土屋弘光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
土屋 弘光
Hiromitsu Tsuchiya 1955 Scan10016.jpg
明治大学時代(1955年撮影)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県福山市
生年月日 (1932-11-25) 1932年11月25日(85歳)
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1956年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

土屋 弘光(つちや ひろみつ、1932年11月25日 - )は、広島県福山市出身[1]の元プロ野球選手内野手)、野球解説者。引退後は、所属していた中日ドラゴンズの球団マネジャー・スカウト・コーチなどを務めた。

経歴[編集]

盈進商業卒業後、明治大学へ進学。主に二塁手、一番打者として活躍。東京六大学野球リーグでは同期のエース秋山登を擁し、1953年秋季リーグの戦後初優勝を含め、在学中に3度の優勝を経験。1954年1955年全日本大学野球選手権でも連続優勝を飾る[2]。秋山以外の大学同期に土井淳岩岡保宏沖山光利黒木弘重がおり、すべて大洋ホエールズ入りしている。

大学卒業後、1956年中日ドラゴンズへ入団。入団1年目の伊豆大仁キャンプ三日目に頭部に死球を受け、頭蓋骨骨折の重傷を負う[1]。6ヶ月入院した後も後遺症は長く残り、結局プロ野球選手として働く事なく1957年に現役を引退[2]。なお、土屋の頭部死球が、ヘルメット着用義務付けのきっかけとなった[3]

引退後は、中日でマネージャー(1958年 - 1959年)、スコアラー(1960年 - 1961年)、二軍コーチ(1962年 - 1967年)を歴任[1]1968年、中日にコーチで来ていたドジャースのロイ・ハートフィールドに熱血と才を買われ、ベロビーチキャンプに招かれる。約半年アメリカに滞在し[1][2]、その後も5度渡米。アメリカの野球を学んだ[1]

帰国後は、ロッテ1969年1988年 - 1990年二軍守備・走塁コーチ, 1970年 - 1976年1987年一軍守備・走塁コーチ, 1977年-1978年ヘッドコーチ)、中日(1979年 - 1980年ヘッドコーチ)、大洋1981年一軍守備・走塁コーチ)でコーチを歴任[1]

1962年、史上初の春夏連覇を達成した作新学院の夏の優勝をもたらした加藤斌投手を獲得する為、中日はコーチだった独身の土屋とミス・ユニバース栃木県代表で美人の加藤の姉を見合いさせ、加藤に近付くというウルトラCを繰り出した。スカウトでもない土屋は田村和夫スカウトに同行して再三、加藤家を訪ね作戦は成功。巨人志望ともいわれた加藤は逆転中日入団、及び土屋と加藤の姉は結婚した。当時の雑誌に"姉と弟を同時にスカウトした土屋コーチ"と書かれた。なお加藤は2年後、自動車事故により20歳で逝去した[4]

ロッテ守備コーチ時代には、遊撃手としてスローイングが一定しない山崎裕之二塁手コンバート[5]。ロッテコーチ時代の1970年には、開幕第一戦にベテランで堅守の三塁手・前田益穂一番起用を濃人渉監督に進言、起用に応えた前田が激走三塁打を放ち、この年のリーグ優勝への道を拓いた[2]

コーチ業の合間を縫って、TBCラジオ解説者1982年 - 1986年, 1991年 - 2009年)を務めた。現在はマスターズリーグ・東京ドリームスのコーチや社会人野球クラブチームNTT信越硬式野球クラブの総監督も務めている。TBCラジオでの解説は東北楽天ゴールデンイーグルス発足前(ロッテの準本拠時代)から務めており長いキャリアとなる。出番はそれ程多くないが大リーグ事情にも詳しく貴重な存在であった。

2012年3月31日の開幕2試合目、TBCテレビで行われたテレビ中継(TBC開局60周年デー)に、元TBCのアナウンサーである吉岡徹也と共に登場し、6回の1イニング限定で実況吉岡徹也、解説土屋弘光のコンビが復活した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 66 (1956年 - 1957年)
  • 60 (1963年 - 1964年)
  • 62 (1965年 - 1967年)
  • 57 (1969年 - 1972年)
  • 84 (1973年 - 1978年)
  • 68 (1979年 - 1980年)
  • 77 (1981年)
  • 83 (1987年 - 1990年)

関連情報[編集]

過去の出演番組[編集]

著書[編集]

  • 『NEW(ニュー)野球テクニック〈投手・守備編〉』 学習研究社、1988年8月。ISBN 978-4051017224
  • 『NEW野球テクニック〈打撃・走塁・チーム守備編)』 学習研究社、1989年3月。ISBN 978-4051017231

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f #テク投守6頁
  2. ^ a b c d 東京スポーツ・ 2008年5月3日付 「ネット裏 越智正典」
  3. ^ 森芳博 (1980-04). ドラ番三〇年―勝負に生きた男たち. 中日新聞本社. ASIN B000J88CDU. 
  4. ^ 石川泰司『消えた男たち』毎日新聞社、1986年
  5. ^ 新宮正春『プロ野球を創った名選手・異色選手400人』講談社文庫、1999年、P.223

関連項目[編集]