ドン・ブラッシンゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドン・ブラッシンゲーム
Don Blasingame
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ミシシッピ州コリンス
生年月日 (1932-03-16) 1932年3月16日
没年月日 (2005-04-13) 2005年4月13日(73歳没)
身長
体重
177 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 内野手
プロ入り 1953年 アマチュアFA
初出場 MLB / 1955年9月20日
NPB / 1967年4月8日
最終出場 MLB / 1966年8月27日
NPB / 1969年9月28日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

ドン・リー・ブラッシンゲームDon Lee Blasingame, 1932年3月16日 - 2005年4月13日)は、アメリカ合衆国ミシシッピ州コリンス出身の元プロ野球選手コーチ監督ブレイザー(Blazer)の愛称でも知られ、NPBでの登録名でもあった。

義理の父であるウォーカー・クーパー英語版メジャーリーグで活躍した元プロ野球選手。夫人はミス・カリフォルニア[1]

経歴[編集]

ブラッシンゲームの名は、全て日本プロ野球登録時の「ブレイザー」とする。

メジャー時代[編集]

コリンス高等学校からリプスコム大学を経て、1953年セントルイス・カージナルスへ入団し、1955年9月20日のシカゴ・カブス戦(ブッシュ)でメジャー初出場を果たす。1956年からレギュラー二塁手として定着し、1958年にはオールスターゲームに出場するなど、1950年代末のメジャーリーグを代表する選手として活躍する。

ブレイザーが初めて日本プロ野球に触れたのが、1959年大阪スタヂアムで行われた、南海ホークス大毎オリオンズ連合チームとの対戦である。この試合では榎本喜八(大毎)が放ったセンターへ抜けようかという打球を逆シングルで好捕し、二塁へ入った遊撃手から一塁への華麗な併殺で仕留めた。このあっという間のプレーに、当時全盛期で一塁走者だった広瀬叔功(南海)はなぜ自分がアウトになったのか分からず、二塁ベース上で呆然とするしかなかった[2]。この試合とブレイザーの練習を観察していた広岡達朗は大きな影響を受け、ブレイザーが黙々と守備の基本動作を繰り返している様子を見て感化され、「体の正面で捕る」重要さを思い知ったという[3]

1960年にはサンフランシスコ・ジャイアンツ1961年途中にシンシナティ・レッズへ移籍し、同年のナショナル・リーグ優勝に大きく貢献、ワールドシリーズにも出場する[1]など、充実したシーズンを送った。1963年のシーズン途中に故障で戦列を離れると、その間に後にメジャーリーグ歴代最多安打記録保持者となるピート・ローズが正二塁手に定着、ブレイザーの出場機会は大きく減少し、そのままワシントン・セネタースへ移籍した。セネタースで再度二塁手に返り咲き、1966年カンザスシティ・アスレチックスへ移籍した後、1967年に南海ホークスへ入団した。

南海時代~野村との野球観[編集]

南海入団時、本名の「ブラッシンゲーム」ではスコアボードに書ききれないため、愛称の「ブレイザー」を登録名とし、そのまま日本での呼称となった。1959年の南海・大毎連合チームとの対戦でも見せた併殺時の素早い足の運びとグラブ捌き、正確な送球は健在で、打撃面でも勝負強いバッティングを見せ、シーズン全般に渡って攻守に渡って質の高いプレーで格の違いを示し[1]1967年1968年と2年連続でベストナインを受賞した。またブレイザーは送りバントの技術にも長けており[1]、セーフティでは三塁線ギリギリに転がすことが多く、切れそうで切れないゴロは芸術品とも言えるほどだった[1]。前述のように基本動作を何度も繰り返すことから、派手さは無いが技術の確実性は非常に高く、さらに捕球してから送球までの流れが速いことから、南海の投手陣は「困ったらドン(ブレイザー)の方向に」が合言葉だった[1]

1969年に引退後、1970年からは南海のヘッドコーチに就任した。この年、野村克也が「南海再建を託せるのは君しかいない」とオーナーの川勝傳から要請されたものを受諾して35歳の若さで選手兼任監督となったが、その際に野村が挙げた条件が、ブレイザーのヘッドコーチ就任だった[4][5]。ヘッドコーチとしては1973年のパ・リーグ優勝に貢献したが、1977年のシーズン終盤に野村が公私混同を理由に解任されたのに合わせて退任した。

野村は「ブレイザーがヘッド(コーチ)じゃなきゃ監督は引き受けなかった」と語っている[1]。野村はブレイザーについて、「考える野球を教えてくれた恩人」と著書で記しており[6]、ブレイザーは試合前のミーティングにてそれまで南海の選手が見たことも聞いたことも無かった野球理論や知識を惜しげもなく伝授し、「シンキング・ベースボール」の奥深さを教えた[6]。ただ一試合、一試合をこなすのではなく、その試合毎に緻密な野球を組み立てる方法で、日本プロ野球界に革命をもたらした[1]。また野村は、ブレイザーを何度も食事に連れ出し、メジャーで生き残る秘訣を訊いた。ある日、ブレイザーから「君(野村)が打者の時、ヒットエンドランのサインが出たらどうするか?」と聞かれ、「フライと空振りはダメ。どうにかして打球を転がす」と答えたが、ブレイザーは「それだけか?」と聞き返し、「まだあるぞ。走者がいるということは必ずセカンドかショートが二塁ベースカバーに入るから、セカンドが入れば一~二塁間、ショートが入ったら三遊間方向に打球を転がすんだ」とさらりと答え、野村は感服した。このことから、野村は「自分のID野球の源流はブレイザーにある」と常々語っている。

当時、南海の現役選手だった江本孟紀は、「日本流の単純な根性論とは180度異なる野球観。相手の癖や性格を分析し、ゲーム(試合)の状況に応じて戦略を臨機応変に切り替えるという、極めて頭脳的なスポーツの世界である。野村監督の試合前の想定問答はブレイザー直伝である」と記している[7]

広島、阪神時代[編集]

南海を退団したブレイザーの元へは、その野球観を教えてほしいと古葉竹識からの依頼があり、1978年広島東洋カープの一軍守備兼ヘッドコーチに就任した。大阪へ家族を残したまま単身赴任としてチームを指導し、古葉は「ブレイザーの野球を見て本当に勉強になった」と述べた[1]1979年には阪神タイガースの一軍監督に就任し、1976年に南海からトレード移籍していた江本と再会した。江本は前年オフに選手会長に就任したが、前年の阪神は球団史上初の最下位に終わっており、オーナーの小津正次郎からブレイザーの監督就任を聞き、「グッド・チョイス。ブレイザーならチームも変わると確信めいたものがあった」と歓迎した[8]

ブレイザーには南海時代からの「考える野球=シンキング・ベースボール」を取り入れた采配が期待され、就任一年目の同年は4位に終わったものの、最下位に終わった前年に比べれば持ち直し、特に失速する夏場までは首位争いにも加わるほどの躍進だった。この年の阪神はブレイザー自身が敢行した開幕前のクラウンライターライオンズとのいわゆる「世紀のトレード」(田淵幸一古沢憲司真弓明信若菜嘉晴竹之内雅史竹田和史)や、江川事件によって読売ジャイアンツから小林繁を獲得しての戦力アップも要因の一つだが、ブレイザーの手腕による面も大きかった。当時、遊撃手だった真弓には「(守備時に)爪先は常にホーム方向へ」と指示し、守備位置や自身の動きで投手の球種を相手打者に悟らせない「考える守備」を提唱した。

しかし、1980年に後に阪神で主力選手へ成長する大型ルーキー・岡田彰布が入団すると、起用法を巡ってフロントと対立する。岡田はブレイザーとの初対面で、通訳兼任コーチの市原稔を介して「オカダはまだ新人。いくら力のあるルーキーでも、メジャーでは最初からいきなり試合で起用することは無い」と告げられたことに、「そんなの関係ないやろ」と反骨心が芽生えたと記している[9][10]。結局、ブレイザーは岡田を起用しなかったことで新聞やマスコミ、ファンから批判を浴び、試合中には観客から「岡田を使え」コールが大きくなった[11]。さらにヤクルトスワローズから獲得したデーブ・ヒルトンを打撃不振であるにも関わらず守備面を評価して起用し続けたことも、そうした声に拍車をかけることとなった。ブレイザーから見れば、前述のメジャーでの起用法やヒルトンの守備評価に加え、岡田が入団した当時、阪神の二塁手には名手・榊原良行が君臨しており、「これなら一軍でずっと活躍出来ると確信を持てるまで、オカダを安易には使わない」と宣言していた[8]

その結果、ブレイザーの自宅にはファンから剃刀入りの手紙が届けられ[8]、ブレイザーの夫人は「こんな野蛮な国は嫌だ」と帰国を懇願したこと、さらに阪神フロントがヒルトンを成績不振により退団[12]させた後にブルース・ボウクレアを獲得したことを「フロントの現場への介入」と判断したこともあり、シーズン途中の同年5月14日で監督を退任した。ブレイザーは選手会長の江本に対し、「これだけオカダを育てようとしているのに分かってくれない。小津社長も『岡田を使え』とプレッシャーをかけてくる。だがそれは私の信念に反する。出来ないことだ」と述べるなど、最後まで主張を通そうとした[8]。なお、ブレイザーの後任には一軍ヘッド兼打撃コーチの中西太が就任したが昨年より順位を落として5位に終わり、選手会長の江本は以前から因縁のあった中西の監督就任や、自身の発言問題もあり、同年限りで現役を引退した。

南海復帰~晩年[編集]

阪神退団後も複数の球団から勧誘されたが、古巣・南海ホークスの監督に就任した[1]。しかし、ブレイザーの野球観は既に他球団に知れ渡って攻略され、一年目は5位、二年目は最下位に終わるなど低迷した。ブレイザーの持病である心臓病に痛風も加わるなど健康上の問題もあり、監督として南海を優勝に導くことが出来ないまま辞任、帰国した。帰国後は南海の駐米スカウトを経て、セントルイス・カージナルスおよびフィラデルフィア・フィリーズのコーチを担当、フィリーズではアドバイザーも務めた。息子のケントは日本球界の情報に詳しく、しばしば得た情報を父に伝えていたが、岡田が2005年に阪神の監督に就任したことは伝えなかったという(出典:読売新聞『追悼抄』)。

2005年4月13日、アリゾナ州にて死去、満73歳没。同年、岡田が率いる阪神タイガースは圧倒的な強さで2年ぶりのセ・リーグ制覇を成し遂げた。

ケントはその後、コロラド・ロッキーズの環太平洋スカウトを経て、2010年5月22日から父・ブレイザーの古巣である福岡ソフトバンクホークスの駐米スカウトに就任した[13]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1955 STL 5 23 16 4 6 1 0 0 7 0 1 1 1 0 6 1 0 0 0 .375 .545 .438 .983
1956 150 665 587 94 153 22 7 0 189 27 8 8 2 1 72 0 3 52 3 .261 .344 .322 .666
1957 154 728 650 108 176 25 7 8 239 58 21 9 5 1 71 4 1 49 4 .271 .343 .368 .711
1958 143 608 547 71 150 19 10 2 195 36 20 5 2 1 57 2 1 47 14 .274 .343 .356 .700
1959 150 691 615 90 178 26 7 1 221 24 15 15 7 0 67 2 2 42 3 .289 .361 .359 .720
1960 SF 136 583 523 72 123 12 8 2 157 31 14 2 7 2 49 1 2 53 4 .235 .302 .300 .602
1961 3 3 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 1 0 .000 .667 .000 .667
CIN 123 502 450 59 100 18 4 1 129 21 4 3 9 2 39 0 2 38 7 .222 .286 .287 .573
'61計 126 505 451 60 100 18 4 1 129 21 4 3 9 2 41 0 2 39 7 .222 .288 .286 .574
1962 141 570 494 77 139 9 7 2 168 35 4 3 9 2 63 2 2 44 4 .281 .364 .340 .704
1963 18 38 31 4 5 2 0 0 7 0 0 1 0 0 7 0 0 5 0 .161 .316 .226 .542
WS3 69 278 254 29 65 10 2 2 85 12 3 2 0 0 24 1 0 18 1 .256 .320 .335 .655
'63計 87 316 285 33 70 12 2 2 92 12 3 3 0 0 31 1 0 23 1 .246 .320 .323 .642
1964 143 556 506 56 135 17 2 1 159 34 8 5 9 1 40 1 0 44 1 .267 .320 .314 .634
1965 129 450 403 47 90 8 8 1 117 18 5 4 7 3 35 1 2 45 2 .223 .287 .290 .577
1966 68 222 200 18 43 9 0 1 55 11 2 1 4 0 18 0 0 21 0 .215 .280 .275 .555
KCA 12 21 19 1 3 0 0 0 3 1 0 1 0 0 2 0 0 3 0 .158 .238 .158 .396
'66計 80 243 219 19 46 9 0 1 58 12 2 2 4 0 20 0 0 24 0 .210 .276 .265 .541
1967 南海 128 527 478 61 128 18 6 5 173 28 5 9 6 3 38 2 2 38 4 .268 .322 .362 .684
1968 134 565 513 64 141 13 7 4 180 39 3 5 13 2 37 2 0 31 6 .275 .322 .351 .672
1969 104 409 365 46 102 10 1 6 132 19 5 2 14 1 27 0 2 35 5 .279 .332 .362 .693
MLB:12年 1444 5938 5296 731 1366 178 62 21 1731 308 105 60 62 13 552 15 15 462 43 .258 .329 .327 .656
NPB:3年 366 1501 1356 171 371 41 14 15 485 86 13 16 33 6 102 4 4 104 15 .274 .325 .358 .683
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別監督成績[編集]

年度 球団 順位 試合 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差 チーム
本塁打
チーム
打率
チーム
防御率
年齢
1979年 阪神 4位 130 61 60 9 .504 8.0 172 .268 4.15 47歳
1980年 5位 26 13 12 1 .520 -- -- -- -- 48歳
1981年 南海 5位 130 53 65 12 .449 5位・6位 128 .273 4.37 49歳
1982年 6位 130 53 71 6 .427 5位・6位 90 .255 4.05 50歳
通算:4年 416 180 208 28 .464 Bクラス4回
  • 順位はシーズン最終順位
※1 1979年から1996年までは130試合制
※2 1973年から1982年までパ・リーグは前後期制
※3 1980年、5月15日に監督を辞任

表彰[編集]

NPB

記録[編集]

MLB
NPB初記録
NPBその他の記録

背番号[編集]

  • 3 (1955年 - 1958年)
  • 11 (1959年)
  • 10 (1960年 - 1961年途中)
  • 19 (1961年途中 - 1963年途中)
  • 12 (1963年途中 - 同年終了)
  • 1 (1964年 - 1966年途中、1967年 - 1969年)
  • 8 (1966年途中 - 同年終了)
  • 50 (1970年 - 1977年)
  • 78 (1978年)
  • 80 (1979年 - 1980年)
  • 70 (1981年 - 1982年)

関連情報[編集]

著書[編集]

  • ブレイザーのシンキング・ベースボール―野球を激しく、考えてやろう - 藤江清志との共著、講談社、1979年

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 『週刊プロ野球データファイル』2012年65号、ベースボール・マガジン社、P23-P24
  2. ^ 南海ホークス『南海ホークス四十年史』294ページ
  3. ^ 【ありがとう八十年(53)】広岡達朗、捕球&送球の基本練習
  4. ^ [完全保存版] 草創期から支え続けた147人の監督列伝 日本プロ野球昭和の名将、ベースボール・マガジン社、2012年、P46
  5. ^ なんばパークスの「南海ホークスメモリアルギャラリー」での展示では、1970年の出来事としてブレイザーのヘッドコーチ就任と、主に作戦面での采配を行ったことについての記述がある。これは、同時に監督に就任した野村克也についての記載や展示が野村沙知代から一切認められなかったための措置だった。
  6. ^ a b 野村克也著、弱者の兵法―野村流必勝の人材育成論・組織論、アスペクト文庫、2011年、P144-P145
  7. ^ 江本孟紀著、野球バカは死なず、文藝春秋、2018年、P134
  8. ^ a b c d 野球バカは死なず、P187-P189
  9. ^ 『頑固力』(角川SSC新書、2008年)P89
  10. ^ ただし、岡田の著書「頑固力」では後年、ブレイザーの知人を介して「(岡田を)憎くて使わなかったのではなく、期待されて入団してきたルーキーだから、余分な力みを生まない楽なところから使ってやりたかった。だから時期がずれた」というコメントを伝えられ、「今となればこの(ブレイザーの)メッセージはある程度、理解できるようになった。ブレイザーもかなり悩んだのだろうし、考えたのだろう。自分も監督になり、そのことはよくわかった」とも記している。
  11. ^ 江本孟紀「『ベンチがアホやから』事件の真相と引退を決めたもう一つの理由」エモヤンのわが野球人生(4),AERA
  12. ^ この件についてはブレイザーも了承していた。
  13. ^ 駐米スカウト契約のお知らせ - 2010年5月22日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]