杉山悟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
杉山 悟
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県豊田市
生年月日 1926年1月1日
没年月日 (2009-03-27) 2009年3月27日(83歳没)
身長
体重
180 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1948年
初出場 1948年
最終出場 1960年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

杉山 悟(すぎやま さとし、1926年1月1日 - 2009年3月27日)は、日本プロ野球選手外野手)。

経歴[編集]

愛知県豊田市出身。岡崎中学卒業。身長180cmを超える体だったことから、「デカちゃん」の愛称で知られた。

パワーのあるバッティングがスカウトの目にとまり、軟式野球のチームだったユタカ産業から1948年中日ドラゴンズに入団。

入団2年目の1949年には31本塁打をマーク。1952年に27本を打ち、本塁打王のタイトルに輝く。同年に、ベストナインも受賞する。

1954年には打点王と2回目のベストナインを獲得する。この年は主に5番を打った。この年の日本シリーズ第1戦で、西鉄西村貞朗から頭部死球を受けた。チームは日本一となったが、その後、死球禍で腰が引ける癖が付き、成績を次第に落とした。

1959年自由契約となり、国鉄スワローズへ移籍するが、活躍はできず再び自由契約となる。1960年近鉄バファローに移籍し、6月30日の大毎オリオンズ戦では荒巻淳から逆転打を放ちプロ野球記録の18連勝中だった大毎をストップする殊勲もあったが、全盛期のような成績は残せずこの年に現役引退した。

その後、中日で二軍監督・コーチをし、日本ハムファイターズでもコーチを務めた。また、ラジオ関東野球解説者をしていた時期もあった。

2007年に中日が日本一に輝いた際、中日新聞の取材を受けて久々にマスコミに登場した。

2009年3月27日肺がんのため死去。83歳没[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1948 中日
名古屋
中日
134 404 375 37 87 14 2 11 138 44 4 4 2 -- 27 -- 0 86 -- .232 .284 .368 .652
1949 128 507 475 67 124 18 4 31 243 64 2 5 0 -- 28 -- 3 69 -- .261 .306 .512 .818
1950 128 494 457 67 110 17 3 21 196 63 19 4 0 -- 36 -- 1 67 7 .241 .298 .429 .726
1951 97 401 370 66 107 17 7 18 192 58 16 10 2 -- 27 -- 2 43 10 .289 .341 .519 .860
1952 99 415 360 68 110 29 5 27 230 84 11 8 1 -- 52 -- 2 53 11 .306 .396 .639 1.035
1953 104 418 378 54 107 20 3 16 181 70 13 7 0 -- 38 -- 2 45 6 .283 .352 .479 .831
1954 129 539 473 71 129 26 3 28 245 91 11 12 4 5 54 -- 3 78 20 .273 .351 .518 .869
1955 118 479 450 52 109 24 4 19 198 67 9 11 1 4 23 1 1 79 12 .242 .281 .440 .721
1956 108 370 346 31 74 16 2 11 127 41 5 4 0 1 21 0 2 53 5 .214 .263 .367 .630
1957 122 463 427 34 79 19 3 12 138 44 4 8 2 2 29 1 3 91 7 .185 .242 .323 .565
1958 96 336 313 20 81 12 2 9 124 41 7 5 1 3 17 1 2 50 6 .259 .301 .396 .697
1959 国鉄 29 77 67 4 10 2 0 2 18 9 0 1 3 0 7 0 0 14 4 .149 .230 .269 .498
1960 近鉄 99 295 271 22 57 10 1 4 81 22 4 4 2 1 18 0 3 61 5 .210 .267 .299 .566
通算:13年 1391 5198 4762 593 1184 222 39 209 2111 698 105 83 18 16 377 3 24 789 93 .249 .307 .443 .750
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 中日(中日ドラゴンズ)は、1951年に名古屋(名古屋ドラゴンズ)に、1954年に中日(中日ドラゴンズ)に球団名を変更

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 33 (1948年 - 1950年)
  • 4 (1951年 - 1956年)
  • 25 (1957年 - 1958年)
  • 2 (1959年)
  • 5 (1960年)
  • 75 (1963年 - 1964年)
  • 63 (1965年 - 1966年)
  • 60 (1967年 - 1968年)
  • 70 (1971年 - 1973年)
  • 68 (1974年 - 1975年)
  • 83 (1976年)
  • 61 (1977年 - 1980年)

エピソード[編集]

中日ドラゴンズ時代の大阪タイガース1954年7月25日大阪球場)戦で、杉山は延長10回表にタイガースの投手駒田桂二から2点本塁打を放ったが、その裏にタイガースがドラゴンズ捕手(河合保彦)のファウルチップ打球処理に絡むトラブルで試合の続行を拒否して放棄試合となり、中日の9-0勝利となった。しかし、その当時の公式記録の認定が「イニングの表・裏の完了がなければならない」規定であった為、杉山の本塁打がルールにより取り消され、幻の本塁打となる一幕もあった(幻の本塁打一覧も参照)。

脚注[編集]

  1. ^ 杉山悟氏死去/元プロ野球選手”. 四国新聞. 2009年3月28日閲覧。

関連項目[編集]