阪田隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
阪田 隆
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県和歌山市
生年月日 (1950-07-09) 1950年7月9日(68歳)
身長
体重
177 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 外野手
プロ入り 1970年 ドラフト5位
初出場 1972年
最終出場 1979年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 南海ホークス (1980 - 1982, 1984 - 1985)

阪田 隆(さかた たかし、1950年7月9日 - )は、和歌山県出身の元プロ野球選手外野手

経歴[編集]

市立和歌山商業高校では1967年、2年生時に、1年上のエース野上俊夫を擁し、控え内野手として春夏連続で甲子園に出場。春の選抜は準々決勝で甲府商に敗退[1]夏の選手権は準決勝に進むが広陵高に敗れる[2]

高校卒業後は三菱重工神戸に入社し外野手に転向。1970年都市対抗では、中心打者として活躍、橘谷健の好投もあって決勝に進む。しかし大昭和製紙との決勝は引き分け再試合の末に敗退し、準優勝にとどまる[3]

その年のドラフト南海ホークスから5位指名を受け入団。1972年に一軍に上がるが、強肩俊足を活かした代走や終盤の守備固めとしての出場が多かった。1978年には、シーズン後半に外野手として14試合に先発出場。しかし1979年には出番が減り、同年限りで引退した。

引退後は、コーチに転任。二軍外野守備コーチ(1980年 - 1981年)、二軍外野守備兼走塁コーチ(1982年)、一軍外野守備・走塁コーチ(1984年)、一軍守備・走塁コーチ(1985年)を歴任した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1972 南海 27 10 10 6 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1973 79 25 22 7 5 0 1 0 7 4 0 1 0 0 3 0 0 3 2 .227 .320 .318 .638
1974 76 11 9 15 0 0 0 0 0 0 6 1 1 0 1 0 0 0 0 .000 .100 .000 .100
1975 56 29 24 20 8 3 1 0 13 4 14 3 1 0 4 0 0 6 0 .333 .429 .542 .970
1976 71 20 19 11 6 2 0 0 8 4 8 2 0 1 0 0 0 4 1 .316 .300 .421 .721
1977 88 47 38 13 8 0 1 0 10 1 4 3 3 1 5 0 0 7 1 .211 .295 .263 .559
1978 46 71 64 7 13 1 0 0 14 6 0 0 2 1 2 0 1 9 1 .203 .235 .219 .454
1979 19 3 3 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
通算:8年 462 216 189 79 40 6 3 0 52 20 34 10 7 3 15 0 1 30 5 .212 .269 .275 .544

背番号[編集]

  • 31 (1971年 - 1979年)
  • 75 (1980年)
  • 84 (1981年 - 1985年)

脚注[編集]

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  3. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

関連項目[編集]