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 中日ドラゴンズ (1968, 1972 - 1980)

高木 時夫(たかぎ ときお、 1937年4月21日 - 2006年1月23日)は、埼玉県出身の元プロ野球選手捕手)・コーチ

経歴[編集]

浦和高校時代はサッカーをやっていた事もあった。高校卒業後は日本大学へ進学し、東都大学リーグでは在学中3度の優勝を経験。宮田征典とバッテリーを組み、1959年秋季リーグの優勝に貢献。リーグ通算31試合出場、73打数20安打、打率.274、0本塁打、6打点、ベストナイン1回受賞。大学同期に会田豊彦黒木基康大洋)・笹木士朗(日本鋼管)らがいた。大学卒業後は富士製鐵釜石に入社し、1961年常磐炭砿の補強選手として都市対抗に出場。同年のシーズン途中に中日ドラゴンズへ入団。1964年には小川敏明とレギュラーを争い、83試合に出場。その後は新宅洋志と共に木俣達彦の控え捕手として活躍。1968年には1年だけ二軍コーチを兼任し、1969年からは選手専任に戻る。1969年5月5日広島戦(福井)では星野仙一とバッテリーを組み、初勝利をアシスト。1972年からは一軍コーチを兼任し、一軍出場の無かった1974年に引退。その後は中日の一軍バッテリーコーチ(1975年 - 1977年, 1979年 - 1980年)・二軍バッテリーコーチ(1978年)・スカウト(1981年 - 1991年)を務め、スカウト時代には当時無名だった山本昌を獲得。1992年からは母校・日大の先輩である田宮謙次郎の招聘で阪神タイガースに移籍し、編成部スカウト(中部地区担当)を務めた。阪神では舩木聖士安藤優也上坂太一郎を獲得し、定年後も2001年まで務めた。星野が監督に就任した2002年からは嘱託で球団広報(課長待遇)を務め、2003年限りで退団。

2006年1月23日原発性肺癌のため名古屋市内の病院で死去[1]。享年68歳。

死後、山本はナゴヤドームでの登板前は高木の墓参りを欠かさなかったという[2]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1961 中日 14 26 24 4 6 1 0 0 7 0 0 0 0 0 2 0 0 3 0 .250 .308 .292 .599
1962 38 67 64 2 16 1 0 0 17 3 0 1 2 0 1 0 0 3 0 .250 .262 .266 .527
1963 47 54 53 3 9 3 0 0 12 1 0 0 0 0 1 0 0 9 1 .170 .185 .226 .412
1964 83 164 146 11 32 3 0 1 38 8 0 0 2 2 11 2 3 14 7 .219 .288 .260 .548
1965 29 38 36 3 10 2 0 0 12 1 1 2 0 0 2 0 0 3 0 .278 .316 .333 .649
1966 10 9 9 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
1967 7 4 4 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .250 .250 .250 .500
1968 10 14 11 0 1 0 0 0 1 0 0 0 1 0 2 0 0 1 0 .091 .231 .091 .322
1969 16 7 7 0 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .143 .143 .143 .286
1970 19 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1971 27 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1972 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1973 13 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
通算:13年 314 383 354 23 76 10 0 1 89 14 1 3 5 2 19 2 3 37 8 .215 .261 .251 .512

背番号[編集]

  • 6 (1961年 - 1962年)
  • 31 (1963年 - 1971年)
  • 68 (1972年 - 1977年)
  • 75 (1978年 - 1980年)

脚注[編集]

  1. ^ 山本昌、200勝必ず 恩師・高木時夫さんの死に決意新た”. 中日スポーツ (2006年1月24日). 2013年8月5日閲覧。
  2. ^ 引退試合で万感3球…山本昌「初めて楽しいと思って投げられた」 - スポーツニッポン、2016年3月6日

関連項目[編集]