広田順

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
広田 順
Jun Hirota 1955 Scan10020.jpg
1955年撮影
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ハワイ準州オアフ島ホノルル
生年月日 1925年8月3日
没年月日 (2003-09-10) 2003年9月10日(78歳没)
身長
体重
170 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1952年
初出場 1952年
最終出場 1956年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

広田 順(ひろた じゅん、1925年8月3日 - 2003年9月10日)は、アメリカ合衆国ハワイ準州オアフ島ホノルル出身の元プロ野球選手捕手)・コーチ監督

経歴[編集]

マッキンレー高校からハワイ大学[1]を経て、ノンプロチーム「ハワイ朝日軍」で捕手を務めていたが、同じくハワイ生まれの日系二世で前年度に来日していた与那嶺要の「カーリー(広田のこと)なら大丈夫」との太鼓判もあり[2]1952年に来日し読売ジャイアンツに入団。1年目から79試合にマスクを被って楠協郎を押しのけて正捕手となり[1]、同年オールスターゲームにも出場する。翌1953年から1955年まで3年連続でベストナインを受賞するとともに、新人から4年連続でオールスターにも選出された。しかし、1954年頃から若い藤尾茂の台頭により徐々に出場試合が減り始め、1955年の日本シリーズで藤尾が大活躍して以降レギュラーを譲る形となり、1956年限りで引退した。捕手として423試合出場は日本プロ野球外国人選手として最多である[3]

引退後は近鉄バファローズスカウトや一軍コーチ(1971年, 1973年)、二軍監督(1972年)を歴任。 

2003年9月10日老衰のためアメリカハワイ州ホノルル郊外の老人ホームで死去[4]。78歳[5]

選手としての特徴[編集]

強肩から投じる二塁送球は低い軌道を描き、投手は相当しっかり低い姿勢を取らないと送球に当たってしまう危険があるほどであった[2]。ワンバウンド投球に対して身を挺して身体で止め、滅多に逸らすことはなかったが、上半身には投球が当たった青あざが多数あった[2]。また、第二期黄金時代の巨人が誇った、別所毅彦藤本英雄中尾碩志大友工ら剛球投手の受け続けたために、キャッチャーミットを填めていた左手は5本とも曲がっていたという[6]。一方で、身のこなしは軽く、入団早々ファウルボールを追いかけてベンチに倒れ込んだが、ケガをしなかった[7]

当時の巨人のエース格であった別所毅彦によると、リードは強気でピンチの際にも決して逃げることはなかった[2]。一方で、相手打者をよく観察して、裏をかくこともうまかったという[7]

逸話[編集]

巨人入団時に年齢は27歳とされていたが、頭髪が真っ白で、千葉茂は著書で5歳ほどサバを読んでいたのではと述べている[8]

イラストレーター柳原良平再従兄弟にあたる[9]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1952 巨人 91 261 235 28 65 11 2 4 92 23 3 3 3 -- 21 -- 2 18 3 .277 .341 .391 .733
1953 115 434 385 52 93 17 0 5 125 39 4 1 10 -- 33 -- 6 36 5 .242 .311 .325 .636
1954 106 379 344 49 90 3 4 9 128 37 3 1 6 3 22 -- 4 44 10 .262 .314 .372 .686
1955 97 340 297 32 66 11 1 6 97 30 7 0 3 1 35 2 4 33 4 .222 .313 .327 .639
1956 30 72 69 6 20 1 1 2 29 15 1 0 0 0 3 0 0 11 1 .290 .319 .420 .740
通算:5年 439 1486 1330 167 334 43 8 26 471 144 18 5 22 4 114 2 16 142 23 .251 .318 .354 .672

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 6 (1952年 - 1956年)
  • 30 (1971年)
  • 60 (1972年 - 1973年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 『The Official Baseball Encyclopedia '94』(社)日本野球機構、1994年
  2. ^ a b c d 『20世紀のプロ野球名選手100人』60頁
  3. ^ ベースボールマガジン』2011年9月号100頁
  4. ^ 共同通信2003年9月18日配信
  5. ^ なお、共同通信の訃報では81歳とする。
  6. ^ 『魔球伝説』220頁
  7. ^ a b 『巨人軍の男たち』155頁
  8. ^ 『巨人軍の男たち』156頁
  9. ^ 『柳原良平 船の本② 船キチの記』徳間書店徳間文庫 92頁、1987年。

参考文献[編集]

関連項目[編集]