大久保学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大久保 学
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県静岡市
生年月日 (1964-07-03) 1964年7月3日(52歳)
身長
体重
182 cm
81 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1982年 ドラフト2位
初出場 1983年6月25日
最終出場 1986年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

大久保 学(おおくぼ まなぶ、1964年7月3日 - )は、静岡県静岡市[1]出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。

来歴・人物[編集]

静岡高3年時にエースで4番として第64回夏の甲子園に出場[1]。剛球剛打が注目され優勝候補と目されるが、1回戦で畠山準を擁する池田高に敗れる[1](池田高は同大会で優勝)。1982年ドラフト2位(1位が畠山)で南海に入団[1]。1年目に、同年未勝利だった畠山に先んじて2勝を挙げたが、勝ち星が付いたのは同年のみ。1988年の現役引退後はスコアラーに転身し1995年退団[1]。退団後は夫人の実家がある広島県で暮らしていたが、2014年春より増井達哉(増井浩俊の弟。静岡大成高に移る)の後任として静岡高の投手コーチに就任[2]。2016年4月よりオイスカ高校野球部監督に就任する[3]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1983 南海 17 2 0 0 0 2 1 0 -- .667 152 34.0 41 3 14 0 1 15 0 1 20 18 4.76 1.62
1985 12 0 0 0 0 0 0 1 -- ---- 94 18.1 27 5 12 1 2 5 1 0 18 17 8.35 2.13
1986 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 10 0.2 8 0 0 0 0 0 0 0 7 7 94.5 12.00
通算:3年 30 2 0 0 0 2 1 1 -- .667 256 53.0 76 8 26 1 3 20 1 1 45 42 7.13 1.92

記録[編集]

  • 初登板 1983年6月25日日本ハム戦(後楽園)5-10 7回より3番手として登板、2回2失点。
  • 初勝利 1983年7月10日近鉄戦(大分)12-11 4回1死より2番手として登板、2回2/3を2失点。

背番号[編集]

  • 31 (1983年 - 1988年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、99ページ
  2. ^ 高校野球名門校シリーズ8「静岡高校野球部」(2015年、ベースボール・マガジン社)、41ページ
  3. ^ 元南海投手・大久保学氏、静岡オイスカ高監督に就任”. スポーツ報知. 2016年3月8日閲覧。